Sauvignon 2017 Bortoluzzi

イタリアの白ワイン

更新履歴 2019/05/10
通常特価 2,916円(税込)
販売価格

1,980円(税込)

購入数

希望小売価格 2,916円税込→ 通常特価 2,280円税込→ 特別価格 1,980円税込

ソーヴィニョン 2017 ボルトルッツィ
《イタリア/フリウリ/白/ソーヴィニョン/辛口》

コスモンスの南、ゴランディスカ・ディソンツォに1982年に創業したのがボルトルッツィ。元々はワインコンサルタントとして活躍していたジャヴァンニ・ボルトルッツィのアジェンダで、アレッシコ、アルベルト、アンジェラの三人の子供達と運営する家族経営の生産者。50haの農園ではブドウ以外にもリングなども栽培している。リリースするワインはフリウリらしい、土着品種と国際品種の単一、混醸からなる白ワイン8種類と赤は、国際品種三種類の単一、リボッラでスプマンテも醸造しているようです。

手摘みで収穫されたブドウは、8度に温度管理されたタンクで24時間から36時間のクリオマセラシオンでソーヴィニョンの香味を引き出した後、ソプトプレスで圧搾。17度という低温状態で澱引きとアルコール発酵がステンレスタンクで行われます。

飲んでみました。

撫で型瓶、シンプルなラベルですね。冷蔵庫キンキン温度、コルクはディアム社製の圧縮コルクで4,5cm。グラスはヴィノムのキャンティ型で。ちなみに表記のアルコール度数は13,5度となります。クリアなストローイエロー。キンキンの低音ですが香りがしっかりと引き出されてますね。黄色で酸味を伴い、少し苦味を連想させるピール感のあるグレープフルーツの香りが主体ですが、ソーヴニョンらしい猫系の香りもあります。緑ではなく黄色のハーブ。微かなラムネとミネラル。口に含みますと、クリアでミネラリーでもあるが、十分なボディがあるのは13,5度の恩恵かもしれませんね。少しの甘味もありますが、旨酸っぱさと、味わいには柑橘ピールの内側の白い皮や、ピロピロのドライな風味もある。終盤にソーヴニョンらしい苦味があり、ドライにフィニッシュする。

うまいやん。アルト・アディジェのソーヴニョンほど涼し気ではないが、13,5度のアルコールも程よいボディ感に通じるのみで、ソーヴィニョンの香味、軽快さ、爽快さを邪魔することはない。青々としたソーヴニョンではないが、柑橘主体の方がなにかと合わせやすいかもしれません。しかも、この価格ですから、コストパフォーマンスはとても高い。少しだけ温度が上がると、ソーヴィニョンらしいハーブ、スパイスが前に出てきますね。いやあ、いいんでないかい?

二日目も冷蔵庫キンキン温度、グラスはヴィノムのキャンティ型。今日は暑かったので、とっとと喉を潤したい。初日同様に、黄色いソーヴィウニョンなんですよね。青々しい緑のハーブではなく、黄緑や、少し乾燥したハーブ。スパイスもとてもリズムが良い。ピールの風味と相まってレモングラスっぽさがありますね。密度がちゃんとあるんですよね。味わいに奥行きもあるし、決して軽いソーヴニョンではない。が、飲みやすさも兼ね備えているので、これからの季節もとてもいい。このソーヴィニョンが黄色っぽいからと言って、グリーンなハーブと合わないわけではない。エスニック料理との相性が良さそうですね。なんにでも、パクチーや、ライム、レモンなどを絞っちゃう系ね。となるとエスニック以外でもいいんだけれども。イカを焼いたものに、レモンとかさ、ああいうシンプルなのに合わせたい。そもそも希望小売価格自体がお安いと思うが、これが2,000円税込を斬るとなるとなかなか無双ではないか。

三日目も冷蔵庫キンキン温度、グラスはヴィノムのキャンティ型。一般的な白ワイングラスでOK。度数も13,5度だし、密度もあるので、大振りのグラスもあり。イタリアの白らしさあるソーヴニョンの香味、キレイに冷えるミネラルがいい。二日目同様、香味にメリハリ、三日目でもオチない、ダレない。まだまだ終盤の酸味にも新鮮さがあり舌が心地よい。余韻もとても長く、鼻に戻る香りのハーブがソーヴィニョンらしい。

四日目も冷蔵庫キンキン温度、グラスはヴィノムのキャンティ型。香りは弱まることはありませんね。飲み口のミネラルが分厚く感じます。旨味も馴染み、終盤の苦味がアクセントに。まだ新鮮さを感じる酸もあって飲みやすい。アルト・アディジェではなくフリウリのソーヴニョンンらしさもあり、これが2,000円税込切るのは幸せなこと。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る