Is Argiolas Vermentinodi Sardegna 2015 Argiolas

イタリアの白ワイン

アルジオラス

更新履歴 2016/09/04
販売価格

2,680円(税込)

購入数

イル・アルジオラス・ヴェルメンティーノ・ディ・サルディーニャ 2015 アルジオラス
《イタリア/サルディーニャ/白/ヴェルメンティーノ/辛口》


その歴史は1918年にフランチェスコ・アルジオラスがブドウの樹を植えたことから始まります。元々はサルディーニャでオリーブをブドウを栽培する農家だったアルジオラス家ですが、1906年に生まれた今は亡き今は亡き、アントニオ・アルジオラス爺がアジェンダを設立したのは1937年。以降本格的なワイン造りの道に進みます。

その後、息子のフランコとジュゼッペが取り仕切り、現在ではアントニオの孫となる三代目がアジェンダを牽引しています。脇を固めるエノロゴにはマリアーノ・ムッル氏。そしてコンサルタントには、かのジャコモ・タキス(今は名前だけ)。

醸造所はサルディーニャ島の南東部である州都カリアリ近郊のセルディアーナ村に位置します。セルディアーナを中心に280haもの自社畑を所有。その海抜は170mから700mに及ぶなど多種多様で、カンノナウやカリニャーノ、モニカやナスコ、ヴェルメンティーノなどなどサルディーニャの土着品種をその日照条件や土壌などを見極め栽培しています。

アルジオラスのラインナップではプレステージに属するイル・アルジオラス。ヴェルメンティーノのみで醸されます。厳しく選別されたブドウは10度から12度の低温に保たれながら軽い圧搾かつ、一番搾り果汁のみ搾汁されます。自然に沈澱させ、16度から17度に温度管理されたステンレスタンクでの天然酵母でのアルコール発酵は25日から30日間。澱と接触させたまま12ヶ月の熟成後瓶詰めされます。


独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味


2014年と変わらず、このイス・アルジオラスは、ラベルの紙質もいい。少しパールがかった白地、繊細は書体は少し凸る印刷になっている。中心に描かれたブドウの葉の金色インクの印刷はシックかつ高級感もありますね。ボトルも少し背の高い上級品、コルクはサルディーニャの生産者らしく(?)なかなかの質、ま、4cmですけどね。冷蔵庫キンキン温度、グラスはオヴァチュアです。ちなみにバックラベルに表記のアルコール度数は14.5度と2014年と同じとなります。

アルコールも少し高めですが、色合いもやや濃いめですね。黄色の花、完熟ながらもぎたてのフレッシュさあるパイン、桃やアプリコットに新鮮な柑橘ピールの風味。そこに緑のミント、ハーブのほろほろとした香り。

口に含みますと、果実にもしっかりと熟度を感じます。ほんのりと苦みを伴う黄色のハーブ香、緑のミント、スパイス、密度も十分ですね。なるほど上級クラスを感じます。舌に躍動する酸があり、じっくりと旨味と交わります。

2014年と比較して緑のミントと黄色のハーブやスパイス香、ピールからくる乾いた苦みが特徴で単一品種とは思えない程の複雑さがありますね。グラスの内側がぷちぷちすることはありませんが、フレッシュな酸味は少しぷちっとした感覚もあります。シャキっとした洋梨、青リンゴ…うーん、2015年も旨いですね。ただし、2014年と比較して圧倒的に2015年というのではない、2014年同様に旨いんです‥いい意味で安定していますよ。トゥーリガもそうだよね‥ビンテージによるブレが少ない=安定してるんだな。

隙がないですね。果実味に密度がある‥でも重過ぎないし、アルコール感も14.5度とは思えない。香りはこれだけ複雑な要素があれば、隙なんてほんとない。

二日目も冷蔵庫キンキン温度、グラスはオヴァチュアです。そう、決してベジタブル香ではないのですが、緑のミントと黄色のハーブ、ピールも緑の濃い柑橘なんだな。スパイス香を伴い黄色の柑橘や白い果肉の果実香に溶け込む複雑さがあります。この二日目は黄色の柑橘、とりわけグレープフルーツのような苦みを伴う柑橘の香味が出てきましたね。ミネラルと酸味、端正でバランスの取れた校正があるからこそ複雑な果実味が活きます。余韻も長いんだよねえ‥素晴らしい。上級クラスをヒシヒシと感じ取れる内容に大満足です。

三日目も冷蔵庫キンキン温度、グラスはオヴァチュアです。ふむ、やはり2015年はバジルっぽい香りが特徴的ですね。ファランギーナの一部に感じる香りに似てる。三日目ともなるとまろやかで、少し粘性も感じます。前述しましたが2015年だからいい‥そういう感じの良さではない。アルジオラスらしい毎度良い感じ。密度があってヌケがなくて、バランスもいいし、この複雑さって‥絶句しちゃいますね。サッパリとしたヴェルメンティーノもサルディーニャのリゾートっぽくて好きだけど、これだけしっかりと造られたヴェルメンティーノはなかなかない。

やっぱりバジル、トマトがこのワインとの接点になるかな。もちろん柑橘もあるんだけれども。まあ、結局なんにでも合っちゃいそうな懐の深さも便利ですね。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

follow us in feedly feedlyにRSSを登録する
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る