Trebbiano Spolentino 2009 Perticaia

イタリアの白ワイン

更新履歴 2010/07/10
販売価格

2,580円(税込)

在庫数 SOLD OUT

トレッビアーノ・スポレンティーノ 2009 ペルティカイア
《イタリア/ウンブリア/白/トレッビアーノ・スポレンティーノ/辛口》



昨年の2008年大評判でしたっ!!トレッビアーノは‥所詮トレッビアーノ‥。というイメージを覆してくれたワインです。ウンブリア州は、ペルティカイアが醸すトレッビアーノ・スポレンティーノのクリアな果実とミネラル‥この2009年‥さらに素晴らしい出来栄ですっ!!

年始にペルティカイア社を訪問した際‥グイド氏曰く‥トレッビアーノ・スポレンティーノは、今飲んでも素晴らしいが、長期熟成向き‥10年熟成させて欲しい‥なんて仰ってましたが‥

お前も10年前のん持ってへんやろ!!

と、突っ込みそうになったのを記憶しています。確かに、飲めば‥熟成も可能かも?と思える酒質ですが‥既に、今飲んで美味しいし‥これを飲まずに、10年放置プレイする自信はないなぁ。



西野嘉高イチオシの生産者のひとつ‥ペルティカイア。何も‥渡伊の際に飯どころか宿までオゴってもらったから褒める‥薦めるわけではありません。西野嘉高の顧客であれば、一通りは経験済みかと思いますが、どのワインも‥素晴らしいのです♪

中部イタリアの古い言葉である[Perticaia]は、日本語に訳すと「鋤」なんて聞き慣れない言葉に辿り着きます。「鋤(すき)」とは、幅の広い刃に柄をつけた櫂(かい)状の農具で、手と足で土を掘り起こすのに用いる農具が由来です。

ペルティカイアの葡萄園が発足したのは2000年のこと‥(ファーストビンテージも2000年のようです)。同地区にある名高いサグランティーノの生産者であるコルペトローネや、スカッチァディアヴォリでの長年の経験を元に、葡萄栽培のみならず、ディレクターとして活躍していたグイド・グアルディッリ氏が独立し、興しました。もちろん、これまでも、サグランディーノ・ディ・モンテファルコに携わっていた彼にとって、夢の自身のアジェンダとなる約束の地は、モンテファルコ以外に選択肢はありませんでした。コルペトローネと同じく、ペルージャの南であり、モンテファルコ地区の東に位置すグアルド・カッタネオ地区に葡萄園を構えることになりますが、元々は、スカッチァディアヴォリが所有していた農園だったようで、当初はオリーブ園だった土地を開拓し、葡萄を植樹したそうです。

そんなペルティカイアの葡萄園は、海抜300m〜350mの緩やかな斜面の中腹に位置し、南西向きとなります。土壌は水はけのよい小石混じりで、石灰や粘土も混じる複雑な砂質だそうです。低いコルドンで仕立てられた葡萄達は、haあたり5500株の株密度で、ひとつの樹からは、7房〜8房までしか実をつけさせない徹底ぶりは、グイド・グアルディッリ氏自身がアグロノモと勤め、きっちりと畑で葡萄を見ているから成せる業なのかもしれません。

設立当初は、コルペトローネと同じく、エノロゴに名高いロレンツォ・ランディ氏を迎えてましたが、現在では、エミリアーノ・ファルシーニが担当しております。

現在は、モンテファルコ・サグランティーノとなる、サグランティーノが植樹された畑が7ha。モンテファルコ・ロッソとなる8haには、サンジョベーゼが60%、サグランティーノが15%、メルロが25%、その他、カベルネフランとコロリーノが植されており、最近取り組み始めたトレッビアーノの畑が1haと、2.5haのオリーブ園を所有しています。

まだ歴史も浅く、小さな生産者ではありますが、すでにグイド・グアルディッリ氏が長年働いてきたコルペトローネを、その評価(ヴェロネッリ誌)では抜き去り、今やアルナルド・カプライの次に来る生産者として位置づけられています。

そんなペルティカイア唯一の白ワインが、僅か1haの畑で栽培されているトレッビアーノ・スポレンティーノ種100%からなる辛口の白ワインなんですね。

トレッビアーノ種といえば、イタリア中部では馴染みの白品種ですね。大きく‥エミリア・ロマーニャ州での「トレッビアーノ・ロマーニャ」と、トスカーナを中心とする「トレッビアーノ・トスカーノ」に分別できるようですが、中川原まゆみ著「土着品種で知るイタリアワイン」には、このトレッビアーノ・スポレンティーノ種はどちらにも亜種として名がありませんでした。

ペルティカイアが位置するスポレート近郊のトレッビアーノは、トレッピアーノ・トスカーノに比べて収穫時期が10月末‥と遅く、完熟した状態でも酸度が6〜6.5%となるトレッビアーノとなり、長期熟成に向く‥と、言われているトレッビアーノをトレッビアーノ・スポレンティーノと呼んでいるようです。

南東と南向き‥海抜320〜350mの1ha(輸入元資料では1.5ha)の石灰質と粘土な土壌には、haあたり4500本の株密度で、トレッビアーノ・スポレンティーノ種が栽培されています。10月末に収穫された葡萄は、7度に温度管理されたステンレスタンクで、まずはコールド・マセラシオンを24時間施されます。15度〜16度(輸入元資料では17度〜19度)で、約15日間の発酵の後、そのまま約6ヶ月‥タンク内で熟成され、瓶詰めされます。

昨年の2008年の素晴らしさ‥ちょっとビックリしましたね。トレッビアーノでしょ?と‥。クリスタルのようなミネラルに、ピュアでクリアな果実‥。これまでのトレッビアーノの概念が変わるかもしれませんよ♪

期待の2009年がイヨイヨっ!!イイっ!!




独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味




ボトルは黄緑色のブルゴーニュ型瓶。ラベルはペルティカイア共通のイメージで、紋章代わりの「P」が重なるロゴは、このトレッビアーノ・スポレンティーノでは金色となります。(モンテファルコ・サグランティーノは青色、モンテファルコ・ロッソは赤色、ウンブリア・ロッソは緑色)バックラベルに記載のアルコール度数は2008年と同じ13度となりますね。コルクは、もうちょっと頑張って欲しい4.5cm。グラスは昨年同様にブルゴーニュ型からスタートしようと思ったのですが‥

割りました‥^^;(あかんやんっ!!)

家に帰るまでは、代わりがないもんで、オヴァチュアでスタートです。昨年同様‥それほど色が濃い訳でもありません。一滴の黄緑を加えた、やや濃い目の麦ワラ色程度‥ですが、透明度は抜群。表面はキラキラと光ります。

やはり最初の香りは、ステン仕上げのシャルドネを彷彿とする感じ。柑橘は熟したグレープフルーツの皮、熟しきらないパパイヤ、ビワ、薄めたパイナップルジュース、清々しいハーブ香がアクセント。熟しきらない、フレッシュなトロビカルフルーツの皮と果汁。ほんのりと‥ほんの、ほんのりと甘味のある香り。

口に含みますと、攻殻機動隊なミネラルに張りを感じますが、中盤から沸き上がるような酸味は豊富でフレッシュ。ミネラルは非常に冷ややかで金属的な舌触り、その金属を溶かすように酸が、攻殻から滲み溢れる。

トレッビアーノ・スポレンティーノ。晩熟な品種ながら、この酸味のレベルは異次元。その酸味の細やかさ‥素晴らしいですね。含み香に微粉のラムネ、いつまでも輝きを放つミネラル。ミネラルな攻殻がゆえに、表面に固さはあるが、決してトゲトゲしいわけではない。8000番以上の耐水ペーパー‥最後にはさらに‥なコンパウンドで磨き上げられたサーフェイスを持つ。

酸味にリンクする苦味は少々。温度がちょっと上がってくると、柑橘の色が濃くなってくる。酸味の輪郭も穏やかになるが‥やはりジューシーに広がります。酸と果実味の関係‥というバランスがこのワインは凄いんですよねぇ。もちろん、仲人としてミネラルが介在するわけです。酸と果実味という具材をミネラルというクリアなゼリーで寄せてある感じ‥かな。

酸味の音域‥レンジの幅が広いんですよね。全域を網羅しています。西野嘉高はアンプだのスピーカーだのは疎いのですが、きっと素晴らしい機材で聞く音響なんでしょうね。

オヴァチュアでも美味ですが、白にして‥これだけの構成感を感じさせると、もっと大きなグラスで飲んだ方がいいかな?

二日目です。グラスはブルゴーニュ型にしました。レモンイエローに黄緑が射します。さすがに表面積が広い分‥鼻に飛び込む香りの量は‥ハンパねぇ〜。清々しいステン仕上げのシャルドネちくっくな果実香には、冷蔵庫で良く冷やした二十世紀梨の切りたて‥な、シャリっとした梨の香り、レモンキャンディ。

口に含みますと、うん‥やっぱり旨い♪2008年同様にミネラルも感じますが、果実の熟度の高さは‥さすが2009年です。やはりブルゴーニュ型グラスの方が似合います。大きなグラスでも負けないんですよね。

キラっとしとるなぁ。旨味もあって、酸味もあって‥。酸味の広がりにラムネのヒント。温度が徐々に上がってきましたが、低温の柑橘の風味が旨味のある酸味と相まってジューシー極まりない。

三日目まで引っ張りました。やさしさが出て来ますが、酸のレベルは上質かつ十分。やっぱり好きだわ‥このワイン。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る