Chianti Classico Riserva 2015 Riecine

トスカーナ州の赤 > Chianti

更新履歴 2018/05/19
販売価格

3,980円(税込)

在庫数 残り僅か 3本です
購入数

※2018年5月24日17時更新:12本追加UPしました。
※2018年5月27日20時更新:12本追加UPしました。

キャンティ・クラッシコ・リゼルヴァ 2015 リエチネ
《イタリア/トスカーナ/赤/サンジョヴェーゼ/フルボディ》


ガイオーレ・イン・キャンティ地区。1971年にイタリア人の妻パルミラを持つイギリス人のジョン・ダンクリーが避暑地としてバディア・ア・コルティブォーノの近くにある1.5haほどのブドウ園がついた修道院近くの別荘を購入。使い古された醸造設備を補修と、ブドウの植え替えを行い本格的にブドウ栽培とワイン生産を始めます。

初めてのキャンティ・クラッシコは1973年ビンテージで1975年にリリースされました。ジョン・ダンクリー氏はDOC法では認められながらも決してカベルネ・ソーヴィニョンを栽培するつもりはなかったらしく、「バロン・フィリップ・ド・ロートシルトがサンジョヴェーゼを植える時こそ、私はカベルネ・ソーヴィニョンを栽培し始めるでしょう」だなんて名言も残しています。

リエチネのワインは80年代にも高い評価がされました。ラ・ジオイアはサンジョヴェーゼからなるスーパータスカンとしてご存知の方も多いでしょう。2015年まで醸造を担当していたであるショーン・オキャラハンは、1988年にリエチネに訪れジョン・ダンクリーに出会っています。1990年までは他の生産者の元で醸造を行っていましたが、1991年にジョン・ダンクリーから畑や醸造設備を引き継いだショーンがオーナーとして再出発をしますが、1996年に経営状態が悪化し出資者を募ります。翌年にはニューヨーク在住のガリバーマンの出資により再建、1998年には元々セラーだった場所に醸造所を移設し経営を再建後はショーンが当主となっていましたが、ロシアの資本に買収され追われるようにリエチネから手を引きました。

2012年には設備も一新、セラーも拡充されました。新しく清潔な醸造所に、流行りの(語弊あり)卵形セメントタンク。もちろん栽培だってビオに移行している途中かと思われます。それが今‥なんですよね。ブドウ栽培だって醸造だって、少なからずトレンドがあるものです。

現在は合計15haの畑を持ち、ロゼ、キャンティ・クラッシコ、サンジョヴェーゼ100%のIGTはラ・ジオイアとその名もリエチネの二種類を生産しています。サバスティアーノと呼ばれるトレッビアーノとマルヴァジアからなるパッシート(ヴィンサントではなさそうです)も醸しています。また実験的にImprovvisazione(即興)というシリーズでピノ・ノワールとメルロも醸していた時代もありました。

この2015年のCCは新しい醸造長としてテヌータ・ディ・トリノーロで経験を積んだアレッサンドロ・カンパテッリ氏が加わった年とあんります。熟成までの全行程をショーン・オキャラハンの意志を継ぎ、尊重しながら最終のブレンドとボトリングをアレッサンドロが行ったビンテージとなります。このCCRは元々ラ・ジョイア用のブドウとして8つの区画からの収穫され、仕込まれたサンジョヴェーゼが使用されます。

CCと同じくプレ・マセラシオンを行い、その後28度までに温度管理されたセメントタンクで16日間のアルコール発酵。その後16日間のアフターマセラシオンを行い香味を抽出します。マロラクティック発酵が始まってから二日目に30HLのフレンチオークの大樽で18ヶ月の樽熟成後瓶詰め。2009年以来となったリゼルヴァは3,060本のみのリリースとなりました。


独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味


パット見は2015年のCCと同じですね。ラベル下部にRISERVAと赤文字で記載がありますが繊細はフォント。コルクはCCと同じ4.5cm、グラスはヴィノムのブルネッロ型にUPします。なお、表記のアルコール度数はスタンダードなCC2015年が13.5度に対して、このCCR2015年は14度となります。リエチネらしいりんご飴的な透明度あるルビー色。甘味に濡れたスパイス、スミレに少しのバラ、イチゴ、チェリーの果実味に深い甘味、白くポップなミネラル香、基本的にCCとの共通項は多いですね。2015年ですから、まだショーンが仕込んだキュベで、熟成段階で良いものがリゼルヴァにポジティブに格上げされたのかもしれません。輸入元の資料ではラ・ジオイア用のブドウを仕込んだものとのことですので、本来はラ・ジオイアにブレンドされるキュベだったかもしれませんが、それをあえてCCRに‥今度は格下げと考えていいのかどうかは不明です(そりゃあ、ラ・ジオイアとして売った方が儲かるはず)。ただ、2015年、ショーンももう居ない、じゃあせっかくだからこれまでと違うことを‥そうだ!リゼルヴァ復活させたれ!というのもありえるかもしれませんね。

口に含みますと、綿密、緻密な密度がありますがやわらかさがある。輸入元のコメント通りの大きく口の中を満たすが解ける感はありますね。いい鮨の様です。CCと違う点はよりタニックであることかもしれません。サンジョヴェーゼ特有のおいしい旨味を伴う酸味ももちろん上質でありますが、少し乾いたタンニンがサラサラと流れますね。そのタンニンの渋味もあり、甘味はあるが、控えめに感じます。余韻も素晴らしく長く、やっぱいいいビンテージですなあ。複雑さも十分です。

飲めばCCと共通項を感じながらもスタイルの違いを感じます。ただ、ラ・ジオイアのようなIGT的ではないのおは、CCRとしていリリースするに相応しい樽あ選ばれたのかもしれませんね。30HLの大樽がひと樽分ということになるのでしょうか(あれ、俺、計算合うてるかな?)。

飲み口の果実はチェリーがいっぱい。もちろんベリー系もあるんだけれども。チェリーの皮、スパイス。14度という高いアルコールも十分にコントロールされていて熱さはないし、過熟感もない。味わいに濃さというか濃密さ、余韻までそれが続く。ほんと、色は黒さはくグラスの向こうが透けてみえるルビー色もキレイなんですけども、味わいはしっかりしています。

おいしいリゼルヴァですね。確かにCCよりももう少し大きく深く、タニック≒構成感もさらにあります。香りも味も余韻長くすばらしいサンジョヴェーゼ。フレンチオークらしい樽香もあるがとても上品なもの。

二杯目。すでに旨味たっぷり、確かに解け感がとても心地よくやさしい。14度というアルコールもあるので旨味がエキスィに感じる部分もあるが、過剰さはちっともない。そして変わらずタニック。うーん、こう解けるんだけれども、解けたものが寄り集まるようなまとまり、一体感が出てきましたね。これはめちゃくちゃ旨いじゃないですか。

二日目もヴィノムのブルネッロ型。深いイチゴの深い甘味。スミレとバラ、濃密に広がる果実香にやわらかさを感じます。口に含みますと初日よりも旨味がウマウマ、ミネラルの硬質さもありますが、行き渡る酸味があります。渋味もほどよく構成感がありますね。飲み口は果実味たっぷり、終盤に賭けて渋味、酸味が際立つ締まりのよいスタイル。

うん、甘味と旨味。おいしいですね。確かにスタンダードなCCとの共通項を確認しつつも一段大きく、一段深さがある。そして、よりタンニン豊かに感じますが、すでにおいしい状態でもある。スミレとバラは基本重心が低いんだけれども、華やかな部分もあり、それが濃密な果実味を重苦しく感じさせない。

三日目もヴィノムのブルネッロ型。香りに微かにレーズン的ドライフルーツ。高めのアルコール感もそう感じさせるし、その皮の感じも複雑さのひとつ。おおらかに開いていて萎縮感がありません。これぐらいのワインになるとヴィノムのキャンティ型ではやはり手狭。ブルネッロ型の方が似合います。なければボルドー型でもいいと思いますよ。甘味を抱えた旨味がたっぷりで、酸味と相まってジューシーだくだく。さすがリゼルヴァと思わせるすばらしいくおいしいサンジョヴェーゼですわ。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

follow us in feedly feedlyにRSSを登録する
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る