Chianti Classico 2021 Casa Emma

トスカーナ州の赤 > Chianti

更新履歴 2024/05/01
販売価格

3,680円(税込)

在庫数 残り僅か 13本です
購入数

キャンティ・クラッシコ 2021 カーザ・エンマ
《イタリア/トスカーナ/赤/サンジョヴェーゼ90%、マルヴァジアネラ5%、カナイオーロ5%/フルボディ》

キャンティ・クラッシコ地域の中でもバルベリーノ・ヴァルデルサに位置するカーザ・エンマ。元々はエンマ・ビッツアーリ卿が所有する土地でしたが、現当主であるブカロッシ家が1972年に購入。1978年より生産を始めました。現在21haのブドウ畑と、2,3haのオリーブ畑を所有しています。ブドウ園は標高420m付近、日照の長い南西斜面に丘陵に位置し、総面積のうち18haはサンジョヴェーゼを。山頂部にメルロ(ソロイオ用)が栽培されています。他の畑にはカナイオーロやマルヴァジアネラを栽培しています。

近年はクリュ付きのCCRや、CCGSもリリースしていますが、今回はスタンダードなCCを。ステンレスタンクでのアルコール発酵と、トノー樽で12ヶ月の熟成後瓶詰めされます。

独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味

カーザ・エンマを扱うのも超久々ですね。スタンダードなCCは実は初めてかもしれませんが、これ、試飲会で試飲してとても気に入ったんですよね。で、サンプルを購入して毒味です。ラベルには、きっとカンティーナが描かれているであろうエチケッタ。スタンダードなCCとしてシンプルでいい。コルクはディアムではありませんが、そんな感じの4,5cm。グラスはシュピゲラウ、ディフィニッションのユニバーサル型。表記のアルコール度数は14度となります。

紫が少しエッジや注ぐ途中の泡に見えますね。果実香はチェリーや、アセロラのような赤い果実もありますが、ベリー系の果実も感じます。香りは閉じ感はなくよく開いており、少し懐かしいアセロラガムのような甘い香りがヒントになっていますね。ふんわりとかかった樽の風味も果実香をまろやかに感じさせます。口に含みますと、輪郭に少しのスパイスもありなめらか過ぎないテクスチャー。その内側には、密度感ある果実味が重すぎずあります。果実味は汚れなく健全で、バランスもいいですね。抜栓後すぐの一杯目ですが、すでにおいしい状態。旨味があり、心地よいテンポのタンニン。酸味はじゅんわりしてて、これは時間経過でつゆだく決定な状況。旨いですね。14度もちぐはぐではないし、なかなかゴクゴク飲めてしまいます。複雑味はあるのですが引っかからないスムーズさがあるんですね。時間経過とともに、スパイシーさや、若干の若さ(≒テンポ、リズム的な荒さ)は、アクセントになり複雑さと捉えることもできます(なんてご都合主義なの)。甘味もあるのですが過剰じゃない。ワイン単体でも飲めてしまいますが、トマト煮込みというよりも赤ワイン煮込みがいいかもしれませんね。トリッパやランプレドットでいいんですよ。頬肉や筋肉でもいいかもしれません。

二日目もグラスはシュピゲラウ、ディフィニッションのユニバーサル型。うーん、このベリー系の香りが濃密かつ、こなれてるなあと思ったら、そうだ、カーザ・エンマってまだカルロ・フェリーニなんじゃなかったかな。そんな感じのいい意味で懐かしい、わかりやすく濃さ(語弊あり)を感じる香りでもあります。ただ、特徴的なのはやっぱりアセロラガムのような風味がちょこっとあるんですよね。そしてそれは、プラムの風味を誘発する。飲み口はなめらか‥艶やかになめらか‥試飲会って、何度も注ぐので、良くも悪くもエアレーションが進むわけですが、こういう感じでしたね。十分エアレーションもできててまとまり、開いている状態。とてもおいしいです。黒い皮のチェリー、渋みはしっとりとしてて、乾きは香りにある。ジューシーでつゆだく。旨味も適度で満足感のあるバランスです。

三日目もグラスはシュピゲラウ、ディフィニッションのユニバーサル型。二日目よりの濃密な香りの開き。確かにカルロ・フェリーニ的だと思い出したら、そういう印象になりますが、クロニョーロのようなIGT的ではない。あくまでもCCですね。三日目らしい旨味がありよりつゆだくでジューシー。果実味がたっぷりですね。スタンダードなCCの明る酒質というよりも、もう少し果実の香味は暗め、樽の風味も効きすぎない程度に効いてて飲み応えもあり。CC以上、CCR未満?価格は、そうか、このお値段だとレンテンのCCと同じなんですよね。造り手が変われば、スタイルも変わるもんだ‥。2021年、トスカーナは当たり年と言われております。だからこそこの味わいなのかもしれませんが、2021年のカーザ・エンマのCC、キャンクラ好き、サンジョヴェゼスタなお客様はぜひお試しを。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定
はじめてのお客様は 新規会員登録をお薦めいたします。会員登録いただきますとログインが可能となり、会員限定商品の購入が可能となります。

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る