Rosato 2015 San Giusto a Rentennano【第一回販売分】

イタリアのロゼワイン

更新履歴 2016/10/24
販売価格

2,580円(税込)

在庫数 SOLD OUT

※サン・ジュスト・ア・レンテンナーノ社のCC2014、CCR2013、Percarlo2012をご購入のお客様のみの先行販売となります。
※要ログイン

ロザート・トスカーナ 2015 サン・ジュスト・ア・レンテンナーノ
《イタリア/トスカーナ/ロゼ/サンジョヴェーゼ/辛口》


2015年ビンテージをベタ褒めしています。まずは白ワイン。弊社的にはアルト・アディジェや、カンパーニャの2015年の白の出来の良さからそう判断しています。今後まだまだ2014年ビンテージから切り替わるワインもあるかと思いますので、楽しみですね。そしてロゼワイン。カステッロ・ディ・アマのロザート他、2015年のロゼがなかなか良い。これは来る赤ワインを期待させる好材料となります。

このサン・ジュスト・ア・レンテンナーノのロザートのオファーがあったのは今年の3月、弊社はもう十数年同じ輸入元からの並行モノを仕入れています。十数年前から、現地のエージェントも変更はありません。ロザート以外は今年の1月にオファーがありましたから、その時点でこの秋のサン・ジュスト・ア・レンテンナーノのワインの発注は済んだ‥と思っていたのですが、危うく見逃すところでした。まさか、まさか、ロゼが出るとは思ってませんでしたからね。これはぜひ飲みたい、もちろん初ビンテージのはずで(自家消費用や、直売所限定であった可能性はあるが)、レンテンナーノの作品となれば間違いないはず。オファー分全量と、万が一余分に購入できないか、いつのも輸入元さんからいつものエージェントさんにも問い合わせをして頂く。基本的にオファーは何も弊社だけにあるのではない。膨大なリスト(エクセル)の中から選択するわけで、他のショップも気付いてオファーをされることも可能性がある。となると、限られた本数から希望本数が減ってしまうかもしれない。まずは、そんなオファーに対する発注の〆切りまではお口チャック、チャック。そして現地からの確保ができた旨の回答を待ってから‥実はこんなのあるんだよん!なブログがこちら‥

http://cincinnato.blog.so-net.ne.jp/2016-07-08-2

情報をいつ公開するか?結構気を使います。独占するつもりはありませんが、ヘタに情報を出して自分が欲しい分が確保できないのは問題だしね。そして、現地でもちゃんと確保が出来たという連絡を受けてからの情報公開。そう、一部の古酒なんかは発注はするんだけれども、すでに完売で買えなかったということはままあるのです。

ちなみにブログ記事には「実際の液色はもっと明るく…」の記載がありますが、実物はブログ画像の通りの暗く濃いめの色合いでした。

さて、このロザート。公式サイトにも掲載されていません。ということでラベルからの情報を頼りにこのワインを分析してみましょう。

バックラベルを確認しますと‥

「我々のロゼは100%自社で栽培したブドウで造られ、完熟した状態で手詰みされます。」

「軽い濾過しか施していませんので、沈殿物があるかもしれません。」

他のワインならセパージュ情報もあるのだが‥。後者の文言は今回のロットから全てのワインに共通で記載されています。ロット番号は"L 120/16"とありますので2016年の1月20日かな?瓶詰日と予想します。2015年産のブドウですから、ほぼ熟成らしい熟成期間は経てないことになります。

色合いはとても深いです。もちろん、そのCCあたりと比較すれば明るくなりますがロゼとしてはかなり深い、しっかりとした赤色となりますね。カステッロ・ディ・アマのロゼと同等と考えて間違いありません。セニエで醸されたのでは?と想像しています。サンジョヴェーゼかメルロ、どちらか一択かと思いますが、ネットの情報ではサンジョヴェーゼの記載があったはずです。どのワインの醸造の際のセニエであるか?どうせなら、ペルカルロの質をさらに向上させるために‥も、考えられますね。もちろんCCやCCRの品質向上も兼ねてという可能性もあります。ただし、このロゼ‥アルコール度数が14,5度の表記です。かなり高いですね。個人的にはペルカルロのセニエではないか?この度数からするとそう、想像しています。なお、他のレンテンナーノのワイン同様に生産本数が記載されています。この2015年の生産本数は3,498本です。


独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味


ボルドー型の透明瓶。コルクはまあまあの質の4,5cm。冷蔵庫キンキン温度、グラスはヴィノムのキャンティ型。表記のアルコール度数は前述の通り14,5度とやや高めです。透明度はありますが、色は明るめではなく暗めに見えます。香りはサンジョヴェーゼで間違いありません(メルロやったらどうしよう‥笑)。少しイチゴ系ベリーの甘味ある香りを伴うスミレ、赤いブルーベリー果汁。

まずは飲んでみましょう。口に含みますとアルコールが高い分も含めてのボリューム。まろやかな厚み、密度を感じますが、あくまでもミディアムボディ。少し苦みのアクセントを感じ、紅茶葉のような渋味があり、酸味も十分感じますね。高いアルコールや、厚みある果実、ミネラルをダレさせない酸味の存在、前述の渋味による構成感もバッチリ感じます。一杯目から旨味がある‥いや、旨味が深い。

そこはかとなくレンテンナーノらしいキャンティ・クラッシコ感はあるが、あくまでもサンジョヴェーゼからなるロゼとしての共通項もある。まだヒエヒエですが、しっかりと果実味、そして渋味と酸味、旨味を感じますね。ミネラル感もある。それにしても余韻に果実味も続くが、渋味と酸味が長い。

ふむふむ。赤い果実の甘味、果実味を伴い、そこに溶ける紅茶葉はこの色合いからもローズヒップティー的で、どこかリンゴの香りもあるんだよなあ。もちろん、渋いイチゴがあり、スモモやザクロのような酸味を感じさせる赤い果実も連想する。14.5度は感じさせない。

公式サイトに情報がない以上は、このワインがセニエであるかどうかも不明だが、どう飲んでも若樹から作られているとも思えない。そして、スタンダードなCCのセニエか、それともCCRレ・バロンコーレのセニエか、はたまたペルカルロの?いずれかかもしれないし、どうだろう、共通セニエなんて存在するのか?

うん、旨いねえ。

確かに甘味があるんだが、そのサラサラとした渋味と伸びのある酸味があり、果実味もアルコールも重たくはない。まるで赤ワイン‥とまでは言わないが、ロゼとしての構成感が凄く高い。生臭さもない、このロゼの旨さを思うと来年リリースの2015年のCCも楽しみだし、再来年はCCR、その次はペルカルロかと思うと本当に楽しみ。そして、これが序章だとすると必ず飲んでおいて欲しい。

一歩引いた目線でなくともロゼはロゼで間違いない。赤ワインではありません。しかし、タンニンと酸に関してはまるで赤ワインの様。果実の香味が赤ではなくロゼだから尚更タンニンと酸が際立つのかもしれません。

初ビンテージを経験するのって大事。しかも2015年、サン・ジュスト・ア・レンテンナーノにとってもよかったはずで、きっと製法はセニエかと思うが、その赤ワイン達の品質向上にも繋がる副産物でもあるし、それが若樹からのものとしても若樹の樹齢が上がるまではロゼに仕立て、樹齢が上がればまた植え替える畑があり、ロゼのブドウは新しく植樹した若樹から‥という循環は最終的に良いワインを造るためのものになるはずだしね。

二日目も冷蔵庫キンキン温度、グラスはヴィノムのキャンティ型。初日同様の香りは、そう、ここもレンテンナーノなんだよな。決して華やかで外交的な開きではない。あたかも閉じているように大人しい。が、これがレンテンナーノの閉じの美学(閉じてません)。口に含みますと初日よりもやわらかなミネラルが輪郭から感じ取れ、果実の香味を包み込んでいると感じるも、中盤からムクムクと酸味を引き連れて沸き上がるのはタンニン、そう渋味もやっぱり豊富。

果実味は甘味がないわけではないが、いわゆるロゼ的チャーミングな果実の香味を持ちつつも味わいはいたってシリアスなもの。そのサラサラとした渋味は一層ドライに感じさせるし、酸味もキチンとあるからなおさら甘味を感じさせない(甘味がないわけではない)。

これまで赤に近いロゼ‥とは、果実の香味が赤ワイン同等に‥と捉えていたが、このロゼが赤に近いのは渋味と酸味で間違いない。そういう意味でもセコンド栄えしそうな酒質、何もロゼだからといって、前菜のトマトや、ハム類などとの相性だけではないのだ。しかもこれだけ渋味も酸味もしっかりしていれば、赤身の魚でも少しは脂も欲しい。脂の乗ったサーモンもいいが、サーモンだと赤が足りないか?中トロ、しかも漬けで?いや、ここは脂身もある上質な肉汁滴る豚、アリスタがいいかもしれない。もちろん牛肉でもいいが、やはり少し脂を噛んだ部分でお願いしたい。

うん、真面目だね。ロゼにしては大真面目。もちろんそう感じるのは渋味と酸味なんだけれども、特に渋味。苦みにはならない渋味。

三日目も冷蔵庫キンキン、グラスはヴィノムのキャンティ型。二日目とさほど変わらないが、ミネラルと酸味に伸び、さらなる透明感を感じますね。渋味は相変わらず豊富。紅茶、お茶のような渋味の部分もある。ようやく柑橘が少し‥変わらずベリー、チェリーですが。

まったくヌケやユルみは感じませんね。

旨い。旨いわ。

あからさまなロゼらしい甘味やチャーミングな果実が強いわけではない。まるで赤ではないのだが、渋味と酸味による構成部分、骨格はまるで赤。

これがレンテンナーノのロゼの表現なんですね。

レンテンらしい甘過ぎることもなければ、開き過ぎない大人しさ‥そしてハッキリと豊富なタンニンを感じるこのスタイルはレンテンのサンジョヴェーゼらしさを切り取ったかのようなロゼ‥単体で飲むのもいいですが、レンテンの赤を飲む前の繋ぎにするのはとてもいいと思いますね。上手く繋がってくれるはず。

これもいい、いいロゼですよ。記念すべき初ビンテージが2015年、これを軸として、さて2016年はどうなるのか?アルコール度数や色合いも含めてそのお味をしっかり経験しておいて欲しいですね。

サンジョヴェスタなら、レンテン好きなら、この2015年のロゼはマストですよ!

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る