Chianti Classico Le Cinciole 2015 Le Cinciole

トスカーナ州の赤 > Chianti

更新履歴 2022/01/21
販売価格

2,480円(税込)

在庫数 残り僅か 9本です
購入数

2022年1月23日更新:初回入荷分48本が残り少なくなりましたので24本追加UPしております。
2022年1月29日更新:24本追加UPしました。
2022年2月10日更新:12本追加UPしました。
2022年3月18日更新:12本追加UPしました。


キャンティ・クラッシコ・レ・チンチョーレ 2015 レ・チンチョーレ
《イタリア/トスカーナ/赤/サンジョヴェーゼ/ミディアム》

海抜430mから470m。キャンティ・クラッシコ地区の中心付近となるパンツァーノ・イン・キャンティに30haのブドウ園を所有するのがこのレ・チンチョーレ。当主はルカとヴァレリアのオルシーニ夫妻。

レ・チンチョーレの畑は一般的なガレストロとは少し違い、そのほとんどは石灰を含む粘土質でガレストロよりも重い土壌で、標高の高い部分にはシスト(片岩)が露出しています。そのシストは変成が進んだ土壌で無数の穴があり、水はけが良い。空気も含有するので土やブドウ樹の保温効果がある。反対に粘土質は水分を保有するのでブドウ樹を冷却する。

標高の高い位置にはサンジョヴェーゼを。日没時には一番先に日陰になる冷涼な畑ではカベルネやシラーを栽培してます。ブドウの栽培方法は日進月歩、以前は育成に合わせてブドウ樹を整形する芽かき、除葉、グリーンハーベストを行っていたがそのすべてを止めた。摘芯や芽かきをすることで生育を均一化することは、ブドウを均一に熟させるための術だが、チンチョーレではそれを良しとしない。均一化が単調、単純になるという考え。また、摘芯や芽かきをしないことでグリーンハーベストするよりも少ない房数となり、残った房はより多くの栄養を蓄えることになった。

自社畑のみ。東、南、西向き斜面のすべてを使用。土壌はシストを含む粘土石灰質で完全な有機栽培。畑は全てですが、収穫しながら選別が行われます。また、醸造所での殲滅もあり、発酵は大型のセメントタンク。醸しは20日から30日、マロラクティック発酵前に大樽や、バリックの古樽に移してマロラクティック発酵と樽熟成を12ヶ月。樽熟成後は今一度セメントタンクに戻し12ヶ月の追熟成後瓶詰め。

独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味

2010年以来かな(たぶん)。当時の毒味を読み返すことなく、気持ち新たに毒味です。ラベルデザインは変わってないはず。たて長で、筆記体も繊細。ブルーグレーの枠はとても上品。地図が描かれてるんですが、これがモンテベルナルディの先先代のキャンティ・クラッシコの地図に似てるんだな。いずれもパンツァーノ、なにかあるに違いない(調べない‥おい!)。バックラベルにビオロジコの文字。どうしてもビオのワインを毛嫌いしているイメージがありますが、臭いビオでなけれもぜんぜんオッケーですからね。ビオだけではどやのこやのとも言いませんが、輸入元さんの名前を見て、あー、きっと無理だなあと思ったら、わざわざ挑戦もしませんけれども。コルクはまあまあの4,5cm、グラスはシュピヴェラウのユニバーサル型、表記のアルコール度数は14度となります。どう考えてもビンテージが遅れているはずの、今頃2015年、これは楽しみしかありません。

色はサンジョヴェーゼらしいルビー色に深さがありますが、艶やかな輝きもありとてもいい。注いでいる途中で(これは大丈夫なヤツ=臭くない)のは感じていたのですが、グラスからの香りも大丈夫。開放的ではありませんが、スミレとチェリー系果実なキャンティ・クラッシコの王道スタイルで、なんら汚れがない。口に含みますと、輪郭はやさしさがありますが、果実味に溶け込むタンニンと、行き渡る酸味、うん、これはまさしくキャンティ・クラッシコですね。ミネラル推しではありませんが、少し硬質に感じる(温度が低いのも原因)ミネラルにパンツァーノらしさを感じているのですがどうでしょう。

まだまだ二日目や三日目にはさらにまとまるでしょうし、旨味や、ジューシーさも期待できますが、一杯目から落ち着きがあっていいですね。バックビンテージの醍醐味を満喫。少し、ボワンとした缶詰のチェリーの風味(喫茶店のあれね)の風味、微かにプラムのヒント、うん、整ってますね。非常にバランスがいい。そうだ、これ、2015年だったんだ。2015年のバランスの良さを感じますね。浸透するような果実味もありとても美味しい。なかなか、久しぶりに真っ当(語弊あり)な、酸味と果実味のキャンティ・クラッシコらしいバランス。

うまい、うまい、うまい。

あれ、(期待超え)これ、おいしいやんか。

スタンダードなCCもボチボチお値段も上がってきましたが、【バックビンテージ(落ち着きあり)】【2015年(超優良年)】というブーストがあって、この価格は非常に、非常にコスパが高いですね。ただし、コスパが高い=まるでスーパートスカーナみたい‥ではないですよ。非常に真っ当にピュアなキャンティ・クラッシコの王道。これはいいです。すでに、ジューシーな部分あるんですよね。果実味の旨味に伸びがあります。

二日目もシュピヴェラウのユニバーサル型です。初日同様、グラスからの香りはそう開放的ではありませんが、決して閉じというわけでもない、少し温度が低いので、それが原因かと思います。でも、口に含むと果実「味」はとても開いてるんですよね。旨味も少しでてきて、ボディ感も増したようです。二日目らしいまとまりもありますね。果実の香味にはワイルドなチェリーやベリー系の風味も出てきました。最前列ではありませんが、少しスパイスがあるんですね。チェリー主体ですが、プラムや、重くないプルーンの風味もあり複雑さもありますね。

やわらかという表現のユルさは皆無。チンチョーレの個性もありますが、キャンティ・クラッシコらしいサンジョヴェーゼでとてもいい。アッビナメントは基本のトマトと、オリーブオイルさえあれば、あとはなんでもイケそうでもあるし、使い勝手もいい。

三日目もシュピヴェラウのユニバーサル型です。オッデーロのランゲ・ネッビオーロと同時の毒味なんですが、いずれも品種特性がほんとピュアに表現されてますね。チンチョーレのキャンティ・クラッシコは色も、果実味も(オッデーロのランゲ・)ネッビオーロよりも、密度感がありますが、こちらも「濃さ」がウリのスタイルではない。非常にバランスがよく、初日からしなやかに飲める。渋味も旨いですねえ。全体的に香ばしさのある甘味があるんですが、濁らない。もちろん、このワインの場合は、バックビンテージかつ、2015年ということもあるんだけれども、大幅に3,000円を斬るとなるとコスパも異様に良い。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る