Barolo Villero 2016 Giacomo Fenocchio

ピエモンテ州の赤 > Barolo

更新履歴 2023/05/01
販売価格

7,980円(税込)

在庫数 SOLD OUT

バローロ・ヴィレッロ 2016 ジャコモ・フェノッキオ
《イタリア/ピエモンテ/赤/ネッビオーロ/フルボディ》

モンフォルテ・ダルバはブッシアに本拠地を置くジャコモ・フェノッキオ。創業は1864年では世代に渡りワイン造りを続けている歴史ある造り手です。現当主はクラウディオ・フェノッキオ。時間をかけた発酵と大樽での熟成という伝統的な手法を守り続けています。所有する畑は合計14haと規模は大きくはありませんが、カンヌビや、ヴィレッロという超銘畑も所有しクリュ・バローロをリリースしていますが、ジャコモ・フェノッキオのご自慢は、ブッシア畑、ブッシアからはバローロ・リゼルヴァもリリースしています。

海抜300m付近、南から西向きの1haの畑。マグネシウム豊富なトルトニアーノ(青色泥炭土)と鉄分の多いエレヴヴィッツィアーノ(赤茶色泥炭土)の混醸土壌。栽培されるネッビオーロのクローンは、ミケ、ランピア、ロゼの三種類で平均樹齢は65年と高樹齢のものでジョゼッペ・マスカレッロとヴィエッティの間にある南西向きの区画。収穫されたブドウは、ステンレスタンクで40日間の長期マセラシオンとアルコール発酵。最初の6ヶ月はステンレスタンクで熟成され、後に35hlから50hlのスラヴォニア産の大樽で30ヶ月の熟成。瓶詰め後は12ヶ月の熟成後にリリースされます。平均年産は5,000本ほど。

【余談】畑がヴィエッティとバルトロ・マスカレッロの間‥ってホンマかいなと思われるかもしれません。ヴィレッロ畑の区分けが記載されているMGAのリンクを貼っておきますね。 https://www.barolomga360.it/en/mga/villero/

画像は4つありますが、左から二つ目と三つ目は同じ南から北を向いてます。三つ目の画像に畑の区割りがあります。右側のエメラルドグリーンで塗られているのがジャコモ・フェノッキオ、その東隣にはヴィエッティがありますね。丘の頂点のさらに北側にまで続いているようです。ジャコモ・フェノッキオの西側は一番南の標高の低いところにジュゼッペ・マスカレッロ、その上にレナート・モリーノ、その上にF・モリーノの畑になります。西の端にはオッデーロの区画がありますね。トップページに戻って調べたい畑名を入れるとこのような地図が出ますので、なんだかもう行った気分になりますね(行けよ)。

独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味

ALBEISAの共通瓶。ラベルもシンプルかつシックで硬派な感じがいいですね。コルクはまあまあの質の5cm、グラスはザルトのボルドー型(ブルゴーニュ使い)。ちなみに表記のアルコール度数は14,5度。ネッビオーロらしいオレンジが射す赤、決っして濃い色ではありませんが、エッジの明るさから中心部に暗さ。香りが開いてますね。バラよりもスミレの方が前、濃さではない、まろやかさを感じる果実香は、すでにまとまっており馴染んでいます。口に含みますと、あっさりとした甘味を伴うタンニンがありますね。おだやかに旨味がありとてもおいしい。樽の風味はギシギシとした木質な気質さは皆無だし、ヴァニラ系の甘さでもない。これは、樹齢の高さだな。非常にブドウの質の高さをヒシヒシと感じます。長期のマセラシオンもあるがステンレスタンクの潔癖さもいい。開放型のタンクのような酸化熟成が進んだ感じもなくとにかく果実の香味がピュアで健全、不潔さがないのがいい。

超優良年のバローロ、しかもヴィレッロのクリュともなれば、何年熟成させなあかんねん‥という話になりがちですが、これは今すでにおいしい。それは熟成ポテンシャルがない、低いのとは違う。そう、かのマルコ・パルッソの言葉を思い出しますね。若い内においしく感じないワインが熟成しておいしくなることはないと。輪郭にぷるんとした無理のない厚みがある。口の中を満たす液体にも無理はないが、久々にその球体の中心部に核(コア)を感じるワイン。そこから、張り巡らされるタンニンと酸味に、果実味の肉付きが継ぎ目ない。果実味が深いな。そこに旨味も乗っかる密度感がとてもいいし、無理がない。ワイン単体で唸るようなおいしさがある。ズーチーだけでも十分楽しめるが、仔牛をゴルゴンゾーラソースとか食べたい。たまご麺、バターがリッチなパスタもいいかもしれない。このワインは決して強さを前に出さないんだけれども、お料理がそれなりに強い、または曲者でもぜんぜん勝負できる。

渋味にお茶が出てきました。ただ、青さはない。緑茶というよりも烏龍茶。いやあこの甘渋さがとてもいいわ。口当たりもとてもなめらかだし、今飲んで十分おいしい。少しダージリンの風味があるんだな。そう、茶葉の渋味のひとつだけれども、そのダージリンにほんのり甘味があって、余韻がダージリンな感じ。渋味と香りの関係からすると、紅茶(お茶全般)は勉強(経験ね)したいんだけどな。そうすれば、もっとタンニンも理解できそう。グラスの中の液体が少なくなると、よりオレンジが射すネッビオーオらしい色調が確認できます。

二杯目。さらさらぁああああっとした渋味が皆んなを引き連れていく様。穏やかに、低空飛行で。つるつるの下地に表面張力を伝って広がるような渋味、旨味、果実味がある。飲み込んでからゆっくりとそのつるつるのはずの下地に浸透する果実味に甘味があり、非常に余韻が長い。

二日目もグラスはザルトのボルドー型(ブルゴーニュ使い)。大人しいという意味ではなくとてもエレガントで繊細なネッビオーロの香り。樽の存在も確認はできますが、あくまでもピュアな果実の香味が主体。非常に健全な香りがするんですよね。汚れがない。飲み口も清らかな果実味がありネッビオーロの上品さがひしひしと伝わります。穏やか旨味があり、浸透するように馴染む。ああ、おいしい。タンニンもきめ細やかで非常に質が高いですね。これは間違いなくおいしいし、素晴らしいネッビオーロ。ただ、あまりに好バランスがゆえに、この良さに(試飲では)気付いてなかったんだろうなあと後悔。でも、この2016年、飲んでよかった。

三日目もグラスはザルトのボルドー型(ブルゴーニュ使い)。さらにまろやかにまとまってますね。一段深みも出ました。少しほろ苦い風味、コーヒーっぽいと言えばそうなんだけど、樽由来っぽい感じではないタンニンに近い部分の香りもとてもいい。旨味は甘味を呼び、甘味が旨味を呼ぶ。じゅんわりとしっとりとしててとても美味しい。なんか久々においしいネッビオーロ、バローロを飲んだ感じだなあ。さすがに樹齢の高い古樹からのブドウであることをほんと実感しましたよ。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る