La Monella Barbera del Monferrato Frizzante 2013 Braida

ピエモンテ州の赤 > Braida

更新履歴 2014/07/11
販売価格

1,980円(税込)

在庫数 SOLD OUT

ラ・モネッラ バルベーラ・デル・モンフェッラート フリッツァンテ 2013 ブライダ
《イタリア/ピエモンテ/赤/微発泡/バルベーラ/ミディアム》


ブライダが所有する様々な畑の若木からのバルベーラが使用されます。収穫されたバルベーラは10日間の発酵と、ステンレススチール製の圧力タンクで4ヶ月の熟成、微発泡として若干の泡を残して瓶詰されます。昨年の2011年はブライダ社の50周年記念でしたので、イメージカラーのブルーと同色の蜜蝋には"50 Braida"と印字され、"50 anni da monelli"の帯が貼付けられていましたが、この2012年は"La はあと Monella"と蜜蝋部分にはワイン名、帯部分には"I LOVE YOU JE YAIME ICH LIEBE DICH TE AMO"と英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語で記載がありますが日本語がないので激怒ぷんぷん丸です。

どころか、その蜜蝋とシールがないボトルが混在しております(滝汗)。これぞイタリアらしさ‥でしれーっと片付けさせて頂きますので、蜜蝋とシールが付いていないボトルが届いても気にしない、気にしない。

なお、バルベーラ・デル・モンフェッラートDOC(スペリオーレと付くものはDOCG)は1970年に制定されバルベーラ種は85%以上、フレイザは15%まで‥となっておりますが、ブライダのこちらはバルベーラ100%となります。なお表記のアルコール度数は2011年、2012年は14.5度でしたが、この2013年は1.5度下がって13度。

微発泡なフリッツァンテ、しかもバルベーラということで軽く冷やして軽食やサラミなどと‥な、辛口のランブルスコ的な使い方を想像しますし、決してそれは間違いでもなくオヌヌメのひとつではありますが、バルベーラらしい果実感やスパイスに溢れ、ガスが軽やかさを演出するものの、ワインの部分は決して軽い酒質ではないのがこのラ・モネッラなんですね。

飲んでみました。

冷蔵庫キンキン温度。グラスは2012年と同じくオヴァチュア一択とします。微発泡ですがコルクを抜く際にポンと音がなるわけではありません(ボトル差ある可能性はありますけども)。コルクはカリのない圧縮コルクですが、圧の関係で尻に近い部分が抜くと肥大しますね。グラスに注いでも決してガスで泡立つ‥とまではない(ボトル差ある可能性はありますけども)。香りにはベリーやチェリーの果実香にスパイスふんだんですが、あくまでもドライな香り。口に含みますと本来は酸の役目の部分の一部を微発泡が担う。これがフリツァンテやヴィヴァーチェの楽しみとなりますが、確かにこの2013年は2012年ほどのアルコール由来の甘味や、ボリュームは控えめ。これが原因かもしれませんが、ガス圧が少し高めに感じますね。2012年よりもシュワっと感が増しています。

美味しいバルベーラであることに代わりはありません。2012年よりも高めに感じるガスは酸味もより牽引してくれる。しっかりとバルベーラの果実味がありますがありますね。フリッツァンテに仕立てると冷やして美味し赤になるからまた不思議ですね。

温度が上がってくるとバルベーラの果実の香味が際立ってきますね。少し香ばしさも感じます。正直、このラ・モネッラの優れたところは、普通の造り手ならこのレベルのブドウをフリッツァンテに仕立てたりしなでしょう。いや、それなりのレベルのブドウしか採れないのかもしれませんが‥。

二日目も冷蔵庫キンキン、オヴァチュア。飲み口はまだ確かに微炭酸。2012年よりもアルコール度数が低い分、甘味とボリュームは控えめ。渋味と酸味も2012年よりもしっかりと感じますね。決してタイト(萎縮という意味で)ではありませんが、豊満ではなくスレンダーなバランス。これはこれでとても美味しいですね。2012年の甘味とボリュームはワイン単体でもでしたが、この2013年はより食中酒でしっかりドライなフィニッシュ。

2012年の甘味はとんかつソース系の甘味あるソースに合わせたい感じでしがた、この2013年なら串カツソースやウスターソースなど酸味や辛味のあるソースがいいかもしれませんね。ふむふむ‥ほんと2013年は渋味に少しの苦み、そして酸味があって赤ワインをスキっと飲ませてくれますね。

うん、この度数のバージョンもいい。使えますね。

ということで、輸入元さんにブライダのラファエッラさんにに問い合わせて頂きました。2013年は、2011年や2012年と比較して収穫時の暑さが厳しくなかったことから、2013年は度数が低いそうです。では未熟か?いえ、未熟さは微塵も感じません。度数の違いは確かにこの二年のラ・モネッラとはちょと違う‥と感じるはずですが、バランスに富み、渋味や酸味、果実の香味もバルベーラの個性が良くでていると思いますよ。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る