Taurasi Radici 2010 Mastroberardino

カンパーニャ州の赤

更新履歴 2016/03/13
販売価格

3,980円(税込)

在庫数 SOLD OUT

※希望小売価格 5,400円税込→通常特価 4,280円税込→特別価格3,980円税込

タウラジ・ラディーチ 2010 マストロベラルディーノ
《イタリア/カンパーニャ/赤/アリアニコ/フルボディ》


カンパーニャ州の歴史ある生産者と言えばこのマストロベラルディーノを差し置いて他にありませんね。1750年頃からワイン造りに携わっていたようですが、マストロベラルディーノとしての創業は1878年だとか。元々はベラルディーノという名前だったそうですが、二代目の当主であるピエトロがマストロ=マエストロ=名匠の称号を得てからはマストロベラルディーノという名前になったそうです。

近年、カンパーニャ州に置いても国際品種への移行は少なからず…な状況ですが、徹底してカンパーニャの土着品種にこだわるのもマストロベラルディーノの姿勢ですね。フィアーノ・ディ・アヴェッリーノDOCG、グレコ・ディ・トゥーフォDOCG、そしてタウラジDOCGもマストロベラルディーノあってこそ‥と言えます。

中でもイタリアはのみならず世界に名だたる‥なのがタウラジですね。アリアニコ種を使用したワインは何種類かリリースしていますがいずれも、その土地の個性を反映したもの。もちろんその筆頭はタウラジで、タウラジ・ラディーチと、タウラジ・ラディーチ・リゼルヴァの二種類となりますね。今回ご紹介するのは、マストロベラルディーノ的にブラックラベルと呼ばれるタウラジDOCGラディーチです。

平均標高400m、南向きのモンテマラーノと南西向きミラベッラ・エクラーノブドウ園で栽培されるネッビオーロは平均樹齢15年、株密度4000本〜6000本とのことです。では、ラディーチ・リゼルヴァは?と言うと、モンテマラーノブドウ園のブドウのみで醸されているようですね。標高は500mと高めですが、平均樹齢は12年とリゼルヴァでないラディーチよりも若いようです。

温度管理されたステンレスタンクでの長期の果皮浸透による醸しとアルコール発酵とマロラクティック発酵が施されます。熟成はフランス産のバリックと、スロヴェニア産の4700Lの大樽(新樽比率20%)で最低24ヶ月、瓶熟成期間は最低12ヶ月とのこと。では、ラディーチ・リゼルヴァは?と言うと樽熟成期間が最低30ヶ月と半年伸びますが一番の違いは瓶熟成期間と言えますね。リゼルヴァは最低36ヶ月となっています。

ではDOC法のおさらい。もちろんこのタウラージはDOCG銘柄ですね。品種構成はアリアニコが85%以上の規定。最低熟成期間は36ヶ月で、内木樽熟成が12ヶ月となります。リゼルヴァを名乗る場合は最低熟成期間は48ヶ月で、内木樽熟成が18ヶ月となります。

不利な為替だったんでしょうね、2009年はとても4,000円斬りは無理そうでしたので華麗にスルーしました。2010年、なんとか4,000円斬りでのご案内です。もちろん、そのリゼルヴァも憧れですが、このブラックラベルの旨さは2008年で実証済ですね。


独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味


重厚でロングなボトルは肩部分にMastroberardinoの凸モールド。一応ラディーチ・リゼルヴァの方が格上ですが2008年の特別なラベルは別として、白ラベルと、この黒ラベルなら黒ラベルの方が高そうなんだけどね。マットな黒に光沢のある黒での紋章、商品名は凸感のあるゴールド、ブランド名はお馴染みの赤色です。ロングネック部分に刺さるコルクはラディーチならはもうひとがんばりの質ながら、2008年は4,5cmでしたが、この2010年は5cmのコルクですね。グラスは迷わずヴィノムのボルドー型。ちなみにバックラベルに表示のアルコール度数は13.5度で、2008年が(たぶん)14度でしたの0.5度下がっています。

凄く深い赤から黒へのグラデーション。甘味を感じる熟した果実香がたぷーり開いていますね。樽はなめらかに溶け込んでいます。リゼルヴァではないラディーチだからこその果実香の深さ、酸化(熟成)を感じさせないところがステキです。どこかオリエンタルな果実、煮詰めたライチにヴァニラ香が絡み、カシスやプルーンの凝縮した香りもあります。

口に含みますと、サラサラとしながらも甘味あるタンニンを含む果実味にまだ硬さを感じながらも、すでに飲めるというしなやかさを兼ね備えます。

旨いねえ。

そう、一杯目ですが、渋味もあるが、旨味もある。香りほど味わいに甘味を感じないのは、そんな渋味や溶け込んだ酸味があるからだと思われます。もちろんフルボディな厚みと、密度の高さ。ミネラルが硬すぎないですね。

うーんタウラジだわ。大雑把に例えると青さのないカベルネにも似てるんだけどね。よく果実が熟していますね。13.5度以上のアルコールを感じますが、渋味に酸味、そして果実味など、アルコールに負けてないですねえ。ベリーベリーな果実味にプラムの風味、やっぱりガッツリとした肉料理が喰いたいですねえ。でも、ステーキソース的なモノではなく、ガリっと黒胡椒効かせた肉料理がいいっすかねえ(じゅるじゅる)。渋味が旨いワインはやはり肉汁または脂身欲しくなります。煮込みもいいだろうなあ。

二日目もヴィノムのボルドー型。甘味と旨味が乗る果実香、白い砂のようなミネラル、はサラサラの渋味にリンクします。樽を効かせながらも浮つかないのもいい。渋味主体ですが、サグランティーノやカベルネとはまた違うのがアリアニコ。

そんな渋味と、酸味による構成感を感じますが、硬過ぎるわけではない。乾きながらも濡れた甘味、旨味がありとても美味しい。思ったよりも早くから飲めるのは2008年同様ながら、熟成ポテンシャルもヒシヒシと感じる。あくまでも果実が前なんですけどね‥とてもバランスが良いので濃さもクドくない。

この二日目の果汁感がとても美味しい。全体がジューシーなんですよ。いくらでの飲める。

三日目もヴィノムのボルドー型。この酒質だと三日目どころか‥ですが、最後の一杯はたぷーり目に残しておる。黒バラの華やかな香りが果実香を牽引します。フルーツをねりねりとした熟れた香りもあり、脱力という意味ではなく、力んでいない開きを感じますね。

口に含みますと、渋味、酸味ともに薄皮が取れたようにメリハリ、クッキリとしておりさらなる構成感に寄与しています。うーん、旨いな。アリアニコ旨い。マストロベラルディーノって、決してモダンではないんだけれども、古典というほど古臭くもない。果実の果汁感がある。アルコールの表現も適切で、ワインとしてとてもいいし、おいしい。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

5%還元-2020年6月まで!

カード決済(クロネコWEBコレクト)なら5%還元!
キャッシュレス
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る