Passorosso 2014 Passopisciaro

シチリア州の赤 > Passopisciaro (Trinoro)

アンドレア・フランケッティ

更新履歴 2017/10/28
販売価格

3,880円(税込)

購入数

パッソ・ロッソ・エトナ・ロッソ 2014 パッソピッシャーロ
《イタリア/シチリア/赤/ネレッロマスカレーゼ/フルボディ》


これまでパッソピッシャーロのクリュ名を名乗らないスタンダードかつ、クリュ混醸モノはその名も「パッソピッシャーロ」を名乗ってきました。カターニャ県の村名ともなる「パッソピッシャーロ」は生産者名としては許可されているようですが、商品名としては認められなくなったことから2013年から「パッソ・ロッソ」に改名となりました。白のグアルディオーラも「パッソ・ビアンコ」に2014年より改名となります。

このパッソ・ロッソ2014年は、Arcuria、Chiappemacine、Favazza,、Guardiola、Feudo di Mezzo、Sciaranuova などの畑からのブドウが混醸されており、2013年と比較すれば、Malpasso、Santo Spiritoのブドウは除かれ、Chiappemacine、Feudo di Mezzo、Sciaranuovaのクリュからのブドウが新たに混醸されるようになったようです。それぞれのコントラーダは海抜500mから1,100mのエトナ火山の北斜面に位置し、その内、『エトナ・ロッソDOC』に認定されている範囲内のブドウ畑から収穫されたネレッロ・マスカレーゼが使用されます。

その平均樹齢は70年から100年と、クリュ名は名乗りませんが決して若樹から造られるわけではありません。エトナ火山らしい火山岩、火山砂からなる土壌となります。この2014年は10月24日から11月2日にかけて収穫されました。

収穫したブドウは除梗後、28度以下に温度管理されたステンレスタンクで約15日間の醸しとアルコール発酵の後、20hlから50hlのオーク樽でマロラクティック発酵が行われます。樽熟成は大樽で18ヶ月。2016年4月の下弦の月に瓶詰め。生産本数は35.800本となります。

この2014年からこれまでの"IGT"ではなく"Etna Rosso DOC"を名乗ることになります。フランケッティは、エトナでワインを生産している以上、エトナ・ロッソ(DOC)を名乗るワインをリリースすることに抵抗はなかったようです。そもそもトスカーナなサルテアーノの場合は"IGT"を名乗るしかないわけですしね。しかし、これまで所有する畑の中でエトナ・ロッソDOCに認定されている畑からのみのブドウで醸すとなると生産本数が限られてしまうことからIGTを名乗っていたようです。

エトナ・ロッソDOCには、標高に関する規定があり標高800m以下の畑と定められています。よって、パッソピッシャーロが醸すコントラーダの内、3種はIGTとなり、2種はDOCを名乗ることも可能ですが、畑の個性差であり、DOC認定か否かの差との誤解を避けるためにすべてIGTでリリースされています。そもそも、エトナ・ロッソDOCの標高が800mに定められたのは、当時から畑は存在したものの、そのブドウでワインを醸す生産者はいなかったから‥だそうです(じゃあ、そのブドウはどうしてたんでしょうねえ?なんて聞いたらアカン!)。

シャラヌオヴァのコントラーダは850mから900mに位置しますが、実際には標高760m付近からブドウが栽培されているそうです。またグアルディオーラも800mから1000mに位置しますが、実際には標高770mからブドウが栽培されています。

両方の畑共に、800m以下から900m、1000mまで段々畑のように畑があり、コントラーダ(IGT)に使用するブドウは850mから900m(シャラヌオヴァ)、800mから1000m(グアルディオーラ)のブドウを使用しています。しかし800mよりも標高が下であれば、エトナ・ロッソDOCとして醸すことができるのです。

これまでの(旧名)パッソピッシャーロや、2013年のパッソ・ロッソは800m以上の標高ある畑からのブドウが使用されることもありましたが、この2014年からエトナ・ロッソDOCを名乗るにあたり標高800m以下のブドウのみで醸されています。

なお、このエトナ・ロッソDOCの資料には名前は掲載されていませんが、新しい畑を取得したとのこと。標高650m付近の「カマルダ」と呼ばれる0.5haの畑で、エトナ・ロッソDOC認定畑となり、2013年ビンテージから使用されているそうです。


独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味


赤は2013年から「Passorosso」を、そして格付も「IGT」から「ETNA ROSSO DOC」に変更になっていますが、DOCが付いた程度だとパッと見はわかりませんね。全体的にお馴染みのデザインとなります。コルクはまあまあの質の4.5cm、グラスはヴィノムのブルゴーニュ型を選択、2012年は15.5度、2013年は14度、そしてこの2014年は15度となります。

パッソロッソらしい、薄くもないんだけれども濃くもない‥というか深い赤、ネッビオーロのようにオレンジは射さずにピノ・ノワールのような色合い。この色合いもネレッロ・マスカレーゼがピノ・ノワール的と例えられる所以かもしれませんね。2014年はそのエトナの土壌の香りがするんですよね。コントラーダよいもハッキリと、火山性土壌らしい、黒いミネラル、炭化という意味でカーボンなんだなあ。まずはそんな土壌由来の香りも前にきますが、ネレッロマスカレーゼの香りが沸き上がる。ただし、現時点で2014年はイチゴや、その飴系のチャーミングがないわけではないが、もっとシリアスで過熟感や甘味推しではない。例年感じるアセロラガム的な要素もほとんど感じない。ネガティブな意味ではないが、どこか赤が熟し切らない酸味伴う要素なのかもしれません。

火山性な土壌の鉱物っぽさ、でもあたしの嫌いな硫黄ではない。でも、甘味を感じる紫の花や、果実香もちゃんとあるのですが、なかなか均等で、そこに複雑さもある。

まずは口に含みますと、ほおう。輪郭になめらかさと張りの両立。中心分に向かってもそう。酸味や渋味はまったくイガイガしないし(熟成による角取れとはまた違う意味)、なめらかさもあるのだが、そこに溶け込んだ、透明かつ黒いミネラルが張り、構成感、そして塩味をもたらす。

例年よりもグっと詰まった感じ。濃い‥ではない、密度の高さ、張りがあるからなおさら。でも、張りつめていてパキパキしているわけではない。十分なボディ、どんどんと酸味も湧き出るし、渋味は濡れ、乾く。思ったほどスパイスは前ではない。

エトナの個性を十分に発揮する2014年は、ピノ的じゃない。これがネレッロ・マスカレーゼの真の姿なのかな。2013年までとは明らかに違う。混醸されるブドウのデドコロであるコントラーダの違い、同じコントラーダでもその標高の違い他モロモロ、これは世代が変わった‥を実感する。思いのほか真面目、15度なんてまったく感じないのは、この良質な酸味のおかげかも。

二杯目、やっぱり2014年は土壌由来の火山性な部分を感じますね。火打石って白いんですが、それが黒い感じかな。硝煙反応。うん、例年よりも甘くない、いや、チャーミングじゃないんだな。結構、酸いも渋みも経験してきた大人な女性的。

ちょっと二杯目はゆっくりと時間をかけて飲んでいます。全体像は、やはりエトナらしい火山性土壌を感じさせるカーボンな風味と、決して甘味に逃げない果実味のバランスは変わりませんが、さすがに旨味も出てきましたね。

樽使い上手やわああ。ほんと感心する。エトナに関しては、パッソピッシャーロ常駐のエトナを知り尽くしたチームが醸造しており、フランケッティがどーのという感じでもないんだが、ほんと樽使いが上手。フランケッティがどーのこーのは第一世代だけだったんだと思うよ。第二世代からは、エトナらしいワインを追い求めてたと思うし、この2014年からの第三世代は極まってる。これまでのIGTとしてのパッソロッソ(パッソピッシャーロ)と思って挑むとなおさらその違いに気付くはず(俺がそうだ)。

素晴らしい。

これはね、エトナのエトナたる‥が忠実に表現されている。

逆にエトナ・ロッソDOCにしてよかったかもしれませんね。これが例年通りだと、2014年だから‥という理由以上に世代が代わったことに気付かなかったかもしれない。

二日目はグラスをヴィノムXLのオレゴンピノに変更してみます(深い意味はありませんが、度数も15度だしね)。初日同様の、硝煙反応、焼けた黒い土を彷彿する土壌の風味がありますが、果実香もしっかりで、少し甘味ある香りも出て来たようです。こうなるとベリー系の香りにも「焼き」の要素が入るんですよね。焼きイチゴなんてないんですが、温かいイチゴのソース、甘味と酸味のバランスのとれた。口に含みますと、やっぱり例年とは違う密度の高さを実感。うん、他の品種と比較すればピノっぽさを実感しますが、例年と比較すれば、この2014年はピノっぽさというよりもやはりネレッロ・マスカレーゼらしい。増した旨味に負けなずにじゅわる酸味、溶け込んだタンニンもまたすばらしい。一段、二段、密度と深みがありますね。

これは旨いわあ。

正直、パッソピッシャーロのセミナーでコントラーダの2014年は制覇したわけですが、このパッソ・ロッソの2014年がまた恐ろしいほど旨いじゃないですか。コントラーダも2014年はちょっとお宝ですね。過去最高ビンテージというのを、このパッソ・ロッソでさらに実感しています。

15度と高いアルコールですが、アルコール(高い)感はありません。甘味やエキスが強過ぎないのも関係しますが、思った以上にシリアスかつ飲みやすさもありますね。

三日目はヴィノムのブルゴーニュ型。エトナのテロワールを感じさせる火山性度量の黒いミネラル香りがほどよく溶け込んできましたね。甘味もないわけではなく、そんな黒いミネラルとのバランスで控えめに感じてたのだと思います。この三日目のポジショニングはもう少し前。じっくりとまとまりと、落ち着きを香りからもヒシヒシと感じます。

口に含みますと、たっぷりと旨味を抱えた果実味が深い、深い、とてもディープ。でも濃いというのではないんです。15度でも飲み疲れないのもいい。ほんと、良い生産者達は高いアルコールを押さえつけることなく、高いままでも「アルコール感」をコントロールできるようになりましたね。濃くて、深くて、果実味だらけで酸味が低い‥のではない。この三日目こそ、構成にも通じる素晴らしい酸味もしっかりと感じる。

それにしてもこの2014年のパッソ・ロッソは「エトナ・ロッソDOC」を名乗るに相応しい。まあ、あと数年もすればDOCGに昇格するんでしょうね。2014年は偉大さも感じられるパーフェクトな出来栄。すでに飲めるし、おいしいのですが、これがどう熟成するのかは興味津々。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

follow us in feedly feedlyにRSSを登録する
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る