Chardonnay 2017 Bortoluzzi

イタリアの白ワイン

更新履歴 2019/05/10
通常特価 2,916円(税込)
販売価格

1,980円(税込)

在庫数 残り僅か 22本です
購入数

希望小売価格 2,916円税込→ 通常特価 2,280円税込→ 特別価格 1,980円税込

シャルドネ 2017 ボルトルッツィ
《イタリア/フリウリ/白/シャルドネ/辛口》

手摘みで収穫されたぶどうは、除梗せずにソプトプレスで圧搾。17度の低温に温度管理されたステンレスタンクでのアルコール発酵。一部、ミディアムトーストのアリエ産の新樽バリックとトノー樽で熟成させたものとアッサンブラージュされる。


撫で型瓶、シンプルなラベルですね。冷蔵庫キンキン温度、コルクはディアム社製の圧縮コルクで4,5cm。こういう一部樽熟成、しかも、一部新樽バリック、トノー併用、ミディアムトーストとかのテクニカル情報でグラスを選ぶとなると迷うので、とりあえず、ヴィノムのブルゴーニュ型です。ちなみに表記のアルコール度数は13,5度となります。そのソーヴィニョンよりも黄色味が若干強いが、クリアで濃すぎない黄色ですね。樽香も確かに、シャルドネらしいパインと柑橘。まずは口に含みます。うん、シャルドネらしいまろやかさはミネラルにも、含み香や味わいにはそれほど樽の影響を感じさせるわけではない。酸味には新鮮さもあり、それがより樽の風味を控えめにしているのかもしれない。終盤の苦味やドライさは、ソーヴニョンとの共通項。ここらへんはボルトルッツィ「らしさ」なのかもしれませんね。

樽ドネとするほど、樽タルしいスタイルではないが、ステドネほどパキパキなわけではない。その「一部」というのがハイブリッド感があり、そこを半端と感じるか、絶妙なバランスと感じるかだけれども、後者でいいじゃない。推しの強さよりも、バランス、余韻が案外長いのもいい。案外シビアでドライなフィニッシュ。どこか乾きを感じるんだよね。でも、ただ乾いているのではない。潤いや濡れがあるからこそ、乾きも感じる。こういうのは、食中酒にいい。しかも、使い勝手がいい。ならば、ブルゴーニュ型グラスなど大層ではないグラスで‥ということで、ヴィノムのキャンティ型で飲んでみる。「タイト」さは、いい意味で「コンセントレート」でもある。ふむ、このグラスでもいいですね。やっぱりそれほど樽を強くは感じないが、このグラスの方が13,5度と果実の香味のバランスもいいかもしれない。お値段同様カジュアルにたのしめる酒質だが、お値段以上なのはニトリと同じだ。だからって、無印的か?それともイケアか?まさかオオツカなのか?おっと脱線した。

二日目も冷蔵庫キンキン温度、グラスはヴィノムのブルゴーニュ型。シャルドネの新鮮なほとばしる果汁感に、やわらかな樽のニュアンス。ボルトルッツィのソーヴィニョンにも言えることだけれども、香味がハッキリしてるんですよね。メリハリがある。それは角角しいわけでも、凸凹しているわけでもないんだが、やわらかさも兼ね備えても、そこに「曖昧さ」がないのがいいんだな。シャルドネの方が、ソーヴィニョンよりも少し甘味を感じる。酸味も穏やか、でも、ユルさなんて微塵もない。うん、余韻もあるし、バランスもとてもいい。樽タルした樽ドネではないけれども、効果的に樽があるんだよなあ。樽ドネというのは、その樽の使い方なんだよね。

三日目も冷蔵庫キンキン温度、グラスは‥ヴィノムのブルゴーニュ型。三日目はグラスを一回り小さなサイズにすることもあるのですが、まあ、大丈夫‥でした。樽香が程よいですね。ヴァニラの風味でもあるのですが、乳脂肪分の高さがウリではない。ミネラルの新鮮さもあるので「爽」のバニラ味(ジャリジャリはしてませんけどね)っぽい。でも、ちゃんとパインや柑橘の果実の香味が前なのは初日から一貫している。ボルトルッツィのいいのは、冷蔵庫キンキン温度から、香味が開き味わいに萎縮感や、不足感がないこと。もちろん、温度が上がると、香味や飲み口に変化も楽しめます。樽ドネなんだけど、樽推しではない食中酒にも使える樽ドネ。黄色の柑橘に近い部分に、黄色いハーブもある。香草パン粉焼きにレモン。アジフライでもいい。

四日目も冷蔵庫キンキン温度、グラスはヴィノムのブルゴーニュ型。さらに樽は溶け込み、果実の香味に内包される。でも、感じないわけじゃないし、ポジションの問題でもある。なめらやさ、まろやかさの中にメリハリをもたらす酸味。柑橘と、トロピカル系果実の共存もそう。おいしい。フリウリにしては、希望小売価格も良心的。シャルドネも樽ドネならなおされ紛い物も多いのだが、これは違う。これで十分とか言い出すと、以上の高額な樽ドネを売りにくくなるが、非常にコスパが高いのは事実。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る