Rose Palmina 2017 Riecine

イタリアのロゼワイン

更新履歴 2018/05/13
販売価格

2,580円(税込)

購入数

ロゼ・パルミナ 2017 リエチネ
《イタリア/トスカーナ/ロゼ/サンジョヴェーゼ/辛口》


ガイオーレ・イン・キャンティ地区。1971年にイタリア人の妻パルミラを持つイギリス人のジョン・ダンクリーが避暑地としてバディア・ア・コルティブォーノの近くにある1.5haほどのブドウ園がついた修道院近くの別荘を購入。使い古された醸造設備を補修と、ブドウの植え替えを行い本格的にブドウ栽培とワイン生産を始めます。

初めてのキャンティ・クラッシコは1973年ビンテージで1975年にリリースされました。ジョン・ダンクリー氏はDOC法では認められながらも決してカベルネ・ソーヴィニョンを栽培するつもりはなかったらしく、「バロン・フィリップ・ド・ロートシルトがサンジョヴェーゼを植える時こそ、私はカベルネ・ソーヴィニョンを栽培し始めるでしょう」だなんて名言も残しています。

リエチネのワインは80年代にも高い評価がされました。ラ・ジオイアはサンジョヴェーゼからなるスーパータスカンとしてご存知の方も多いでしょう。2015年まで醸造を担当していたであるショーン・オキャラハンは、1988年にリエチネに訪れジョン・ダンクリーに出会っています。1990年までは他の生産者の元で醸造を行っていましたが、1991年にジョン・ダンクリーから畑や醸造設備を引き継いだショーンがオーナーとして再出発をしますが、1996年に経営状態が悪化し出資者を募ります。翌年にはニューヨーク在住のガリバーマンの出資により再建、1998年には元々セラーだった場所に醸造所を移設し経営を再建後はショーンが当主となっていましたが、ロシアの資本に買収され追われるようにリエチネから手を引きました。

2012年には設備も一新、セラーも拡充されました。新しく清潔な醸造所に、流行りの(語弊あり)卵形セメントタンク。もちろん栽培だってビオに移行している途中かと思われます。それが今‥なんですよね。ブドウ栽培だって醸造だって、少なからずトレンドがあるものです。

現在は合計15haの畑を持ち、ロゼ、キャンティ・クラッシコ、サンジョヴェーゼ100%のIGTはラ・ジオイアとその名もリエチネの二種類を生産しています。サバスティアーノと呼ばれるトレッビアーノとマルヴァジアからなるパッシート(ヴィンサントではなさそうです)も醸しています。また実験的にImprovvisazione(即興)というシリーズでピノ・ノワールとメルロも醸していた時代もありました。

2015年からは、新しい醸造長としてテヌータ・ディ・トリノーロで経験を積んだアレッサンドロ・カンパテッリ氏が加わり、2016年からはカンパテッリ氏のワインとなります。ショーンの時代もロゼを醸しており、「ロゼ・フォー・ジェスパー」という名前で2013年を紹介した履歴がありますが、カンパテッリ氏になってから一新されました。CCその他、あくまでもリエチネのスタイルを継承せねばならないワインもあるかと思いますが、このロゼ・パルミナは、彼の思う理想のロゼとして完成させたようです。

9月の1週目から2週目にかけ、各プロットで行われたプレ・ハーベストで得られた(早摘み)サンジョヴェーゼ100%。選果後は55HLのノンブロ社製のキューブ型(卵形ではない模様)のセメントタンクに投入し、酸化を防ぐ為にドライアイスを1日3回を加えます。5度で48時間のコールドマセラシオンの後圧搾。15度を保ちながら約40日間かけて自生酵母のみでアルコール発酵の後マロラクティック発酵が施されます。軽い澱引きの後瓶詰め。ラベルに描かれた蘭の花は創始者であるジョン・ダンクレーの妻、パルミナさんが好んだものでワイン名にもその名が冠されています。


独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味


透明のブルゴーニュ型瓶。ラベルに描かれた蘭も淡くこれまでのロゼ・フォー・ジェスパーとは見た目からもまったく違うワイン。ガラス栓でブショネの心配なし、冷蔵庫キンキン温度、グラスはヴィノムのキャンティ型、バックラベルに記載のアルコール度数は12.5度となります。

オレンジが射すセルロイドな赤っぽいサクラ色、熟度のあるもぎたてチェリー、イチゴ、少し酸味を感じるフランボワーズ。この手のロゼの中には少し果実香とミネラルの狭間にプラスチッキーな香りがあるものもあるがこれはない。ほんのりと甘味のある果実香でロゼとして開いていますね。

口に含みますとフレッシュかつ引き締まった酸味がとてもいい。味わいにも甘味を感じますが旨味推しのスタイルではなく、チェリーを主体とした果実果汁が酸味に誘導されるように喉を通る。含み香もしっかりとあり、余韻もとても長いのもいい。夏だけではないが、この酸味の潤す感覚はとても夏のロゼに相応しい。

スモモやアセロラなど酸味を感じさせる赤い皮の果実。旨味もないわけではなく旨酸っぱい。そう、あくまでも酸っぱさを感じる酸味がクイっとその世界観に引き込む。

新鮮なトマトに塩。この場合はオイルはなくてもいいかもしれない。タコ、ビネガーの効いたマリネで、そこにラディッシュなどダイコン系あると嬉しい気がする。

少しミンティーな部分もあるし、そのクッキリとした酸味があってワイン単体よりも食がススム君ですね。

二日目も冷蔵庫キンキン温度、グラスはヴィノムのキャンティ型。サンジョヴェーゼのヴィニフィカート・イン・ビアンコ的な香味もあるが、しっかりと赤い果実の香味もある。初日よりも少し旨味も増したが、旨酸っぱい、キュンとした酸味が青春してますね。タイトという意味ではなく引き締まっています。

なんだかんだと色んなロゼを扱ってきましたし、サンジョヴェーゼなロゼも比較的多いのですが、こんなにも酸味がキュンキュンしているのも珍しいかも。果実味が豊かに前に出ているものもいいし、もっと白ワインに近いタイプもいいのですが、このロゼのようにロゼらしい香味に富みながらも、目が覚めるほどキュンとした酸味があるのも珍しい。カニカマとキュウリを三杯酢で。紅白なます。ままかりの酢漬け。

三日目もこのロゼはそう色に変化はありませんね。酸っぱさは健在ですが、塩味と旨味が増したように感じます。旨味が増すと果実味によりボディ感がありますね。でも、筋の通った酸っぱさがあり、酸味による構成感がとてもいい。クッキリとした酸味がワイン全体にメリハリをつけてくれています。サンジョヴェーゼのロゼらしい香味もありますが、このワインのようなバランスのロゼは初めてですね。暑い日に、まずは喉を潤す感じで使って頂くのもいいかもしれません。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

follow us in feedly feedlyにRSSを登録する
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る