Aglaia Toscana Bianco 2000 Corzano e Paterno

イタリアの白ワイン

更新履歴 2018/07/05
販売価格

3,000円(税込)

在庫数 SOLD OUT

※ログインしてお買い求め下さいませ。
※白古酒マニア限定です。
※1マニア様1本でお願いします。


アグライア・トスカーナ・ビアンコ 2000 コルツァーノ・エ・パテルノ
《イタリア/トスカーナ/白/混醸(わからん)/辛口》

コルツァーノ・エ・パテルノは、140haにも及ぶ農園をキャンティ・クラッシコ地区の北西部であるサン・カッシャーノ・ヴァル・ディ・ペサに所有しています。コルツァーノは1969年に、パテルノは1974年の創業。大昔の輸入元資料では、ワイン生産はコルツァーノ、そして羊の乳から作られるチーズ部門はパテルノと呼ばれているようで、その総称が生産者名となっているようです。ワイン、チーズの生産以外にも、アグリツーリズモも営んでいるようです。オーナーはスイス人のGelpkeと、Goldschmidt一家(読めません^^;)。

公式サイト( http://corzanoepaterno.com/ )を見れば、そのチーズの生産も生半可なものではなく本格的。サン・カッシャーノ・ヴァル・ディ・ペサ地区は、キャンティ・クラッシコエリアに該当しますが、どうやらペサ河の西側にあるようで、そちらはキャンティ・クラッシコエリアには該当せず、醸すワインもキャンティは名乗れども、クラッシコを名乗らない‥と言う感じですね。初めてのワインは1972年に瓶詰されまして、現在では140haの内17haがブドウ園だそうです。

サンジョヴェーゼを主体にメルロ、カベルネを混醸したトスカーナIGTイル・コルツァーノとそのセカンドとなるカジュアルなIGT。キャンティDOCGと、キャンティ・リゼルヴァDOCGであるイ・トレ・ボッリの赤は4種類。他にロゼ、パッシートなどもリリースしています。白は、現在はイル・コルツァネッロ呼ばれるシャルドネ、トレッビアーノ、マルヴァジア、セミオンなどの混醸IGTをリリースしておりますが、今回ご紹介するのは「Aglaia(アグライア)」の名前を関する白ワイン。公式サイトにはもうこのワインの情報はありませんが、1986年の生まれた娘さん(?)のお名前のようですね。いわゆるスーパータスカンに使われる「ライア系」とはまた違うようです(たぶん)。といううことでセパージュ比率もまったく不明となります。

こういう時はラベルもしっかり読みましょう。生産本数は2,600本とかなり少ないですね。ただし、ロット番号が「L 5/2001」とありますので、2000年に収穫して2001年の5月には瓶詰めされており、樽熟成はされていないと予想されます。瓶も透明瓶ですし、基本的にはカジュアルな白ワインかと思われます。2,600本の生産本数ですからそもそもは自家消費用として造り始めた系かもしれませんね。

さて‥状態は、ほぼ新同品と読んでも差し支えない状態ですが、一部ラベルに破れがあるボトルもありまして‥気にしない、気にしない。前述の通りの透明瓶で、なかなか黄色味は濃い目ですね。ただキャップシールもゴールドですのでそもそもそのゴールドな色合いを見せるための透明瓶であり、熟成による色の変化ではない可能性もあります。すべてのボトルでキャップシールはくるくると回りますし、液面も十分な位置ですね。液漏れはないはずです。前述のようにゴールドの液体は透明度があります。1本だけ少し濁りが見られましたので、そちらはあたしが飲んでみるつもりです。表記のアルコール度数が13.5度ですから、2000年という暑いビンテージですが、トレッビアーノだけとは思えませんね。現在のイル・コルツァネッロにはシャルドネも入ってますから、同じような混醸モノかもしれませんが、ググりますとシャルドネ単一の情報もありますので、シャルドネ単一または主体と考えた方が近いかもしれません。

現在リリースされているイル・コルツァネッロの白は2017年の模様(公式サイト情報)、このワインも何も長期熟成向けではないと思います(透明瓶だし、樽熟成させているわけでもないし)。そんな白で2000年、こういうのは白古酒冒険できるマニア向けになります。状態は悪くないと思いますが、15年以上熟成を見越したワインでもなさそうですし、ピークの一度や二度は過ぎていると予想しますが、たまに大当たりがあるので、白古酒マニアは止めれません。まあ、3,000円のおみくじに投資できる白古酒好きのマニアさんしか手を出しちゃダメよ。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

follow us in feedly feedlyにRSSを登録する
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る