Langhe Nebbiolo Surisjvan 2013 Icardi

ピエモンテ州の赤

更新履歴 2017/03/30
販売価格

2,880円(税込)

購入数

ランゲ・ネッビオーロ・スリスイヴァン 2013 イカルディ
《イタリア/ピエモンテ/赤/ネッビオーロ/フルボディ》


ピエモンテ州はランゲとモンフェッラートの境界線の地区、カスティリオーネ・ティネッラに位置します。それまではブドウ栽培農家でしたが1914年に先代のピエリーノ・イカルディがワイン造りを始めました。

ランゲ地方のマンガンや鉄分などを多く含む土壌と、モンフェッラートの石灰質を多く含む土壌、両方の特性を持つブドウ畑を合計75ha所有しています。現在は息子のクラウディオが醸造を担当し、マリア・グラツィアがセラーでの管理を行っています。

バローロやバルバレスコDOCGの他に、この地では当然となるバルベーラやドルチェット、モスカートからなるワインも複数醸していますが、DOCGにこだわらないランゲ・ロッソではピノ・ネロのネイや、ネッビオーロながら自由な発想で醸されるパフォイなども有名ですね。

イカルディのネッビオーロの軸となるランゲ・ネッビオーロ・スリスイヴァンは、マールと石灰質土壌、海抜300m付近の南と南西向きの畑で栽培される平均樹齢40年のネッビオーロが使用されます。丁寧な圧搾の後、約32度に温度管理されたステンレスタンクで約15日間の発酵の後、フランス産の新樽100%のバリックで18ヶ月熟成されます。


独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味


そう、イカルディはボルドー型瓶。色とりどりのリボンか何かが描かれたラベルは古臭くはありません。2011年は生コルクの5cmでしたが、この2013年は汎用4.5cmの圧縮コルクとなりおます。ラベル下部に「BIO」の文字、バックラベルにも「Vino Biologico」の表記がありますのでどこかのタイミングで認定されたのかもしれません。グラスは2011年同様ヴィノムのブルゴーニュ型、表記のアルコール度数も2011年同様14度となります。

色調はとっても真面目な(語弊あり)ネッビオーロらしい淡さと透明度がありますね。2011年はもう少しモダンな(これまた語弊あり)樽香もあった思ひ出ですが、2013年は「まるでピノ・ノワール」的なスパイス香混じりのワイルドかつ、ワイルドではないイチゴ系のベリー香がとってもいい。スパイスの中にほんの少しのラーメンコショー的白胡椒とブラックペッパー、ながら甘味あるリンゴ飴の飴の部分のような甘味をほんのりと持つ果実香がステキですね。

ちょっと、いや、かなり2011年と印象が違います。。。

口に含みますと‥やはり2011年とはまた違うスタイルですよ!しっとりとしたイチゴ系の果実味があり、硬過ぎないミネラル、なめらかなんですね。ホロホロとしたパルミジャーノ的なタンニンと、隅々まで行き届いた酸味もいい。押し付けがましくないバランス感覚。ネッビオーロでありながら、どこかピノ・ノワールを彷彿とする香味もいい。

そう、このピノっぽい香り‥モンテラポーニのイル・カンピテッロ2010年の再来‥。

少しのヨードっぽい旨味、思ったよりも甘過ぎないし、濃さよりもしっとりとした密度が嬉しい。ストレスのない飲み口で、余韻もほどよい。ふむ、ポーンとした果実の甘味がいいリズムだね。ビオですが、臭くはありません。

ふむ、いい旨味を持つミディアムボディ。色調も淡いのですが、色調とボディや旨味の多さ、強さは比例しませんので色調が淡いからと言って、味や、モロモロが薄いだなんて先入観はダメですよ。なんだかすんなりと楽しめますね。無理がない。そしてネッビオーロを逸脱していないのもいい。

ちょっと驚いたなあ。2011年がボルドーっぽかった‥とまでは言いませんが、この2013年のブルゴーニュっぽさを感じます。

二日目もヴィノムのブルゴーニュ型。淡く、明るい色調は変わらず。うん、この2013年は樽がとてもキレイ。果実の香味を邪魔しない。でも、ステン仕上げとはまったく違うんだけれども。

酸味が隅々まで行き届いていますね。とてもキレイなミディアムなネッビオーロですね。まったくストレスながい‥スムーズに「事が運びます」。微かにフラボノイド、アセロラのような揮発する果実、ハーブ香がありますがあくまでもアクセント。初日ほどイチゴ、イチゴしているベリー系果実の香味は感じませんが、しっかりとまとまりがありますね。

旨味推しでもなく、あっさりと飲めるとも言えますが決して軽いと感じさせるものでもありません。

三日目もヴィノムのブルゴーニュ型。2011年もこの2013年も正規輸入元さんの扱い‥2012年が飛んでいるのは、生産してなかったのではなく、輸入元さんの都合で飛んだと想像しています。どの時点でスタイルが変わったのかは不明ですが、明らかに2011年とは違いますね。

バラ、少しのスミレの華やかな香りに赤いベリーの果実が交差します。ふくよかさは果実とミネラルの密度、落ち着きながらもチャーミングなイチゴ系果実味はピノ・ノワールを彷彿とさせる。甘味だけではなく少しヨードの風味のある塩気は「スイカに塩」的に「イチゴに塩」でイチゴ感UPに繋がる。

いやあ、この2013年は好きだわ。この独特のスパイスや、野生のイチゴ混じりの果実香、薄甘く、薄旨い‥この感じ、どこかイチゴジャムを溶かしたような紅茶的ニュアンス、2011年はもっとヴァニラ系樽香を感じ、果実味のわかりやすい濃さが特徴でしたが、このスタイルの違いはビンテージによるものなのか?どっちも好きだけれども、こっち(2013年)いいですよ!

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

follow us in feedly feedlyにRSSを登録する
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る