Chianti Classico Riserva Le Baroncole 2020 San Giusto a Rentennano

トスカーナ州の赤 > San Giusto a Rentennano

チョメチョメ先行案内対象ワイン(SGR)

更新履歴 2023/10/03
販売価格

5,680円(税込)

在庫数 残り僅か 7本です
購入数

キャンティ・クラッシコ・リゼルヴァ・レ・バロンコーレ 2020 サン・ジュスト・ア・レンテンナーノ
《イタリア/トスカーナ/赤/サンジョヴェーゼ97%、カナイオーロ3%/フルボディ》

CCRであるレ・バロンコーレに使用されるブドウはおおまかに三種の土壌区域に分けることができます。すべて石灰質土壌となりますが、その構成は異なります。ひとつめは、アジェンダから北(モンティ)方向への一番遠い区画で粘土質を主体とした土壌。ふたつめは地中の2メートルから5メートル砂と丸石を主体としたで、5メートルよりも深い地中は完全な白い粘土層の土壌。みっつめは、いわゆるキャンティ・クラッシコ地区らしいアルベレーゼ(石灰を多く含有する片岩)、ガレストロ(海底に沈殿したシルトが長期間高圧縮下に置かれ形成される年度片岩)土壌で、となります。

2020年は春から夏にかけての天候は良好で、降雨量も平年並みとなりました。8月前半は暑い日が続きましたがブドウの生育に悪い影響はありませんでした。9月中旬に二度の熱波があり、一部の畑では収穫が早まりました。その後、散発的ながら豊富な甘えが降り、気温の低下をもたらしました。

2020年は9月25日から10月6日にかけて収穫されました。収穫されたブドウは15日間のアルコール発酵とマセラシオンのあと、5,000リットルの大樽と、新樽比率20%の225リットルのフランス産のバリックで20ヶ月の樽熟成後2023年の1月12日に瓶詰め。この2020年はフルボトル17,148本。2019年よりも若干増えましたね。ちなみにアルコール度数は15度。

独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味

お馴染み過ぎるラベルデザイン。コルクは5cmと、スタンダードなCCよりも0,5cm長いのは当然として、弾力もありいいコルクですね。グラスはいつもはヴィノムのモンタルチーノあたりで飲んでましたが、今回はスタンダードなCCと被りますので、同じくシュピゲラウ・ディフィニッションのユニバーサル型です。ちなみに、このCCR・レ・バロンコーレの初日は、スタンダードなCCの二日目直後となります。色味はさすがにスタンダードなCCよりも深く暗い。やはり樽香にヴァニラの風味も加わり、より樽香を感じますが、果実香も負けていません。CC二日目直後なのでなおさらですが、レンテンナーノはスミレの香りがほんといいですね。サンジョヴェーゼ、そしてキャンティ・クラッシコとしては当然なのかもしれませんが、スミレの風味がとてもいい。もちろん、果実香りもありますよ。口に含みますと、おおお、いきなりスベスベの輪郭、ひとまわり、いやふたまわり大きさを感じるんだけれども、実は密度感は同等。そういう意味では、大きいし、度数も15度(表記)と、こちらの方が‥なんですが、案外、飲みやすさではCCに勝るとも劣らないバランスを持っています。本当は比べちゃいかんのだろうな。ただ、全体的な大きさは確実にこちらの方が大きい。でも‥あ、ひょっとするとまだ全開ではない?かもしれません。閉じ感は皆無ですが、初日一杯目はまだ‥察知しましたので、ゆっくりと飲みましょう。

スタンダードなCCの二日目あたりの渋味の出かたとそっくりなタンニン。雑味はないんだけども、決してシンプル、単調ではないバランスがありとてもおいしい。2020年、もうちょっと派手に濃いのかと思ったらめっちゃバランス良好じゃないですか。ただ、甘味は少し控えめで大きいんだけれどもどこかタイトな部分もある。その引き締まりは確実に酸味の恩恵。15度という高めのアルコールを気にさせないのも酸のおかげかな。結構完成度高いし、いいんじゃない?非常にいいんじゃない?これは‥豚か猪か、個人的には鳩あたりが食べたいんだけれども、がっつりと詰めたソースで肉を食いたいね。

旨味あるね。初日だし一杯目だけれども。余韻もすんごく長い(スタンダードなCCも長いです)。飲み口にヴァニラは控えめですが、少しローストした感じの樽香はじんわりとある。そこに小豆感があるんだけれども、いわゆるビオ系の小豆感ではない。こちらは濃密系のこし餡かなあ。クラスの違いと価格差が真っ当過ぎてさすがレンテンナーノと褒めるしかない。

二日目もシュピゲラウ・ディフィニッションンのユニバーサル型です。三日目のスタンダードなCCを飲んだ後ですが、系譜も感じますね。決してスタンダードなCCがカジュアルという立ち位置ではありませんが、やっぱりCCRともなれば‥な、ヒエラルキーがしっかりと感じられるのはとてもいい造り手です。少しのヴァニラのある樽香、2020年は暑いビンテージですが、過熟感は皆無で、15度というアルコールを感じさせない飲みやすさ。これはもうバランスですね。いい意味でスタンダードなCCよりも継ぎ目がない、シームレスなのが飲みやすさに繋がってます。二日目は旨味もしっかりと出て、余韻が長いですね。感心しちゃう。スーパータスカンみたい‥ではない。それこそペルカルロと比較すれば、これはあくまでも(最高の)CCR。そのらしさは保ってますよ。より、まろやかでしなやか‥果実味に深みを感じてもらえると思います。今期は、CCもこのCCRもよくまとまってますね。初日からおいしいし、いい意味で角が取れてて若いうちからおいしい。

三日目もシュピゲラウ・ディフィニッションンのユニバーサル型です。おお、二日目が大人しかったのかも?と思わせるほど開いてます。純度の高いスミレにヴァニラを伴う樽香。暗く深いチェリー。研ぎ澄まされた輪郭から、鳴き砂のような微粉のタンニン。スタンダードのCCよりもあるいみ輪郭がはっきりした酸味の構成感。うーん、文句なし!


TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定
はじめてのお客様は 新規会員登録をお薦めいたします。会員登録いただきますとログインが可能となり、会員限定商品の購入が可能となります。

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る