Brunello di Montalcino 2015 Le Ragnaie

トスカーナ州の赤 > Montalcino

更新履歴 2021/01/07
販売価格

8,980円(税込)

在庫数 残り僅か 16本です
購入数

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ 2015 レ・ラニャイエ
《イタリア/トスカーナ/赤/サンジョヴェーゼ/フルボディ》

設立は2002年とこの地区では非常に若い造り手のひとつ。当時29歳だったリッカルドとジェニファー・カンピノーティが運営する。
アジェンダはモンタルチーノ地区でも最も標高の高い600mのパッソ・デル・ルーメスペントの近くにあり、他にカステルヌォーヴォ・デッラパーテ地区やモンタルチーノ中西部に畑を所有しています。

購入したアジェンダは1991年に創業しており、1968年植樹の古樹も。2005年にはカステルヌオーヴォ・デッラバーテ地区、マストロヤンニにすぐ側のフォルナーチェのクリュを、ポッジオ・ディ・ソットに近いラ・カノーヴァを、2015年には北東の著名な地区、モントソーリ地区の畑も所有しています。現在リリースするBDMは、このアンナータ、クリュのフォルナーチェ、古樹から造るヴェッキエ・ヴィーニェの三種類。今後(来年かな?)からはモントソリのクリュブルネッロもリリースされる予定のようです。栽培はオッタヴィオ・テンペリーニ、醸造はマウリツィオ・カステッリにいコンサルタントを依頼。このアンナータは所有する複数のクリュからのブドウを混醸したもの。

醸造は基本的には、54hlのセメントタンクでのアルコール発酵、ビンテージの良し悪しによって変わるが、60日から90日間のマセレーションを行います。熟成は25hlから32hlのスロヴェニア産の大樽で36ヶ月。

独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味

このアンナータは白ラベル、クリュや、ヴィエイユ・ヴィーニュは黒地のラベルになるようです(たぶん)。シンプルなラベルですね。網を広げているようなマークがありますが、何かは知りません(調べろよ)。コルクはまあまあの5cm、グラスはヴィノムのブルネッロ型一択です。色調に違和感はありませんね、これぞブルネッロなサンジョヴェーゼの色合い。つまり濃すぎないとも言えますが‥。香りもブルネッロらしい果実香、この甘過ぎない甘味の果実香がいいですねー。全体的に穏やかで、きっと口に含むと旨甘味を感じるんだろうなあ‥を想像。そう、香りからはトゲトゲしさを感じませんね。あ、ちなみに表記のアルコール度数は14,5度となります。

口に含みますと、うん、これは好バランスだなあ。詰めたような濃さはありませんが、14,5度も感じさせない。しっとりと、ながら、ハリのある果実味で、味わいも香り同様に甘過ぎない。思ったほど旨味はまだですが、これも時間の問題ですね。タンニンもやわらかく、角の取れた酸味、余韻も長いですね。王道のブルネッロらしいサンジョヴェーゼの香味を持ちます。いやあ、完成度高いですね。2015年らしさがあります。何度か書いてますが、完成度、バランスの良いワインは印象に残るワンポイントも感じにくいので、なんか特徴がないような印象を持たれがちですが(突出したワインポイント推しではないからね)、バランスの良いワインというのはこういうのなんですよね。そして、何も突出した要素は必要がない‥と、感じてもらえると、こういうビンテージもすごく楽しめます。

華やかさもあるんですよ。サンジョヴェーゼらしいスミレはもちろんですが、もうひとつ‥何かなあ。紫に濡れた白い花のようにも感じますね。少し温度が低めなので、ミネラルもよく感じますね。決して固過ぎはしません。やわらかながら、いい粉っぽさのあるタンニン、

二日目もヴィノムのブルネッロ型。よく香りが開いてますね。モンタルチーノ地区ではありませんが、イゾレ・エ・オレーナのサンジョヴェーゼに少し似てます。いい意味で血、鉄分(酸化はしていない)を香りに感じるんですよね(これもミネラル)。二日目は、香りも味わいもより開いていて、一段ギヤが上がった感じ、そして、一段深み、旨味がでていてめっちゃ旨いですね。差し迫るような力強さというよりも、低い重心で、どーんと構えた大人な感じ。それにしても完成度の高さ、バランスの良さを感じますね。正攻法、真っ正面のブルネッロです。14,5度のアルコールもいいし、決して真面目だけではない甘味や旨味もあって‥こういうとこもいいですね。

三日目もヴィノムのブルネッロ型。初日よりも断然、二日目、三日目がいいですね。空気を含むことによるなめらかさ、ふくよかさ、含むものがあるからこそ、開く作用があるように感じます。樽の風味もありますが、やはり果実の香味がたっぷり、ミネラルに、少しスパイシーな風味、サンジョヴェーゼのおいしいところだけ、ブルネッロらしい香味がとてもいい。甘味のある渋味もとてもきめ細やか、酸味もイガイガすることのない良質なもので、伸びがいいですね。

うん、ワイン単体でも楽しめるほんのり甘味の果実味もありますが、ここはやっぱり肉が欲しいですね。ビステッカがあればいいし、デミソースあっさりめのタンシチューなんかもいいかもしれません。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る