Cianpagnis Vieris 2010 Vie di Romans【第一回販売分】

イタリアの白ワイン > Vie di Romans

ヴィエ・ディ・ロマンス

チョメチョメ先行案内対象ワイン(Dut'Un)

更新履歴 2012/06/10
販売価格

3,980円(税込)

在庫数 SOLD OUT

ログインしてお買い求め下さいませ。
お一人様2本まででお願いします。


チャンパニス・ヴィエリス 2010 ヴィエ・ディ・ロマンス
《イタリア/フリウリ/白/シャルドネ/辛口》


フリウリ州‥スロヴェニアとの国境沿いの街、ゴリツィアの西に位置するイソンツォDOCに所属するマリアーノ・デル・フリウリのカンティーナ。祖父の代から100年もの間、ガッロファミリーの手によって守られたその土地は、水はけのよい、平らな土地で、海と山の両方から吹く風に恵まれるミクロクリマを持つテロワール‥17歳で家業を継いだ現オーナーのジャンフランコ・ガッロ氏は、同地区のみならず、イタリアの生産者が一目置き、イタリア最高の白ワインの生産者として最も尊敬され信頼される‥「北の巨人」と形容される人物です。

なんでも‥創立以来「ガッロ」と名乗っていたものの‥かのカリフォルニアの大規模な生産者である「(EJ)ガッロ」との商標権云々で1986年に名称の変更を余儀なくされたとか‥。そして、現在の「ローマ人の道」という意味のヴィエ・ディ・ロマンスになったそうです。

彼の考えるテロワールとは「人間、土地、気候、葡萄品種」であり、その中でも最も重要なのは「人間」であるとのこと‥。また「テロワールに最も適した葡萄を栽培すること」「凝縮した葡萄を作ること」「完熟期を迎えた葡萄を最高のタイミングで収穫すること」など‥当たり前っちゃー当たり前‥理想と言えば理想‥でも、その理想を具現化できている生産者が少ない中‥こんな当たり前の事を目標に信念に掲げるのが彼‥流行の醸造法や、市場に流されることなく、彼がその地で得た知識、経験を元に作る‥ある意味、エゴイスティックなワイン達は、確かに、彼のヘンコな一面を垣間みれますし、彼の話‥を聞けば聞く程‥神経質そうな‥几帳面な性格を伺えます‥しかし、彼の作品を飲めば‥ただの趣味、わがまま‥では済まられない素晴らしい作
品であることに間違いありません。

オーナーのジャンフランコ・ガッロ氏による2010年のビンテージ解説。

総体的に考えて2010年は気温が低く、雨の多い年。このようなヴィンテージは89、92、96、98、05年が当てはまると思う。しかし、出来上がったワインはこれらの年と完全に異なり、思っている以上に良いワインが出来上がった。理由は、収穫期のブドウの選別の結果が本当に良い影響を及ぼした。

ブドウ自体のボリュームは、果実味の強さは無いが、バランスの良い素晴らしいワインとなっている。果実味本来の味が強く出ていて、品種の特徴が良く分かる年でもあり、自分としては満足の出来る収穫年と位置づけている。

2009年ヴィンテージから、全ての白ワインでマロラクティック発酵無しとなりました。

無しとなった理由は、オーナーのジャンフランコ氏は自分が思っている以上に熟成が進んでいたり、味わい自体に疲れを感じることがしばしばあったり、その遠因がマロラクティック発酵に有ると考えているから。その点を改善するためにこの決断へと至った。

樽発酵からステンレス発酵へ変更

これまで「ヴィエ・ディ・ロマンス・シャルドネ(樽)」「ヴィエリス・ソーヴィニョン」、「ドゥトウン」は樽での発酵を施していたがステンレスタンクでの発酵に変更となりました。

そう、今年からのヴィエ・ディ・ロマンスは新しい道を歩みだした‥と、言っても過言ではないでしょう。これまでのスタイルとどこが共通で、どこが変わったのか?決して楽なビンテージではなかったと思われる2010年‥だからこその変革をぜひ楽しんで下さいね!!(実際には2009年からでしたぁ^^;)

お馴染みのラベルデザインとブルゴーニュ型ボトルとなりますが、この2010年はキャップシールトップに鶏マークがございます。バックラベルには「生産者の意向により瓶内の空気を極力減らす為、通常に比べコルク下いっぱいまでワインが充填されております。その為、通常よりも温度変化に敏感で、わずかな温度変化によってもワインが液漏れする恐れがありますので取扱にはご注意下さい。冷暗所での保存をお勧めしております。」と注意書きがございます。

約4,61haのチャンパニス・ヴィエリスの畑で栽培される平均樹齢18年のシャルドネは、haあたり6000本の株密度で、海抜は32m。手摘みでの収穫後、約8度でタンクで低温でのマセラシオンの後、約22日間、16〜19度に温度管理されたステンレスタンクで発酵されます。マロラクティック発酵は施されず、澱と接触されたまま6ヶ月の熟成を経て瓶詰め。11ヶ月以上の瓶熟成期間を経てリリースされます。2009年のアルコール度数は14.31度でしたが、2010年は13.84度。2009年の生産本数は23,876本でこの2010年の生産本数は26,974本。


独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味(2018年8月)


現在ではその名に「ヴィエリス」という文字は付かなくなりましたね。この2010年はまだ「チャンパニス・ヴィエリス」の名前の時代。ラベルデザインは細かな変更あれど、ほぼ同じ(イメージ)です。冷蔵庫キンキン温度、グラスはヴィノムXLのピノ型。ちなみに表記のアルコール度数は13.5度となります。2012年のリリース時の毒味リポートを読み返すと、その違いは一目でわかりますね。リリース時はレモンイエローと記載していますが、今は、マンダリンオレンジのようなオレンジ色の深さ感じる色合いになっています。うーん、現行比6年の差を色からも感じていただけますし、この深みのある色はシャルドネならでは‥ですね。

シャルドネらしい香り、たっぷりと熟れたパイナップルや桃の香り。リリース時は新鮮なパインと記載していますし、まだ青さも感じていたようですが、すっかり熟れてます!アプリコットジャム、ミネラルも感じるがハニーもコクっとした香りのひとつ。

口に含みますと、若いうちはもっとジンジンしてたんだろうな‥と思わせるスパイス、落ち着いた酸味、旨味がありますね。リリース時に感じた石灰的なミネラルは鳴りを潜めているようです。柑橘もあるのですが、重心は低い。もちろん樽ドネではありませんので、樽ドネ的なヴァニラな部分など樽の要素などはありませんが、十分にシャルドネを楽しませてくれます。

ミネラルは飲み口の方が顕著。前述のスパイスもありますし、香りよりもミネラルを伴う味わいの余韻が長く、そこに少しハーブ系の緑も感じます。旨味もあって、いやあ美味いですね。熟成ポテンシャルはまだ数年大丈夫ですね。味わいに閉じは感じませんが、少し‥ほんの少し「篭り」もあるかもしれません。ただ、これがさらなる熟成で解消されるかどうかはわからない。なら、閉じを感じない(からと言って開放的とまでは言わないが)この状態はなかなか良いタイミングですね。例えば2016年の場合は公式サイトに記載されている。毎年その数字が変わるかどうかは確認できていませんが、その数字ってやっぱり収穫年からかな?となると今、2018年なので8年。ポテンシャルの半分を超えたところ。となると、まだ7年、8年はイケるのか。

全体的にまろやかになっています。輪郭からすでに。張りがないわけではないし、酸が弱いわけでもありませんが、これが熟成というものです。ただ、抜栓直後から酸化的な熟成香を感じることはありません。

ふーむ。最初はさほど感じていなかった塩味を伴うようなミネラルも少なからず存在する。二杯目ともなると熟れた果実に、酸味に近い柑橘も見えてくる。もちろん、まろやかでなめらか‥6年の馴染みを感じるし、トロットロとまでは言わないが、トロの手前ぐらい‥なのは、アルコール度数も13.5度だから‥でもある。アルコールのトロみではないのだ。

確かにカスタード系の風味、香味を感じるがそこまでトロットロではないという意味でもある。じゃあ、樽ドネのヴィエ・ディ・ロマンスならそうなるか?なかなかそうではない。イタリアらしいミネラルの(いい意味での)呪縛から解かれることはないし、解かれるとイタリアワインではなくなる。

二日目も冷蔵庫キンキン温度。やはり黄色が濃いですね。なめらかな香り変わらず。パインとアプリコット、ピーチの香りに、柑橘と微かなカスタードも同じ。口に含むとやわらかでしなやかなで、T-1000のような液体金属的軟体な密度の高さ。やはり重心は低い。明らかに原稿とは個性が違う。このタイミング‥とてもいいと思います。

ふんわりとしており、果実味なめらかながら、酸が不足と感じることはない。酸味の瓶内二次発酵とでもいうべきか、しっかりと果実味に溶け込んでいますね。温度が上がると少しジンとした感じも出てくる。ダレれることもないし、酸味が強く出すぎることもない。

総合的に判断すると‥確かに果実の香味に追熟成6年は実感できますが、ヴィエ・ディ・ロマンスらしいミネラルも健在で、さらなる熟成も可能な状態。派手な開きではありませんが、ストレスなく閉じていない状態でもちろん今飲んでいただいて十分に楽しめる一本に仕上がっています。なかなか白の飲み頃(若さはないけど落ち着きのある状態)古酒がない現状、生産者ではありませんが、輸入元でこんな感じで熟成させてからリリースしてくれるのもいいもんですね。

独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味(2012年6月)


コルクは圧縮?の5cm。冷蔵庫キンキン温度、グラスはとりあえずブルゴーニュ型一択です。色は2010年のヴィエ・ディ・ロマンス共通の透明度があるレモンイエローですが、一段濃い目に見えるかな‥。フレッシュなシャルドネの香りが開いています。軽くミルキーな香り、カランとした甘味ある香り、清々しいハーブ、熟したバナナ、甘味ある白い花、新鮮なパイン。ミネラリーな瑞々しさも感じますね。口に含みますと、厚みがあり、飲み口はさほどフレッシュな酸味は感じませんが、じわっと溶け込む酸がキチンとあり不足感はありません。果実の厚みはピエーレ同様にあり、ミネラルや石灰的な部分はよく溶け込み裏側に存在する。ボディの厚みがただのデブっぽくなるか、豊満なナイスボディとなるかは、酸味次第で、引き締めるべきところは引き締まっている。後味にも、キュっと酸味の美味しさが残る。味わいはステン仕上げのシャルドネそのもので、十分に満足できる。

試しにグラスをオヴァチュアにしてみる。一瞬石灰香…おっ火打石か。柑橘、レモン、グレープフルーツ、うん、このグラスでも問題なく美味ですね。

二日目も冷蔵庫キンキン…オヴァチュアにしてみます。メロン、白桃、ハーブが混じります。柑橘の皮、白いピロピロ、ほんのりと苦味がありますが、旨味がしっかりと出ており、この二日目のまとまりはバランスをもたらしており、そう目立つものではありません。アルコール度数も昨年よりも、約0.5度低く14度を切っており、そういう意味での飲みやすさもある。旨味を甘く感じ、塩分、ミネラルが滲む。

三日目も冷蔵庫キンキン、オヴァチュア。ふむふむ、二日目同様の味わいが持続していますね。うん、オヴァチュアあたりがちょうどイイ感じ。シャルドネ感と、ステン仕上げらしいハーブや、乳脂肪分系はここんところのヴィエ・ディ・ロマンスらしさかな‥。ピエーレと共通ですが、ステン仕上げのタイプはやはりワイン単体ではなくお食事とともに楽しんでこそ栄えると言えます。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

follow us in feedly feedlyにRSSを登録する
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る