Redimore Irpinia Aglianico 2015 Mastroberardino

カンパーニャ州の赤

更新履歴 2018/03/08
販売価格

2,480円(税込)

在庫数 残り僅か 4本です
購入数

レディモーレ・イルピニア・アリアニコ 2015 マストロベラルディーノ
《イタリア/カンパーニャ/赤/アリアニコ/フルボディ》


カンパーニャ州の歴史ある生産者と言えばこのマストロベラルディーノを差し置いて他にありません。1750年頃からワイン造りに携わっていたようですが、マストロベラルディーノとしての創業は1878年だとか。元々はベラルディーノという名前だったそうですが、二代目の当主であるピエトロがマストロ=マエストロ=名匠の称号を得てからはマストロベラルディーノという名前になったそうです。

近年、カンパーニャ州に置いても国際品種への移行は少なからず…な状況ですが、徹底してカンパーニャの土着品種にこだわるのもマストロベラルディーノの姿勢ですね。フィアーノ・ディ・アヴェッリーノDOCG、グレコ・ディ・トゥーフォDOCG、そしてタウラジDOCGもマストロベラルディーノあってこそ‥と言えます。

そんなマストロベラルディーノのタウラジではない赤、アリアニコ種をより楽しんでもらうためのワインがこのレディモーレ。マストロベラルディーノ的には「CRU」のラインにカテゴライズされています。

「Redimore(レディモーレ)」という名前は「ベリーの王様」を意味すると正規輸入元資料には記載がありますが何かどうなんだかはわかりません(方言なんですかね)。

イルピニア・アリアニコDOCを名乗り、収穫されたうアリアニコはステレンスタンクでのアルコール発酵と、マロラクティック発酵。新樽100%のバリックで12ヶ月の樽熟成後瓶詰めされます。


独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味


ボトルは近年のマストロベラルディーノらしいボトルネック長め、スラリとしながらもしっかりとした凹み、ややマッチョな瓶型。ラベルも近年リニューアルされたデザインになりましたね。このレディモーレは馬に乗った騎士が杯を持ってこっち見んな!
な、感じです。コルクは、もうひとがんばりしてほしい4.5cm、グラスは新樽バリック100%、表記のアルコール度数13.5度というよりもアリアニコというタニックな品種を思ってヴィノムのボルドー型にしてみましょう。ということで表記のアルコール度数は13.5度となります。

アリアニコらしい色の黒さ、エッジのピンク紫からの暗黒はやっぱり見た目はカベルネに見えちゃいますね(ブラインドの時は色からの情報でアリアニコも可能性あり…としなくちゃね)。少し鉄分を感じる果実香は、ベリーベリー、トリプルベリー。少し皮がカブトムシ色のチェリーっぽさ(アメリカンチェリー)もあるかもしれない。新樽バリックは決して派手ではないが、やわらかな樽香があり、少しの香ばしさも感じる。ただ、果実香主体なのは変わらないし、香りから、実は食中酒的であり、ドを越すような濃さ推しではないのも伺える。

そんなブドウ皮のスパイスはほんのりと甘味を帯び、穏やかな旨味、酸味も渋味も豊富ながら、結構丸みを感じますね。トスカーナの2015年同様にバランスに秀でておりとても飲みやすい。これまでのビンテージも(実は、ちょくちょく飲んでる)それほど濃さ推しではない酒質ですが(新樽バリック100%と聞くと濃いかも?と想像するんだけれども)、どこかミネラルの瑞々しさがあるので、ミディアム+とも言えるし、13.5度というアルコールのボリュームに頼るわけではないボディ感は飲みやすさ優先でとてもいいですね。

奥底に潜むのはスミレに似た、でも否なる花。アリアニコという土着品種らしい地味もあるが、決して癖ではない。南イタリアの田舎のワインではなく、スタイリッシュに仕上がっていますね。あれ、こんなに旨かったかな。この価格帯だと、キャンティ・クラッシコあたりと競合しますが、あたしの選ぶそれらと遜色の無い(赤ワインとしての)出来栄。もちろん、品種特性はアリアニコですね。

ほろ苦く、ほろ甘い。ほどよい旨味。

二杯目です。うん、古臭くはないですね。もちろん、バリバリモダンなわけでもないし。新樽バリック100%なんてオーバースペックにも思えましたが、思った以上に樽のコントロールもできていてすんなりとまとまっています。こういうストレスのない、スムーズなワインがあたしは、今好きなんですよね‥これも加齢かもしれませんが。

二日目もヴィノムのボルドー型。やはりアリアニコへのアプローチはカベルネと似てると思うんですよね。タニックだしね。そういう意味でも新樽100%のバリック熟成も悪くない。もちろん、タウラジは大樽でじっくりやんけー!ですけども。でも、アリアニコ100%ですがタウラジじゃないのをこういう造りで仕上げると若い内からもとても飲みやすくおいしい。

で、二日目はさらに香り高く開いていますね。スミレやバラ、どちらでもないがフラワリーな香りと、熟したベリーの果実香もいい。新樽バリックとはいえ、決してバリバリバリックではもない。樽香はとても効果的ですね。初日よりも重く、深みを増した飲み口。やはりタンニンがギッちりしていますよ。溶け込みながらも張りのあるミネラル。こういうタイプはやはり炭火で焼いた肉がいいですね。やはり牛肉がイイと思うんだけれども、焼き鳥もいいかもしれない。

三日目もヴィノムのボルドー型。これぐらいのグラスがるといいですね。よりおおらかに果実味を楽しめますし、渋味由来の構成感もしっかりと感じます。骨格っちゅーやつですね。果実味はよりまろやかになってきました。うまいねえ。余韻も十分に長い。もちろん酸味も良質だけれども、渋味を中心としたベリー系果実、揺るぎない構成、カチっとしてるのは硬さというよりもスタイリッシュなまとまり。トスカーナIGTよりも硬派な感じだな(うん、硬さがおいしい)。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

follow us in feedly feedlyにRSSを登録する
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る