Etna Bianco 2016 Graci

イタリアの白ワイン

更新履歴 2018/05/10
販売価格

2,680円(税込)

購入数

エトナ・ビアンコ 2016 グラーチ
《イタリア/シチリア/白/カリカンテ70%、カタラット30%/辛口》


元々、実家はシチリアでブドウ栽培農家だったがそれを継がずにミラノの投資銀行で働いていたというアルベルト・グラーチ氏。しかし、エトナを訪れてワイン造りを夢見るようになったのだとか。2004年、祖父の他界を機に実家に戻ったアルベルトはシチリアでは一般的な(語弊あり)質よりも量を重視していた祖父の荘園を売り、エトナに畑を購入します。

エトナは特別な土地。火山性土壌で、豊富な日照がありながらその標高の高さから冷涼。そして、100年を越える樹齢の高いブドウが現存していること。

アルベルト・グラーチの好むワインはバルトロ・マスカレッロや、ジャコモ・コンテルノのバローロだとか。規律の中に厳格さがあり、妖婉さや純粋さがあって野蛮ではない。そんなワインを造りたい。彼が購入した醸造所は100年以上の歴史を持つ建物で、古い大樽や、木製のプレス機もまだ残っています。発酵槽は大き過ぎて使えないので小型のセメントタンクを導入しています。

ステンレスタンクは発酵時に温度が一気に上がるので、温度がゆっくりと上がるセメントタンクの方が酵母の能力を最大限に引き出せるという考え方。

畑は、エトナの北斜面、最も注目されているエリアのひとつである「パッソピッシャーロ地区」にある。2004年に購入した畑は標高660mの「アルクリア」と標高1200mを越えるフランク・コーネリッセンの隣の畑でもある「バルバベッキ」の2つ。以前の畑の所有者がケチだったお陰で一切農薬が使われていなかったとか。剪定は効率的ではなかったが、土壌は痛んでおらずとても良い畑のようです。

アルクリアは25haの敷地の内、ブドウ畑は15haでネレッロ・マスカレーゼが90%、ネレッロ・カプッチョとカタラット、カリカンテが他に植えられている。1200mを越えるバルバベッキに至ってはフィロキセラも到達していない区画で、そのほとんどの樹が自根。あまりにも標高が高いので他にはオリーブとリンゴしか育たないとか。湿気や病原体は少なく、ブドウにまつわる病気はほとんどない。それは農薬を使用する必要もなく、ボルドー液さえ使わずに栽培することが可能ということ。ただ、極度の乾燥による自然発生する山火事が問題になる。

グラーチのエトナ・ビアンコは標高600m付近のアルクリアにあるカリカンテ(1.5ha)とカタラット(1ha)が混醸されます。


独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味


エトナロッソと同じ意匠。赤は赤色、白は黄色。下部の黒帯に、白抜きのGRACI、シェパードも健在、コルクはなかなかの質の4,5cm、冷蔵庫キンキン温度、グラスはオヴァチュア、表記のアルコール度数は、テッレ・ネッレのエトナ・ビアンコ2016年と同じく12.5度。色もテッレ・ネレとそう変わりませんね。黄色味にオレンジが微かに射すように見えますが。白い花と、白いハーブの装い、テッレ・ネレよりも少し温度帯の高い柑橘の果汁。つまり、皮の色が白に近い黄色ではなく、オレンジとまでは言わないが、少し柑橘の風味は音域も高い。

口に含みますと、火山性土壌の表現としてはテッレ・ネレに一利あるが、十分なミネラルの溶け様があり、12.5度とは思えないボディ感もある。細胞レベルで溶け込んだ豊富な酸味が構成を成す。

飲み進めると、その酸味界隈にミネラルも一緒に溶け込んでおり、そのミネラルの中に火山性土壌らしさも感じる。テッレ・ネレほど塩味は感じない。テッレ・ネレはメリハリ、グラーチはまとまり‥。しかし、こうやって飲み比べるからこそ、違いや個性を感じるがいずれもエトナらしい白。

ふーむ。そう、一体感があるね。やわらかな果実味、硬質なミネラルが相互に溶け込む。少し、爽快さあるレモン味のラムネ、深い部分に火山性土壌由来の部分もしっかりと感じて頂けると思います。

二日目も冷蔵庫キンキン温度、グラスはオヴァチュアです。ああ、こっちもいいな。はやりグラーチは白い花と、そのスパイスっぽさが混じり、そこにやわらかさがある。果実味は柑橘主体だけれども、その白い花っぽさもあいまって、白い果肉の果実や、柑橘でも少し温度帯は高く、音域は低い果実となる。ピールよりも果肉とも言える。

旨味と柑橘系の酸味が根幹にあり構成感もちゃんとある。うーん、これも旨いなあ。テッレ・ネレほどではないが塩味もあるんだよね。根底はどっちもエトナのワイン。

三日目も冷蔵庫キンキン温度、グラスはオヴァチュア。毒味はテッレ・ネレと同時で順番はこちらが後攻ですが、三日目は先攻で。うん、やはりグラーチのエトナ・ビアンコの特徴は花の香り、ヴェルメンティーノっぽい。島の白らしさなのかな。三日目にして塩気も、ミネラルも顕著になってきましたね。甘味は過ぎずにドライな辛口。

うん、それほど旨味は前じゃないんだが、酸っぱさが旨味を引っ張りだしてくれる感じ。飲み口はそれほど花の香りが前なわけではないが、テッレ・ネレと比較するとより華やかで果実味も前、メリハリというよりも一体感のある酒質もいい。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

follow us in feedly feedlyにRSSを登録する
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る