Rose Scuro 2020 Valdellecorti

イタリアのロゼワイン

更新履歴 2022/02/19
販売価格

2,280円(税込)

在庫数 残り僅か 5本です
購入数

ロゼ・スクーロ 2020 ヴァルデッレコルティ
《イタリア/トスカーナ/ロゼ/サンジョヴェーゼ主体/辛口》

キャンティ・クラッシコ地区の中でも個人的に大好きなのがラッダ・イン・キャンティ地区。パンツァーノとガイオーレに挟まれた標高の高い地域で、その標高差も200mから800mと激しく比較的涼しい地域でもあります。その標高の高さと差からエレガントな酸を持つ極上のサンジョヴェーゼが生まれるわけです。特にソットゾーンで選ぶことはありませんが、蓋を開けてみれば‥西野嘉高が選ぶキャンティ・クラッシコはラッダから生まれるものが少なくありません。

このヴァルデッレコルティは以前から注目していた生産者で、2008年ビンテージから日本市場でも紹介できるようになりとても嬉しく思います。1974年創業のヴァルデッレコルティのブドウ畑はたったの4ha。畑もミニマムですが、小さな醸造所と宿泊施設を併設しています。注目されるようになったのは、二代目の現当主‥ロベルト・ビアンキ氏の手腕によるもの。

温度管理されていないタンクの発酵温度を下げるには、夜になれば夜空の下にタンクを移動させる‥搾汁、醸しは足でブドウを踏んでみたり‥原始的かつシンプルな醸造を積み重ねています…と書きたいところだが、醸造方法はほったらかし、ではありません。サンジョヴェーゼの香味をよりストレートの抽出するための策はセニエやマセラシオン・カルボニカなど基本的なテクニックはしっかりと採用しています。

標高の高さだけが利点ではありませんが、地球温暖化などの影響もあり、過熟傾向。標高の高さは冷涼な酸やミネラルをもたらし、よりエレガントなワインとなります。ラッダの注目すべき造り手‥ヴァルデッレコルティ‥やはり好きな造り手のひとつです。

海抜約450m付近、東向きの泥炭土と石灰、平均樹齢15年の石の多い土壌で栽培されたサンジョヴェーゼ(ほぼ)100%。収穫後のブドウは、7日間のスキンコンタクトの後、キャンティ・クラッシコに使用する分を取り出します。セニエとも言えますが、一般的なセニエはロゼに使用する部分を取り出すんだったような気がします。開放型のステンレスタンクでアルコール発酵と、約6ヶ月の熟成。ちなみに表記のアルコール度数は12,5度。

独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味

2019年まではVdT(ヴィノ・ダ・ターボラ)規格で、ビンテージ表記なし、ロット番号の隠語で年号を読み取るパターンでしたが、この2020年からは、トスカーナ・ロザートIGTとなっており、バックラベルに年号も表記されるようになりました。他のラベルの感じは同じですが、スクリューキャップに改められていますね。冷蔵庫キンキン温度、グラスはシュピゲラウのユニバーサル型、表記のアルコール度数は12,5度、温度は7,5度となっています。グラスに注ぐと、2019年同様にかなり色は深めで、ロゼ以上の色合いですが、この2020年は、紫っぽさがあり、いわゆるファンタグレープっぽい色合いが特徴。ひょっとするとセパージュ比率(不明)に秘密があるのかもしれません。タンニンを感じさながらも、フルーツ感を忘れないイチゴやフランボワーズ、チェリーなどのの香り、スミレだけではなくローズのような華やかさもあり、軽く鉱物感のあるミネラル香もある。まだ温度は低めですが十分に複雑さがあり、甘い香りはあるけれども控えめ。やっぱりレンテンナーノのフオーリ・ミスラ(ロゼ)と共通部分がありますね。まるで、赤ワインで、ライトボディの赤ワインよりも複雑さのあるロゼで間違いありません。

口に含みますと、しっとりとした、そして乾いたタンニンが共存し、果実味も十分。少し新鮮さもまだある酸味はあくまでも、果実味とともにあり、ジューシーさがありますね。果実味のベリー感は確かに2019年よりも豊富、サンジョヴェーゼの比率が下がったか、ビンテージか、抽出の具合か‥はわかりませんが、とてもおいしい。このタンニンも十分に感じさせるロゼもいいですね。非常に食中酒向きですが、いわゆる、やや甘口のロゼというイメージからはまったく違うもの。

十分な密度と、ボディもありますね。赤とすればライトの範囲内かもしれませんが、軽めのミディアムな赤‥でも通用しそうな勢い。まあ、イマドキは、「濃く造れる」ので、ライトボディの赤自体こそ珍しいかもしれませんが。温度は低めですが、香味ともに閉じ感や、萎縮は感じられません。2019年ほどハーブの風味は強くなく、しっかりとベリー系の果実の香味もある‥そんな2020年ですね。

二日目もグラスはシュピゲラウのユニバーサル型。色はやっぱり今年は紫が入りますね。そう感じると、チェリーや赤いベリーよりも、青いベリーや、それこそブドウちっくな香りが意識されるようになります。パーンとアカラサマな開きではありませんが、低い温度でも閉じ感はありません。あ、6,8度です。飲み口は初日よりもまとまりと、旨味がグンと出てきましたね。果実味にもブドウ感がありますが、決して安っぽいブドウ味ではりません。甘味ほどよく、キレイに筋の通った渋味が最後まであり、余韻も結構長いんだなこれが。とても美味しいし、とてもいいロゼだなあと感心します。決して味吟醸な、味の方が強いというバランスではありませんが、確実に飲み口のj方が旨味があり、果実の複雑さを感じますね。

三日目もグラスはシュピゲラウのユニバーサル型。冷蔵庫には入れてません。9,6度です。特に色合いも変わりませんね。果実香はブドウ感が増してフルーティーで親しみやすい。変わらず甘すぎる香りはありませんよ。旨味も増し、酸味とのバランスもとてもいい。しっかりとした果実味があり、その渋味もあって軽々しいロゼではないですね。レンテンナーノのフオーリ・ミスラよりも少し甘味があり、フルーティー。でも、渋味や、複雑さは同レベル、そんな感じですね。フルーツトマトと、おいしいオリーブオイル。フレッシュなトマトを使ったシンプルなトマトソースのパスタで、このロゼの複雑さを勝たせるのもいい。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る