Langhe Nebbiolo 2004 Cantina del Pino

ピエモンテ州の赤

販売価格

2,980円(税込)

在庫数 SOLD OUT

■ ランゲ・ネッビオーロ 2004 カンティーナ・デル・ピーノ
《イタリア/ピエモンテ/赤/ネッビオーロ/フルボディ》

バルバレスコの父と呼ばれたドミツィオ・カヴァッツア博士の没後、氏の邸宅を買い取り、そのままアジェンダとしてスタートしたのがこのカンティーナ・デル・ピーノ。バルバレスコ村のオヴェッロ地区に位置し、最も古い歴史を持つクリュであるオヴェッロ畑の一部を含めた6.5haの畑を所有するのみ‥という小さなアジェンダです。

現在のオーナー兼エノロゴは、若きレナート・ヴァッカ氏。まだまだ歴史は浅い生産者ではありますが、その2003年、2004年の村名バルバレスコがガンベロロッソ誌でトレビッキエリを獲得するなど‥躍進中のアジェンダです。

オヴェッロのクリュ名の付くバルバレスコ、村名バルバレスコ以外に、このランゲ・ネッビオーロとバルベーラ・ダルバ、ドルチェット・ダルバを‥そしてランゲ・フレイザなども各少量ながらリリースしています。

今回ご紹介するランゲ・ネッビオーロ2004は、ロレート畑(海抜300m:南西向き)から収穫されるネッビオーロ70%と、アルバーノ畑(海抜300m:南東向き)からのネッビオーロ30%からなるネッビオーロ100%のランゲ・ネッビオーロとなります。

いずれも石灰質の土壌で、仕立てはグイヨー。平均樹齢15年のネッビオーロで株密度は4000株/haとなっています。また一株あたりの収量は1kgと低く、ランゲ・ネッビオーロですら手抜かりはありません。

ステンレスタンクでの発酵とマロラクティック発酵のあと、ステンレスタンクと大樽を併用して熟成されます。二つの畑を合計しても僅か0.8haということもあり、生産本数は4000本のみ。

この土地で生まれ育ったレナート・ヴァッカ氏が、自らの目の届く範囲内で職人的に醸すネッビオーロ‥ピエモンテ州においても、小さいながらも、若く情熱を持つ新しい生産者が躍進する時代に入ったな‥と感じていただけると思います。そして、その作品は、葡萄品種や、その土地を素直に表現したピュアでエレガントなもの‥であることも‥。

輸入量も少ないので、毎ビンテージを扱えるかどうか‥はわかりませんが、この恵まれた2004年のランゲ・ネッビオーロで、ぜひカンティーナ・デル・ピーノの力量を計ってみて下さいね。ピエモンテ州の中で、ちょっと注目したい新しい生産者です。

まさに、この2004年のランゲ・ネッビオーロは掘り出しモノっ!!

これまた旨いやっ!!



独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味



近年では珍しくなった‥と断言していいのか?たまたまなのか?いわゆるブルゴーニュ型の撫で肩瓶ですが、見れば納得‥ALBEISA表記の共通瓶なんですね。今風に解釈すればエコ‥ですね♪このワインを扱うことに決めたひとつの理由にラベルデザインも…考慮しました。パールホワイトな上質の紙質は、見る角度によって光り方が違いますね。シンプルなロゴに、適切なフォント選びとサイズ‥うーん素晴らしいデザインだ‥プロダクトとして…美味しそう、飲んでみたい‥と思わせるラベルデザインは必須でございます。表記のアルコール度数は14度と、予想外に高め‥コルクは4.5cmと、長さこそ一般的ですが、キュっと絞まりのある上質なコルクがまた嬉しい。

今回は、ブルゴーニュ型の瓶型ということで‥グラスもヴィノムのブル型で‥やっぱネッビオーロだしね。

グラスに注ぎますと‥まるでピノ・ノワールのような‥薄い小豆色って感じかな?上から覗き込んで、手が透けて見えます。テカテカと照りもあって、これは非常に期待しちゃいますね♪香りも、まさにネッビオーロそのもので、赤いチェリーと、赤いベリー類の香りの中に、ミネラルと、緑のハーブの爽やかさが入り交じります。

ラズベリーとストロベリー、さくらんぼの競演が実にチャーミングな香りですね。この薄く感じる色調と、14度いうアルコール度数にギャップを感じながらも、その色調と、これらのチャーミングな香りは、方程式どおりなのであります。

しかし、香りの中に14度を感じさせる甘味もあるかな‥やっぱり。

口に含んでみますと‥

これが旨いっ!!

14度のアルコールのボリュームと、元々継ぎ目ない密度を感じる果実…それぞれの甘味が、甘味を増幅させる‥酸味の質のキメ細かさは上質で、中盤から終盤に向けてジュんわりとにじみ出てくるこの感覚‥

まったく舌に刺さないのは、アルコールのボリュームが角を丸くさせるのか?果実の旨味がそれをやわらげるのか?いや、どっちも‥。非常に舌触りがいいですね…甘味を伴うんですが、一歩手前の寸止めなバランス感覚…。

含み香にも、ハーブっぽさと、赤く濡れた白い花びらの香り。押し付けがましくない旨味がいいですねぇ‥やっぱり。やっぱりベリーフレーヴァーの紅茶っぽさも感じるなぁ‥きっと渋味‥タンニンと果実感に旨味が加わって、雑味がないと‥紅茶っぽく感じてるのかな‥。

エレガントにして、この度数を誇れば、モダンともいえる。ステンレスタンクと大樽の併用で、こんな感じになるのねー。ちょっと感心です。

実は、夏向けかも?との想像がありましたので、やや温度低めの14度からスタートしたんですが、これもドンピシャですね。いわゆる一般的な赤ワインの飲み頃温度からちょっと下げてあげると、夏はいいですね。無論、このワインの美味しい酸味がさらに‥そう感じさせるのかもしれませんが‥。

ライトローストのコーヒー豆と、豆腐屋さんの香りを足して二で割った豆っぽさ‥。

肉をくれ‥肉を‥赤身の肉をくれ‥そんな感じですなぁ。

単一葡萄品種ならでは、ストレート感がいいですねぇ!!

二日目です♪

色が濃くなるのは、お馴染みの現象‥ちょっとだけ干し肉っぽい野獣がガオーッ系の香りが薄らしました‥。初日よりも、温度を高めにしてるからかな?果実の香りは相変わらずイイですね♪甘味があるのに、ダレない香りですね‥口に含みますと、熟したプラム‥ちょっとだけリキュールっぽいプラムとプルーンのニュアンス‥色だけでなく、酒質自体が濃くなってますね‥。この二日目は、フルボディ…14度というアルコール感も二日目の方が強く感じてます。

出汁っぽい旨味と、フレーヴァーティーの風合いは初日よりも増した感じがあるかな。それにしても、最近、毒味するワインは、どれもみな、優しいな‥まろやかで、舌触りがいい。酸味が美味しいスタイルも同様‥でも、やっぱりサンジョベーゼとネッビオーロでは、また違った感じですね。こちらもジューシーなんですが、ジューシーさに違いを感じます。

あ…グラスは二日目もヴィノムのブル型ね。他のグラスでは試してませんが、このグラスがお似合いのはず…。モダンなフランスのピノノワール的でもあり、ニューワールドのピノノワールにも感じる…かも。

旨い。

このネッビオーロは掘り出しモノだ。

2004年だから‥という理由もあるんだろうが‥パルッソ以外のネッビオーロで旨味や出汁っぽさ‥紅茶のニュアンスをこれほど感じるのは久々‥。きっとカンティーナ・デル・ピーノは、西野嘉高に合うんだと思います。

三日目でごわす♪

香りが開いてるというか、濃密な果実の香りがふわ〜んと漂いますねぇ。香りにも、味わいにも、甘味があるんですが‥これがイイんだっ!!絶好調になめらかな旨いが出汁っぽいですね!!

もーこんなスタイル‥大好きっ!!

そこにちゃんとネッビオーロ味があるのが‥これまた最高っ!!

さて‥本日のワインの肴は‥ハンバーク。晩飯がハンバーグだったんですが、そこをケチャップ&ソースなソースではなく、あえて塩でっ!!今年から導入されたフードプロセッサーで、粗挽きされた肉が‥塩だと‥うーん合うっ!!

やっぱり、このネッビオーロは美味しい!!

カンティーナ・デル・ピーノ‥ちょっと注目しておきたいですね!!

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る