Chianti Classico Gran Selezione San Lorenzo 2015 Castello di Ama

トスカーナ州の赤 > Ama

更新履歴 2021/01/13
販売価格

5,980円(税込)

購入数

キャンティ・クラッシコ・グラン・セレツィオーネ・サン・ロレンツォ 2015 カステッロ・ディ・アマ
《イタリア/トスカーナ/赤/サンジョヴェーゼ80%、メルロ13%、マルヴァジア・ネラ7%/フルボディ》

1972年の創業‥当主となっているロレンツァ・セバスティ女史の夫で醸造家を勤めるマルコ・パッランティ氏は1982年から参画したそうです。ガイオーレ・イン・キャンティ地区の優れた生産者であるのはご存知の通り。メルロからなるラッパリータを代表とする国際品種からなるワインも醸していますが、単一クリュを名乗るキャンティ・クラッシコは歴史が古いですね。

2010年からキャンティ・クラッシコ・ゴラン・セレツィオーネがデビューしたのを機にアイテムの再編がございました。現在、カステッロ・ディ・アマがリリースしているキャンティ・クラッシコは5種類。うち3種類は、キャンティ・クラッシコ・グラン・セレツィオーネDOCGとなり、アマと言えば‥な、サン・ロレンツォ、ベッラヴィスタ、カスッチャのクリュを名乗ります。そして、キャンティ・クラッシコ・リゼルヴァDOCGが1種類と、「アマ」の名前を冠するスタンダードなキャンティ・クラッシコDOCGが1種類となります。他にはラッパリータなどのIGTも複数、ロゼ、シャルドネ、ピノ・ネロなんかもリリースしております。

今回ご紹介するのはCCGS三種類の中でも一番お手頃価格となるサン・ロレンツォ。実は「ベッラヴィスタ」と「カスッチャ」に関しては、商品名の前に「ヴィニェート」と付くんですよね。つまり、その二種類はクリュ名となりますが、この「サン・ロレンツォ」はクリュ名ではないんですね。サン・ロレンツォは畑ではなく、サン・ロレンツォ峡谷が由来で、ベッラヴィスタ、カスッチャ、一応サン・ロレンツォ、モンテブオーニの各クリュのブドウの混醸になっております。


標高460mから525mの渓谷、石灰質土壌。収穫されたブドウは品種ごとに醸造されます。30度から33度に温度管理されたステンレスタンクでのアルコール発酵期間中は1日に何度かルモンタージュが施されます。醸しはサンジョヴェーゼで22日、メルロで25日、マルヴァジア・ネラで26日と香味を引き出します。澱引きを経てマロラクティック発酵。マロラクティック発酵の後アッサンブラージュして12ヶ月の樽熟成。新樽比率22%でバリックとの記載はありません。ワイン・アドヴォケイト誌95点、ヴィノス92点、ジェームス・サックリング95点の高い評価。

独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味

ひとめでカステッロ・ディ・アマとわかるラベルデザインですね。CCGSであることや、表ラベルに生産本数なども記載されていますので、情報量の多さと高級感もありますね。肩部分には凸モールドのあるオリジナル瓶なのでなおさら。コルクはなかなかの質の5cm、表記の生産本数はフルボトルで89,780本と結構な数ですが、ナンバリングもあるんですよ。グラスはヴィノムのブルネッロ型、表記のアルコール度数は13,5度というのがアマらしいですね。

泡まで赤い、比較的暗く、黒い色調ですが、このワインはサンジョヴェーゼの比率は80%となりますね。マルヴァジア・ネラの混醸はいかにもアマらしい。樽の風味も手伝って、豆々しい小豆のほっこりした香り、13%のメルロも効いてるますね。少しドラキュラ系の香りがありますし、サンジョヴェーゼ100%ではない‥というのも簡単に理解できる果実香です。少し温度が低めなのですが、香りはしっかり開いてますね。萎縮感はありません。

口に含みますと、あら、やだおいしい!(少し温度が低めなので)ミネラルに冷たさを感じますが、非常に果実味が熟れてますね。くどくはないが質の高い旨味があり、これまたいやらしくない甘味。少し重心が低めでみっちりとした密度感のあるフルボディで口の中での満足度、そして質が非常に高い。数年前に、2006年のCCR・コレッツィオーネ・プリヴァータという限定ボトルを紹介したことがあるんですが、それが蘇りましたよ。アマらしいキャンティ・クラッシコの表現で、メルロや、マルヴァジア・ネラの混醸も複雑さに寄与しつつも、うまくまとまってますね。お値段はCCGSに相応しいものですが、この質のワインをほぼほぼ9万本を造れるというのは賞賛に値します。極少量のワインを丁寧に造るのもすばらしいですが、安定して高品質のワインを大量に(語弊あり)造るのもすばらしい。語弊ありありですが、ボルドーワインと同じですね。

メルロを意識し過ぎることはありませんが、鉛筆の芯のようなタンニン、刺々しくない酸味。含み香にも樽の木質な気質があり、余韻も非常に長い。ベッラヴィスタの2015年が28,000円税別ですからね。このサン・ロレンツォの6,500円税別はなおさらコスパ高いですね。これでも十分、アマらしさ、キャンティ・クラッシコの美味しさを実感していただけるはずです。果実味がピュアですね。チェリー、ベリー系の果実はまったく汚れがない。そういう意味ではフルーティーさが際立つ。ただし、一般的にフルーティーなワインって、軽いワインに用いられそうですが、こちらはしっかりフルボディですよ。

二日目もヴィノムのブルネッロ型。このグラスでもぜんぜん負けてませんというか丁度いいぐらい。ブルネッロはもちろんだけれども、弊社で扱うキャンティ・クラッシコはほぼほぼサンジョヴェーゼ100%なので、こういう混醸のキャンティ・クラッシコが逆に新鮮に感じますね(昔はみな混醸だったのに)。メルロ由来のカシスなどの香りもあるし、マルチセパージュならではの複雑さがある。香りは初日同様に開いていて、飲み口のまとまり、馴染みもとてもいい。サラっと乾いた渋みと、果実味の葉脈のような酸味の行き渡りがあり、構成感もばっちり、ユルくはないが硬さは(少し低めの温度だから目立つ)ミネラルぐらい。今十分飲めておいしい。カステッロ・ディ・アマはキャンティ・クラッシコの復権を目指す中心メンバーのひとつなんだけれども、いい真面目さがありますね。

タンニンもしっかり感じるので、炭火で焼いた赤身肉でもいいし、豚肉もいい。トリッパなどトマトソースな惣菜に、サラミ類だってバッチリ合いそう。ワイン単体でも飲めますが、そこはなんかお料理が欲しくなる酒質ですね。

三日目もヴィノムのブルネッロ型。サンジョヴェーゼ80%に、メルロが20%だと、アマの考えるCCの定義から離れるのかもしれませんね。CCに混醸される伝統的な補助品種といえば、コロリーノにカナイオーロではなくマルヴァジア・ネラなんだからこれも面白い。伝統的に良いマルヴァジア・ネラの畑を所有しているのか、それとも‥?三日目のさらなるまとまりと馴染みですが、タンニンの甘味がこれまたピュアなんですね。果実味は未熟さは皆無ながら、どこか新鮮で腐敗がない。アマはアルコール度数もええ塩梅ですね。13,5度だなら物理的に(語弊あり)飲みやすくスムーズ。やっぱり、この完成度が凄まじいですね。2015年のバランスの良さ、最高じゃないですか!

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る