Boca Campo delle Piane 1985 Antonio Cerri / Le Maridiana

ピエモンテ州の赤

更新履歴 2012/01/20
販売価格

7,980円(税込)

在庫数 SOLD OUT

ボーカ カンポ・デッレ・ピアーネ 1985 アントニオ・チェッリ/ラ・マリディアーナ
《イタリア/ピエモンテ/赤/ネッビオーロ/ミディアム》


ボーカDOC(Boca DOC)は、ピエモンテ州はノヴァーラ県の極小さな地域。ヴェロネッリ誌2012年度版でボーカ地区の生産者を探しますと、アイ・ヴァッローニ(3.5ha)と、レ・ピアーネ(7ha)の二社のみが掲載されています。実際には、もう少し生産者はいるはずですが、これを見てもいかに小さな…マイナーDOCかがわかりますね。

DOC法では、1969年に制定されたDOCで、ネッビオーロ(スパンナ)を45%〜70%、ヴェスポリーナを20%〜40%、ボナルダ・ネヴァレーゼ20%までという規定。最低アルコール度数は12度、最低熟成期間は36ヶ月で、内木樽による熟成は24ヶ月と規定されています。ガッティナーラやゲンメの北隣となり、コッリーネ・ノヴァレージDOCに内包されているのが、このボーカDOCとなります。この地域には前述のガッティナーラやゲンメを始め、小さなDOCが密集している地域となります。

よくわかんないっすよねぇ‥うんうん、俺もよーわからんわ。

これだけのマイナーDOCとなれば、ほとんど輸入もされておらず、やはりテラヴェールさんが輸入するレ・ピアーネあたりしか思い付きません。で、そのレ・ピアーネの当主であるクリストフ・キュンズリ氏は元々は輸入に携わる仕事に従事していたそうです。しかし、ピエモンテやネッビオーロの個性が失いつつあることに危機感を感じ、1950年や1951年には、全くワインを生産できないほどの雹害にあい、タダでさえ衰退しており、一時期はその生産者が7社まで減少していたボーカDOCの再建に乗り出します。そのためにボーカに何度も通ったいた生産者がボーカ随一と言われていたアントニオ・チェッリだったんですね。彼のワインほあバローロにもひけを取らないと比喩されていたほどながら、病でワイン造りを断念、その跡を継いだ形で、ボーカの生産者となった経緯がございます。その後、キュンズリ氏は、特殊なマジョリーナ仕立て(2-3本の樹を棚作りにし、人が輪になって手を繋いでいるような様子に枝を仕立てる)や畑仕事も当時の手法を忠実に守っています。

ボーカDOCは、ピエモンテのワイン産地の北限に位置し、標高は500mを越えます。南風と盆地状に切り出された様な格好の特殊な地形によりオリーブの木やヤシが育つような温暖な気候でもある。アルプスから乾いた風が湿気を払い、昼夜の寒暖差が際立って激しい。その寒暖差は時として前述のように雹害をもたらすこともあるのだが‥。

アントニオ・チェッリ氏が自ら瓶詰めができなかったのが1995年‥その年から現当主のクリストフ・キュンズリ氏が継いだ形となるようっですが、アントニオ・チェッリ氏の名声を証明として、輸入元テラヴェールの資料には、イゾレ・エ・オレーナのパオロ・デ・マルキ氏の「どんな偉大なバローロよりも偉大なる個性を持っている」というコメントを引用しています(イゾレ・エ・オレーナはテラヴェールの輸入ではなくジェロボームの輸入)。実は、パオロ・デ・マルキ氏の出身はピエモンテなんですね。日本にも輸入されていますが、トスカーナでの成功後、実家のあるピエモンテはレッソーナDOCのワインをリリースしております。西野嘉高が訪問した際も、レッソーナDOCはテイスティングさせてもらいましたが、美味しいんですが、うーんさすがに売り難い‥^^;そこがマイナーDOCの問題点でもあり、本来はそのようなDOCも掘り下げて紹介せねばならないんですけどね‥。

つまり、レ・ピアーネのクリストフ・キュンズリ氏が、このアントニオ・チェッリを継いだのは1995年。その際に栗の大樽で眠っていた1984年、1985年、1987年のボーカを瓶詰め。1999年には1989年、1990年、1991年を瓶詰めし、アントニオ・チェッリの遺産を残す事になりました。そんな貴重なボーカの古酒が今回‥特別に日本に割当てられました。ビンテージは1984年、1985年、1987年、1989年、1990年、1991年の6ビンテージ。いずれも各60本のみだったようですすが、西野嘉高は1985年と1989年という80年代を代表する素晴らしい2ビンテージを少量だけですが確保しました。

1985年は1995年に瓶詰めされたわけですから樽で7-8年は熟成され、瓶で15年を超える熟成が施されています。1989年は1999年に瓶詰めですから、やはり樽で7-8年熟成され、瓶で10数年の熟成が施されています。現在、テラヴェールさんが販売しているレ・ピアーネのボーカは2002年と2004年、いずれも5775円(税込)の希望小売価格となります。今回の古酒はもちろん蔵出し‥。アントニオ・チェッリ氏が醸していた二度とないボーカの素晴らしい年号、古酒の価格設定が10290円(税込)は破格‥もちろん、まさか定価は頂きません‥

僕かぁ(ボーカ)好きだなぁ。


さて‥ラベルに堂々と記載されている"CAMPO DELLE PIANE(カンポ・デッレ・ピアーネ)"とは、畑の真ん中にある小屋の周りの総称だそうで、アントニオ・チェッリ氏の代のボーカにも、この名前が付けられていたそうです。Inmottiliato‥な瓶詰め業者の表記は"Az.Agr La Maridiana(アジェンダ・アグリコーラ・ラ・マリディアーナ)"と記載されています。こちらは、アントニオ・チェッリ氏の生産者としての名前なんですね。今回は、その名前ではなく、アントニオ・チェッリとして紹介しております。

さて、状態は‥もちろん蔵出しということで安心感はさらに増しますね。液面は揃って高い位置‥1995年と1999年の瓶詰めと‥瓶詰め後から10年超は経過しておりますので澱は結構な量が出ています。固まっていれば、とても澄んだ、透明度の高い‥いい意味で薄さがキレイなネッビオーロな色合い。澱が舞うボトルもありますので、飲まれる前にはしっかりと澱を沈め、静かにサーブ願います。もちろん、キャップシールはすべてのボトルでくるくると回り、液漏れはありません。さすがの蔵出し‥瓶越しに見てとれる液体に何ら心配はありませんね。白地のラベルは寄れ、捲れ、汚れがあるボトルもありますが、気にしない、気にしない。


【輸入元のテイスティング】
非常に澄んだキレイな明るい色調。これは健全な熟成を意味する。トマト、鉄、タバコ、なめし皮と複雑なニュアンスでまだまとまりがないよう。口中では一気に変化。質の高い酸とタンニンがこのワインを偉大なワインであるよう支えている。ボーカが素晴らしい土地であることを証明するかのようにミネラル感がワインの大切な要素であると主張してうるかのよう。ダイナミックなワイン。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る