Chianti Classico 2015 Tenuta di Carleone

トスカーナ州の赤 > Chianti

Tremilla Yen di Vino Italiano :イタリアワイン三千円

更新履歴 2018/10/22
販売価格

3,000円(税込)

在庫数 SOLD OUT

※初回入荷60本完売しました。
※2018年11月10日13時半更新:12本追加しました。



キャンティ・クラッシコ 2015 テヌータ・ディ・カルレオーネ
《イタリア/トスカーナ/赤/サンジョヴェーゼ/フルボディ》


生産者名としては「テヌータ・ディ・カルレオーネ」の表記となりました。元々、テヌータ・ディ・カルレオーネは2012年にオーストリア出身の兄妹がラッダ・イン・キャンティに興したアジェンダで8.5haのブドウ畑から、約25,000本のワインと、5haのオリーブ畑からオイルを産出していました。彼らのワイン造りのアドバイスを行なっていたのが、当時リエチネで
ワインを造っていたショーン・オキャラハンなんですね。2014年産のワインは実質的にショーンによって生まれたワイン。リエチネを退いた2016年の秋以降、ショーンは、テヌータ・ディ・カルレオーネのアジェンダを間借りして、自らの名前でイル・グエルチオ2015年を誕生させたという流れです。その縁もあって、さらに親密になったことから2017年からは正式に醸造長に就任、ショーン自身の名前でリリースしていたイル・グエルチオも、生産者名としてはテヌータ・ディ・カルレオーネでリリースするに至ったというわけです。きっとそういた方が色んなことがスムーズだったんでしょうね。個別にするとなにかとややこしいかも‥と想像に容易い。

現在、テヌータ・ディ・カルレオーネとしてはラッダ・イン・キャンティ地区に4ヶ所所有する合計8.5haの畑以外にラッダに近いながらも行政区画としてはカステルヌォーヴォ・ベラルデンガに位置する2ヶ所合計10haの契約畑。ガイオーレ・イン・キャンティ山頂付近の2haのメッロの契約畑からのブドウからワインを造っています。


 ■Pianvecchio=ピアンヴェッキオ(1ha)

 ラッダ。標高450m。北向き斜面。粘土質とガレストロ。
 2017年に植樹したリースリングとグリュナー・フェルトリーナ。

 ■Castiglioni=カスティリオーニ(2,5ha)

 ラッダ。標高450m。北向き斜面。アルベレーゼ、ガレストロ、粘土質。
 平均樹齢15年のサンジョヴェーゼ。

 ■Cettine=チェツティーネ(3,0ha)

 ラッダ。標高450m。南向き斜面。砂質、ローム。
 平均樹齢40年のサンジョヴェーゼ。

 ■Tana dei Lupi=タナ・デイ・ルピ(2,0ha)

 ヴァルアーリ。契約畑。標高350m。南向き斜面。粘土質、ローム、アルベレーゼ。
 平均樹齢20年のサンジョヴェーゼの他にカベルネ・フラン、メルロもあるがサン
 ジョヴェーゼに改植予定。

 ■Santa Valeria=サンタ・ヴァレリア(8.0ヘクタール)

 ヴァルアーリ。契約畑。標高550m。南向き斜面。粘土質、ローム、アルベレーゼ。
 平均樹齢20年のサンジョヴェーゼ。

 ■Mello=メッロ(2.0ha)

 ガイオーレ。契約畑。標高700m。南向き斜面。砂質、ローム。
 平均樹齢10年のサンジョヴェーゼ。


カルレオーネのCCは、ラッダに所有する4ヶ所の畑を混醸するサンジョヴェーゼ単一。4ヶ所すべての畑の標高は450mで、実はうち2ヶ所の畑はモンテヴェルティーネの真向かい(だから‥という訳ではないが)。最高29度を超えないように温度管理されたステンレスタンクとキューブ型のセラミック製タンクで40日間の醸しとアルコール発酵。セラミックタンクで熟成させたキュベと、3年落ちのフランス産のトノー樽で18ヶ月の樽熟成させたキュベをブレンドしているそうです。フルボトル13,200本、マグナムボトル554本。


独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味


ラベルはイル・グエルチオを含め、テヌータ・ディ・カルレオーネらしいシンプルかつセンスの良いもの。真っ白地のラベルの紙質もいいですね。CARLEONEの「CAR」の意味は存じませんが、紋章的なロゴにはゴジラと狛犬を足して2で割ったあとにプジョーっぽいポーズをキメたライオン(Leone)が描かれておりますので、Car(車)+Leone(ライオン)でプジョーなんだろうな‥と想像しています(違う!)。ラベルは全体的に前田あっちゃんのような顔面センターで余白多めですが、これはこれでいいんですよね。ラベル向かって右下にショーンのキャラクター(?)でもある、「片目野郎」が凸モールドで描かれています。キャップシールはオフブラックですがシール頭に筆記体のエルの文字のアクセントもいいですね。ガッロネロのマークはバックラベルに。なお、バックラベルのテクニカル情報との差がありますが気にしない、気にしない。温度管理と申しましても、29度を超えないように‥程度で、長期の醸しと発酵が特徴になるでしょうね。スタンダードなキャンティ・クラッシコを名乗りますが、醸しと発酵の期間、樽(またはタンク)熟成の期間、瓶詰めされてからリリースされるまでの瓶熟成期間を思うと、リゼルヴァを名乗れるスペックはあるかもしれません。コルクはもうひとがんばりの4.5cm、グラスはヴィノムのキャンティ型、ちなみに表記のアルコール度数は13度となります。


予想通り、濃さの演出はありません。サンジョヴェーゼらしい赤色は、キレイに向うが見透かせるルビー色です。まあ、これぞザ・サンジョヴェーゼという香りですね。チェリーの果実香とスミレのスパイラル、小さな赤いベリー達の共演。少しスパイスや、果皮の風味がありますが、果実香は健全かつピュアなもの。樽香もとても上品ですね。香りからはすでに完成されている雰囲気。よくよく考えると、2015年なんですよね。他の2015年のサンジョヴェーゼも同じく「バランスの年」だと思います。もちろん、コジンマリではありませんが、大きさや強さという意味での優良年ではなく、あくまでもバランスの年。そんなバランス感覚、

口に含みますと、ふわっふわの輪郭はやさしい張りがありますね。野生のチェリーやベリーのスパイスを伴う香味があり、豊富ながらエグくない酸味、十分な密度感がありますね。樽由来か、少しコーヒー豆的なニュアンスと、木質な気質もありますが、いいやわらかさがありますね。長期の醸し発酵の恩恵かもしれませんね。穏やかに酸化熟成した感じがあります。すでに、旨味もほどほどにあり、旨味が甘味に感じる程度の甘味。落ち着いていて、いますぐにおいしい状態です。

二杯目はグラスを変えてみましょう。ヴィノムのブルネッロ型です。香りの量はマシマシなのは表面積と液量が増えたからでもありますが、やっぱり大きなグラスはいいですね。チェリーやベリーの香りに凝縮を感じます(濃いか薄いかという基準じゃない)。口に含む量も増しますので満たされ感もいいですね。サンジョヴェーゼ汁、エキスを感じますね。アルコール度数表記は13度ですが、もう少しありそうにも感じます(知らんけど)。このグラスでも十分ですね。ユルむことはありません。

二日目もヴィノムのブルネッロ型です。いいねえ、スミレと果実香がエロい!粘度があるという
意味ではなくネチっと妖艶な香り。より果実香に甘味も出てきたし、13度とも思えないアルコール感もある。輪郭もまったりと吸い付くようでやわらかい密度がとてもいい。二日目らしいまとまり、旨味もぐっと深くなってきたね。とてもおいしい。しっかりと味わいには強さがあり余韻もとても長い。この二日目は少しショーン時代のリエチネに似た部分もあるかな。やはり醸造家の思いが具現化されるものだと納得する。うーん、いいまとまりだねえ、2015年らしい。いい意味で尖ってない。ヴィノムのキャンティ型でもいいんだろうけれども、これぐらい大きなグラスでも大丈夫。

三日目もヴィノムのブルネッロ型です。完熟のアメリカンチェリー、ヴァニラをまとうスミレ、しっとりとまとまるサンジョヴェーゼの汁感がだくだくしてる。旨味もあるが、旨味と果実味のバランスもいいですね。しんなりと浸透するようで本当においしい。醸造もケガレがない。健全でピュアさがあってとてもいい。

ワイン単体でもとてもおいしい。でも、食事のバイプレイヤーとして優秀。押し付けがましくも、(俺のように)厚かましくもない。でも、ちゃーんとしてる。このバランスがいい。とてもいいCCに仕上がっていますね。ぜひお試しを!

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る