Bolgheri Superiore 2002 Grattamacco

トスカーナ州の赤

要チェック!Sale!Saldi!開催中!

更新履歴 2015/05/01
販売価格

6,980円(税込)

在庫数 SOLD OUT

※ログインしてお買い求めくださいませ。

ボルゲリ・スペリオーレ 2002 グラッタマッコ
《イタリア/トスカーナ/赤/カベルネソーヴィニョン、メルロ、サンジョベーゼ/フルボディ》

ボルゲリは、カスタネート・カルドッチで1997年に創業した老舗であるグラッタマッコ。2002年からモンタルチーノのポッジョ・ディ・ソットと同じくモンテクッコ地区の生産者コッレマッサーリの傘下となっています。ボルゲリの老舗ですが、所有するブドウ畑は14haと規模は小さい(サン・グイードが90ha、レ・マッキオーレが21ha、オルネッライアが97ha、グアド・アル・タッソに至っては300ha←さすがアンティノリ)。そのセパージュ比率は年号によって変化するようですが、カベルネソーヴィニョンを主体にメルロとサンジョヴェーゼのブレンドは今も変わらないようですね。ボルゲリながら、サンジョヴェーゼを混醸するところに、トスカーナの「血」を感じます。

最初にご紹介したのは2014年だったかな(遠い目)、その後再々入荷を経て、久々に再々々入荷となりました。今年は2016年あたりがリリースされる年回りかと思いますが、14年の追熟成を経た2002年がこのお値段をキープし続けているのが奇跡ですね。

もちろん、2002年はオフビンテージ。基本、優良年を扱いたい姿勢はご存知の通りですが、オフでもこれだけ安いならコスパは爆アゲで間違いありません。再々入荷で、トータル100本には満たないかと思いますが、50本以上は販売実績はあるはず。となると、そうそう、だいぶと前だけど飲んだわ‥なお客様も、久々にどうでしょうか?熟成の歩みを感じていただけるかもしれません。カベルネソーヴニョン主体のボルドーブレンド。だからこそオフでも価値ある一本に仕上がってるはずですよ。

さて‥状態は、再々入荷となりますが、毎度毎度、新同品的見た目はラベルとオレンジのキャップシール。一部は6本木箱で納品されましたので、基本木箱で寝かされ保管されていた模様。液面にややバラつきはありますが、経年相応から高い位置までと十分な量ですね。キャップシールは回るもの、回らないものが混在しますが、液漏れはないはずです。瓶底の凹みの澱もその量に瓶差はありますが、しっかりと沈む澱で、液体自体はとてもクリア、鮮やかでまだ深みもある赤は国際品種+アリアニコらしいですね。前回入荷時も1本飲んだのですが(当時の毒味は商品ページに)今回も1本ぷらいべーとで飲ませていただきます。ちなみに表記のアルコール度数は13度となります。

飲んでみました(2015年2月)

コルクは5cm弱。一番液面の低いボトルを選びました。コルク中盤まで染みていますが漏れはありません。グラスはヴィノムのボルドー型。カベルネの青さは皆無ですが、熟れ熟れのカベルネ系特有の「むーん(伊東四朗風で)」とした果実香が素晴らしく、思わず電線音頭を踊りそうなイキオイ。カーボン、インク、香りからしてカベルネ系の重さ、密度の高さが伺えます。少し火薬ちっくな硝煙反応、コンパウンド状のタンニンと、サラサラの酸。

口に含みますと、ポンとした甘味を伴うベリー系の果実味。若い頃はギンギンでしてんでえ‥と言わんばかりの落ち着き。加齢による華麗な丸みはまるで人間と同じですね。ああ、オレも少しは性格が丸くなったと言われたいものだが、丸くなったのは体だけでって…ウルサイわっ!

フランは入ってませんが、スパイス感にフランっぽさあるカベルネ。鉄っぽさはフランではないし、メルロとしても控えめ。硬さはほんとなくやわらかだし、しっとりとしている。ちょっと安過ぎやしませんか。飲んだら値上げしたくなる。

素晴らしいですねえ。13度というアルコール感がまた過剰演出がないんですね。酸の部分がどこかサンジョヴェーゼで、そこにイタリアを感じさせる。詳細はセパージュ比率は不明ですが、カベルネが過半数とは思えないし、メルロが占有しているとも思えない。サンジョヴェーゼは補助品種的ですが、最大で30%までかな。

ちっとも老ねてませんね。2002年でもまだ若いかもと思える。とても健全でキレイに熟成しています。

あ、ちなみにこのボトルは液面一番低め、キャップシールはその他ほとんど同様に回りませんが液漏れはありません。キャップシールの厚みが他のワインよりもありますね。数ミクロンの差かもしれませんが、素材も重みがあります。内側はシルバーなんですが何かコーティングされているっぽくそれがボトルネック内側にしっかり密着してるのが回らない原因かもしれません。

少し香ばしさがあり、スモーキーなニュアンスも。毛嫌いしていたわけではないが、カベルネってやっぱり熟れてからよね‥そして熟れたカベルネって、サンジョヴェーゼやネッビオーロとはもちろん違う、すばらし個性がある。そしておいしい。

なにもボルドーブレンドを醸す生産者がボルドーを目指しているとは言わないが、とてもボルゲリらしさがある。しかし、サンジョヴェーゼというトスカーナの血が混醸されているところにイタリアらしさもある。

まだまだ熟成可能なポテンシャルは十分だし、今飲んで十二分においしく楽しめるいいバイオリズム上り坂にあます。とても良い状態、ああ、8,980円もらえばよかった(懺悔)。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る