Langhe Nebbiolo 2017 Giuseppe Cortese

ピエモンテ州の赤

要チェック!Sale!Saldi!開催中!

更新履歴 2020/07/07
販売価格

2,580円(税込)

在庫数 SOLD OUT

※希望小売価格 4,180円税込→通常特価 3,480円税込 →終売価格 2,580円税込
2020年7月13日(月)10時半更新:初回入荷分60本が完売しましたので、追加割当分12本追加UPしました。

ランゲ・ネッビオーロ 2017 ジュゼッペ・コルテーゼ
《イタリア/ピエモンテ/赤/ネッビオーロ/ミディアム》

ピエモンテ州はバルバレスコ地区に約8haのブドウ畑を所有する小さな造り手がこのジュゼッペ・コルテーゼ。1971年の創業で、現在は三世代目となるジュゼッペの子供であるピエル・カルロとティツィアナが中心となり、義理の息子であるガブリエーレも加わった家族経営の生産者となります。

所有するブドウ畑は合計8haと小さな規模。バルバレスコになるネッビオーロのほとんどはラバヤの区画にあり、シャルドネやドルチェット、バルベーラはトリフォレラの丘に畑を持ちます。姓はコルテーゼですが、コルテーゼ種は作っいません。

他のピエモンテの生産者同様にドルチェットやバルベーラも醸しますし、ネッビオーロは、ランゲ・ネッビオーロとバルバレスコ。バルバレスコは村名と、ラバヤのクリュを基本とし、良年のみラバヤ・リゼルヴァが詰められます。コルテーゼが所有するラバヤのクリュは約4haで平均樹齢50年とのこと。

ジュゼッペ・コルテーゼのランゲ・ネッビオーロは比較的樹齢の若い区画、樹からのネッビオーロが使用され、平均樹齢は約15年。ステンレスタンクで約30日間という長期の醸し発酵の後、17hlから25hlのスラヴォニア産の大樽(新樽から8年、9年落ちの古樽まで)で12ヶ月の樽熟成後瓶詰め。

独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味

公式サイトの画像と見比べるとラベルデザインがこの2017年は新しくなっていると思われます。これまでもなんとも表現し難いシックな色使いに、奇を衒わないラベルデザインでしたが、少しラベル地が真っ白ではなくどこか黄色が入った白ですが、明るくはなりましたね。ALBEISAの共通瓶ではなく、ボルドー型瓶。コルクはまあまあの4,5cm、グラスはザルトのユニバーサルと迷いましたが、アルコール度数も14度あるので、ヴィノムのブルゴーニュ型にします。ネッビオーロらしい色合い、少し血のような深みのある赤。軽く樽の風味も感じますが、果実香はとてもピュアで開いてますね。単一品種ですが、思った以上にレンジが広い果実香。香りにイキオイもありますし、少しの甘味を感じる果実香に未熟な香りはありません。

口に含みますと、うん、ネッビオーロらしい枯れとしっとりを両立する茶葉系の風味がありますね。ロエロのようにバラ系の花は強くありません。あくまでもフルーツの香り。2017年とまだ若く、酸味に新鮮さも残っていますが、質が高いですね。果実味をぐいぐいと引っ張り、広げてくれる酸味。しっかりとし、上質な渋味もありますが、とても飲みやすい。14度はあまり感じさせません。うん、おいしいじゃないですか。バランスもいいし、味、香りともに余韻も十分にある。

ネッビオーロに乾きを感じるのは、その渋味由来の茶葉系の要素などが主体となるんだけれども、このランゲ・ネッビオーロは果実味も豊富で、乾きの要素もあるけれども、ギシっとしていませんね。果実の熟度は感じますが、過熟感はありません。渋味やそれ由来の乾きは、終盤に増して感じるタイプですね。もちろん、これはグラスの中で進む酸化や、二杯目、二日目などの時間経過により酸化やまとまりなどなどの要因で色んな表情をみせてくれると思いますよ。甘味の密度もありますね。ここらへんは14度というアルコールに由来する部分もあると思いますが、ちっとも邪魔じゃない。

二日目はザルトのユニバーサルにしてみましょう。より果実の香味が密ですね。しっかりと深みを感じます。終盤にネッビオーロらしい乾いた渋味も出てきましたが、果実味がたっぷりで酸味とともしっとりさがありますね。ミディアムボディとしていますが、密度のあるフルーツ、甘味な旨味があり、出汁感が強く飲み応えがありますね。二日目もバランス良好、この価格ならこれは売れるわ(実感)。ネッビオーロってグラスで濃さの(語弊あり)調整が利きやすいですね。ブルゴーニュ型のようなボウル形状だと上品で、繊細な感じ、決して小さいわけでもないけれども、ザルトのユニバーサルだとぐっと果実味の密度が上がります。

三日目はヴィノムのブルゴーニュ型に戻します。なるほど、ようやくローズヒップティー系のバラの華やかさも前に感じるようになりました。要素としてはもちろんあったはずですね。飲み口おだやかで好バランスなのは相変わらず。旨味があり、コク味すら感じるのは14度のアルコールも手伝うのかもしれませんが、飲み応えがありつつも過剰な演出はないのがいい。終盤に苦味を伴ってツーつとゆっくり消えていくのも飲みやすさか。おいしいですね。なんつってもこのお値段ですから、自ずとコスパ絶好調。夏のデイリーな赤としても使える

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る