Chianti Classico Villa Antinori 1970 Antinori【予備品】

トスカーナ州の赤 > Antinori

更新履歴 2017/12/09
販売価格

8,980円(税込)

在庫数 SOLD OUT

キャンティ・クラッシコ・ヴィッラ・アンティノリ 1970 アンティノリ
《イタリア/トスカーナ/サンジョヴェーゼ主体/ミディアム》


非常に歴史あるトスカーナを語る上で外せない生産者のひとつですね。アンティノリ家の起源まで遡るのはあまりにも‥ですね。大規模の生産者となりますので、トスカーナ内でも、ボルゲリやモンタルチーノにも、ウンブリアでもワイン生産を行っていますが、最も歴史のある銘柄のひとつがこの「ヴィッラ・アンティノリ」なんですね。その初ビンテージは1928年!1999年を最後にキャンティ・クラッシコ(・リゼルヴァ)DOCGを名乗るのを辞め、トスカーナIGTとなりますが、2010年から2013年まで一時的にCCRとして復活するなど、アンティノリのライナップの中でも歴史のあるキャンティ・クラッシコとなります。

このワインはかの「ティニャネッロ」と密接に関係があり、そもそも「ティニャネッロ」は、同じく1970年の「キャンティ・クラッシコ・リゼルヴァ・ヴィッラ・アンティノリ」のクリュ名として登場します。その1970年のCCRのセパージュ比率は、サンジョヴェーゼ75%に、カナイオーロ20%、当時は義務づけられていた白ブドウであるトレッビアーノとマルヴァジアが5%という混醸比率。このリゼルヴァのつかないキャンティ・クラッシコも同様の比率と思われます。1970年のティニャネッロのクリュを名乗るCCRは、バリックでも熟成され、ティニャネッロの起源とも言われています。法規制外、白ブドウを混醸することなく自由な発想で‥VdRとして1971年に「ティニャネッロ」としてリリースされることになるわけですね。

さて‥状態は、まさに「Villa」な庭園、お屋敷が描かれたラベルはお馴染みかと思います。確かに少しの縒れや、擦れなどがないわけではありませんが、ラベルの状態は当時のものとは思えません。確認もできませんので話半分でお願いしたいと思いますが、最近とまでは言いませんが、近年に蔵出古酒として再リリースされたロットか、相当丁寧に保管されていたものかと思います。同意でもありますが、アンティノリのセラーで熟成され、出荷前にラベルが初めて貼られた‥と考えてもおかしくないラベルの状態だと思います。

また、ワイン名でググりますとラベルデザインが違うボトルおHITします。ビンテージ表記部分や書体、色などね。リリース時期やロット違い、出荷先によってラベルが違う可能性がありますからね。

脱線しますが、ピエモンテだとボトル違い(ブル型と、ボルドー型が存在したりとかね)、キャップシール違いなんてのも決して珍しくはありません。すわ偽造ボトルか‥なんて思わないで下さいね。その昔は、ボトルが安定供給ではなかったかもしれないし、キャップシールの素材が色目が途中から変わろうが気にもしてなかっただろうし、アンティノリぐらいの大規模な生産者になるとラベル印刷業者も複数抱えてて、それぞれに発注をしたら(もちろん、それなりの規模のワインを生産してるわけだし)、印刷会社によって、ちょっとラベルデザインや色目が違うこともあるのかも‥と想像しています。

それにしても真新しいと感じるラベルの紙質と印刷です。デザイン自体は保存されていて、それを近年になって今の技術で出力したものではないかと思われます。せっかくなので、注意深くラベルを読みます。

生産者名が泣かせますね。「ファットリア・マルケージ・ドロヴィコ&ピエロ・アンティノリ」とあります。そう、後にオルネライアを興し、失脚するあのロドヴィコの名前が刻まれています。

瓶詰め表記に関しては、サン・カッシャーノ・イン・ヴァル・ディ・ペサのアンティノリの表記がありますね。そう、現在の「テヌータ・ティニャネッロ」のブドウ園、醸造所のある場所と同じです。ちなみに、サン・カッシャーノ・イン・ヴァル・ディ・ペサの境界少し南にバディア・ア・パッシャーノがあります。

ラベルにも記載がありますが、1970年ですから、容量は720mlの表記となりますし、ボトルも当時の720ml規格、緑瓶、合わせ目クッキリなオールドボトルとなります。ただし、これぐらいの古酒になると、もっと瓶が汚れていたりするものですが、とてもキレイな状態。やっぱり、ラベルを貼らずにアンティノリで熟成されたいたものを出荷時にボトルを拭き上げ、新しく印刷したラベルを貼ったのでは?と想像します。

寸足らずなキャップシールもその状態がとてもいい。でも寸足らずだし、マットなボルドー色でこれは当時のものなのでは?と思いますが、シール頭のモールドに少しの擦れはありますが、ホコリがこびりついた感じでもないしなあ。当時のまま‥である
と確信ができるのは、キャンティ・クラッシコ協会のガッロ・ネロのシールとなります。キャップシールと瓶を跨ぐように貼られており、このシールは当時のもののはずで、逆にこれが新しいと怪しいですね。その収穫年に生産されたボトルでキャンティ・クラッシコ協会に本数などを申請して、その本数と同じ枚数の(まあ、少しは余分に貰えると思うけど)シールを購入するはずですからね。DOCGの帯封なども同じですね。このガッロ・ネロのシールが貼ってある部分周辺を見た感じでは、キャップシールも当時のものかな‥と思います。

なお、キャップシールはそんなガッロ・ネロのシールも跨ぎ貼りですのでくるくるとは回しませんが、これが蔵出古酒かも?と思わせるもうひとつの点が、液面が揃って十分な位置をキープしているということですね。瓶詰め後、時間経過によってボトルバリエーションが発生します。もちろん液面もそうですね。でも、これがかなり揃っているのです。キャップシールが寸足らずですので、コルクお尻も見えていますが、染みもなさそうですし、液漏れはないはずです。

では、瓶底の凹みを確認します。古いボトルですからそう凹んでいるわけではありません。澱に関してはボトルバリエーションがありますね。1970年を思うとかなり少ないボトルもありますし、大きな澱が幾つか固まっているボトルもある。ただし、経年を越えるような澱のボトルはありませんが、見事に沈澱し、全体を濁らせたり、モヤらせる澱ではありません。最後になりましたが、色がすんごく発色が艶やかなんです。実際の液体はもう少しオレンジがかり、古酒らしさを感じるはずですが、まだ深さもある素晴らしいルビー色、もちろん透明度もあり。この状態の良さも蔵出古酒ではないか?と思わせるわけですね。

では、リコルクの可能性はどうだろうか?液色も1970年とは思えないほど美しく深さもあるし、液面、液量も揃っている。ただし、足すならもっと高めの液面かもしれませんけどね。ということで、あたしの毒味用のキャップシールを剥がしてみます。コルク頭には"Fattoria Antinori"の刻印。側面にも同様の文字と、イタリア産のロゴ、アンティノリの紋章が刻印されています。コルク頭もしっかりと弾力がありますね。側面を計ってみたところ、まだ抜いてませんが5cm弱もある。720ml規格の1970年のキャンティ・クラッシコとしては長めなんじゃないかな。抜くとさらに長くなるんだったか。コルクのお尻が確認できませんが、側面にはビンテージの刻印はなさそうです。コルクも正直、当時のものかどうかは疑問。ただ、液面を調節するために一度抜栓、液量を足して新しいコルクを‥ふーむ。イタリアでリコルクなんてのはどうだろうか。

キャップシールを再度確認。きっと錫(すず)素材なんでしょうね。金属感があって少し厚みがあり、重たい。ガッロ・ネロのシールが貼られている部分はハゲてますので、やはり当時瓶詰めされたままのコルクで、その上からキャップシール、ガッロネロのシールが貼られており、リコルクではないのでしょうね。

まあ、つべこべ言わずに開けてみましょう(最初からそうしろよ!)。コルクにソムリエナイフのスクリューを‥お、おっと、これは!とてもやわらかい感覚、これは無理、ということでデュランドで開けました。やはりコルクは5cmと当時としては相当な長さですね。染みてないと思ってましたが半分ほどまでは染みてます。もちろん、液漏れはありませんが。最初の一杯(50mlほど)は、コルクカスもあるので捨ててしまいます。二杯目からね。もちろん、オレンジがかってはいますが、色はまだまだ深さがある。熟成した(≒酸化した)香りはありますが、木質な気質に、フルーツもまだちゃんとある。ミネラル、なめらかで、酸味も渋味もしっかりと馴染んでますね。旨味もあるし、まだ若々しさすらある。とても良い状態の古酒ですね。グラスの中で酸化や、金属的な熟成したニュアンスは抜けてゆき、ますますフルーツが前にきます。うーん、旨い。めっちゃ状態いい。

二杯目。ちょっとこれ堪んないやん!いい意味で1970年の古酒らしくない古酒。めっちゃ健全。しっとりとフルーツあり‥。この価格はあまりにも安過ぎます!ちなみに1970年‥


俺の誕生年や!

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

follow us in feedly feedlyにRSSを登録する
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る