Barbera d'Asti 2022 Olek Bondonio(1,000ml)

ピエモンテ州の赤 > Barbera

要チェック!Sale!Saldi!開催中!

オレク・ボンドニオ

更新履歴 2024/06/20
販売価格

3,180円(税込)

在庫数 残り僅か 14本です
購入数

希望小売価格 5,390円税込→ 通常特価 4,380円→ 特別価格 3,180円

バルベーラ・ダスティ 2022 オレク・ボンドニオ(1,000ml)
《イタリア/ピエモンテ/赤/バルベーラ/ミディアム/1,000ml》

2005年から自社瓶詰を始めたというオレク・ボンドニオ。彼のお爺さんは、プロドットーリ・デル・バルバレスコの設立に尽力した方だそうで、そもそもは200年以上も続くブドウ栽培農家だったという歴史を持ちます。そんなお爺さんを尊敬していたオレクですが、プロのスノーボーダーとして活躍。競技人生を終え一念発起して醸造学校を卒業しボルドーや、オーストラリア、ニュージーランドでワイン醸造を学んで後、お爺さんの畑を相続しました(お父さんは‥)。

醸造所はバルバレスコ村の南、トレステッラの西、ロンカリエッテにあり、所有するバルバレスコの畑は、ロンカリエッテとスタルデリ。ロンカリエッテの畑を名乗るバルバレスコを造っているのはオレクただひとりですが、同じロンカリエッテの畑を持ち、その畑のブドウで造られるバルバレスコがガヤのバルバレスコ・ソリティルディン。オレクにとって、ロンカリエッテの畑がガヤの隣であったのは幸運で、ガヤは早くから無農薬を取り入れており、オレクの畑はガヤの畑に守られるように位置しているそうです。2005年からビオデナミを導入し、現在では極少量の天然硫黄と、グレープフルーツオイルなどの自然由来のものだけで畑を管理。銅すら使用していないとのこと。

「全てのワインは野生酵母のみで果皮と一緒に発酵させ、果皮をできる限り動かさず酵母が糖分を全て食べ尽くすのを待つ。1次醗酵が終わったらフリーランジュースだけを取り出し、セラーの温度が上がり、自然にマロラクティックが起こるのを待つ。ドルチェットとペラベルガは一度移し替えてイノックスタンクで5月まで熟成。バルベーラとネッビオーロは大樽で20ヶ月以上熟成し落ち着いたらボトリング。バルバレスコはできるだけ長く熟成させたい。清澄、フィルターはしない。ラッキングとボトリングは重力で行う。ポンプでストレスをかけない。」とのこと。

ロンカリエッテは西向きでタナロ川を見下ろしています。粘土石灰土壌ですが、下部により粘土が多く、上部は砂質が多くなります。オレクは上部から中腹部を所有しており、砂質の多い土壌から生まれるワインは非常に繊細でピュア。西向きの斜面で日照量が少なめなので、暑さの影響も少ないと言えます。その繊細さを保つための醸造が「カペッロ・スメルソ」。他国では「サマージュ・キャップ」と呼ばれる手法でボルドーの「シャトー・ル・ピュイ」も採用しています。発酵中に果皮をピシャージュしたり、ルモンタージュすると果皮からの強く粗いタンニンや色素まで抽出してしまいがちですが、それを嫌うオレクは果皮をネットでモストの中に沈めることで、果皮を過度に刺激せずにやさしい抽出をもたらし繊細さを保っているそうです。果皮から良質なタンニンや、色素のみが抽出され、60日間という超ロングマセラシオンでも雑味がなく、口の中のタンニンは細く心地よい。若いネッビオーロの荒々しさは感じず、ミネラルと酸により輪郭のあるワインに仕上がり、口溶けよく甘味も広がるそうです。

オレク・ボンドニオがアスティ地区に所有する平均樹齢30年以上の古樹のバルベーラと、アスティ地区で栽培される友人の畑からのブドウで醸されます。9月中旬に手詰みでの収穫後、ステンレスタンクで低温から発酵させ、フレッシュなブドウの香りを引き出します。その後、澱引きをしまずが良質な澱のみを残してシュルリーの状態で大樽で12ヶ月の熟成後瓶詰め。

飲んでみました。容量は1リットルの透明のガラス瓶にスクリューキャップです。それだけでもカジュアルですね。確かにアスティ地区らしいバルベーラ、フレッシュ&フルーティーですが、果実の香味が非常にクリアです。軽やかですが、軽いわけではありません。しっかりと大樽で12ヶ月も熟成させてますから、中味はテーブルワインというわけではありません。

タンニンはもちろんですが、良質な酸味があり、これからの時期冷やしてもおいしい。そう、ブライダのラ・モネッラや、カルドリーナのバルベーラ・フリツァンテのように、果実の香味元気イッパイのバルベーラは冷やしてもおいしい。もちろん、冷やさなくてもおいしいですよ。

料理用ワインにするには、それなりのお値段ですが、あたしは「世界の料理ショー」で育ちましたので、こういうのを飲みながら、料理にも使いながら、そしてこれで料理も食べる‥そんな感じですね。にしの家のように、全員ザルの場合は、テーブルの真ん中にドンと置いておいて、手酌でどうぞ‥もなんだかサイゼリヤか、イタリアの食堂ちっくでなかなか良い。

いや、そんなシチュエーションが身の上ではなく、ほんとに美味しいんです。アスティ地区のバルベーラの良さがとてもピュアに表現されています。身なりはカジュアルですが、これはガチのイタリアの赤ワイン。enjoy!

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定
はじめてのお客様は 新規会員登録をお薦めいたします。会員登録いただきますとログインが可能となり、会員限定商品の購入が可能となります。

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る