Barbera Frizzante La Guerriera 2016 La Caudrina

イタリアのスパークリングワイン

更新履歴 2019/07/12
販売価格

1,680円(税込)

購入数

希望小売価格 2,592年税込→ 通常特価 2,180円税込→特別価格 1,680円税込

バルベーラ・フリツァンテ・ラ・グエッリエラ 2016 ラ・カウドリーナ
《イタリア/ピエモンテ/赤/微発泡/辛口》

バルバレスコの北東、ふたつの丘を越えたカスティリオーネ・ティネッラに醸造所を構えるラ・カウドリーナ。醸造所周辺にモスカートを、ニッツァ・モンフェッラートでバルベーラを栽培しています。リリースするワインはモスカートからなるワインが中心。複数のモスカート・ダスティに、ロマーノ・レヴィの絵が描かれたアスティ・スプマンテもこちらの作品、見たことあるはずです。輸入されるのもモスカートからなるワインがほとんどですが、ドルチェット・ダルバをひとつ、バルベーラ・ダスティをふたつ、モンフェッラート・ロッソをひとつと、赤ワインも複数生産しています。で、現時点で唯一輸入されているのが、ピエモンテ・バルベーラDOCとなるこのフリツァンテなんですね。

初ビンテージは1975年となかなか歴史があり、海抜280m付近、南から南東向きの粘土質の1haの土壌で栽培されるバルベーラが使用されます。果皮を浸透させた状態での醸しとアルコール発酵、マロラクティック発酵を6日間と短期間で行うことでガスを残したまま瓶詰めされます。

飲んでみました。

これまでバルベーラのフリツァンテといえば、ブライダのラ・モネッラを長らく扱ってきました。現在2017年。希望小売価格は同じです。2017年も遜色のない出来と思いますが、今年はこのカウドリーナのバルベーラ・フリツァンテをオヌヌメしようかなと思います(条件も出てますしね)。いずれも、果実の甘味はあれどしっかりと辛口であること。思ったよりも溶け込んだガスもあり、フランチャコルタのようにガスが出続けることはありませんが、飲み口には十分ガスを感じ、翌日もなお持続します。

このカウドリーナの特徴は、ブライダよりもアルコール度数が低め。ブライダの2017年が14度とすると、カウドリーナは12,5度なんですよね。その分軽快なんですよね。いい意味でグビグビと飲める。そして、バルベーラらしいスパイス感と、心地よい渋味もカウドリーナのいいところ。ガスと相まっていい刺激になる酸味の質も高いんです。ちょっと重い赤は‥ミディアムでもない‥。できれば、冷えてる方がいいんだけども‥ロゼじゃあ物足りない。そんなことってあるあるだと思うんです。にしの家的には、ソース味とかテリヤキ味とか、食事がちょっとコッテリとした味付けのものに負けない赤‥なんだけれども、フリツァンテのガスと赤だからな渋味、酸味がコッテリを流してくれる‥。しかも冷えてて飲みやすい。使い方はブライダのラ・モネッラと同じですね。

ワイングラスではなくコップに氷をINでもOK。そこにスライスレモンも間違いじゃない。フリツァンテって中途半端なイメージがあるかもしれませんが、だからこそ使い勝手がいい。いい意味でほんとイタリアらしい楽しみ方ができるワインです。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る