Serra Lori 2021 Argiolas

イタリアのロゼワイン

アルジオラス

更新履歴 2022/09/16
販売価格

1,980円(税込)

購入数

セッラ・ローリ 2021 アルジオラス
《イタリア/サルディーニャ/ロゼ/カンノナウ、モニカ、カリニャーノ、ボヴァレサルド/辛口》

その歴史は1918年にフランチェスコ・アルジオラスがブドウの樹を植えたことから始まります。元々はサルディーニャでオリーブをブドウを栽培する農家だったアルジオラス家ですが、1906年に生まれた今は亡き今は亡き、アントニオ・アルジオラス爺がアジェンダを設立したのは1937年。以降本格的なワイン造りの道に進みます。

その後、息子のフランコとジュゼッペが取り仕切り、現在ではアントニオの孫となる三代目がアジェンダを牽引しています。脇を固めるエノロゴにはマリアーノ・ムッル氏。そしてコンサルタントには、かのジャコモ・タキス(今は名前だけ)。醸造所はサルディーニャ島の南東部である州都カリアリ近郊のセルディアーナ村に位置します。海抜170m付近のセルディアーナを中心に280haもの自社畑を所有します。

アルジオラスのラインナップではトラディショナルラインに属するセッラ・ローリは唯一のロゼワイン。サルディーニャらしさ溢れる土着品種を3時間から4時間という短いマセラシオンと、マセラシオン・カルボニックの技法を併用で醸しが行われます。10度に温度管理され自然の沈澱が完了次第、16度でアルコール発酵が行われます。その後4週間ほど冷却タンクでの4週間の熟成の後瓶詰めされます。

ボルドー型の透明瓶。白いラベルにピンクの差しがラブリーですね(うふ)。コルクはディアム3の4,5cm。グラスはシュピヴェラウのディフィニッションのユビバーサル型、冷蔵庫キンキン温度(8,4度)、表記のアルコール度数は13,5度となります。ボトルからはサクラ色な感じですが、このグラスに入れるともう少しスモモちっくな濃いめのサーモンピンクに見えますね。ヴィノムのキャンティ型でもよかったのですが、ロゼということもあり、ワンサイズUPなグラスセレクトです。まあ、実績もありますしね。香りは穏やかなチェリー系の果実香があり、そうそう、セッラ・ローリってこんな感じとアベレージな様相。少し酸味を連想させるプラム、香りにもそれなりに密度や厚みは感じますよ。厚みにはミネラルの層も含まれます。口に含みますと、うん、確かにスモモちっくな果実香とプラムのヒント、ぷちぷちとまではしませんが新鮮な酸味があり、密度感あるなあ。2021年、内陸は色々と迷うビンテージか?と思ってたんですが、ひょっとするとこのサルディーニャを含め(シチリアも?)離島は非常に良いビンテージなんじゃないかと思います。このセッラ・ローリのアルコール度数の変遷控えてないのがバカですが、13,5度だとアベレージよりも少し高い可能性ありますよね。でも、酸味のレベルがそれに付いてってるので全体的に高バランスで訴えかけてくる感じ。これはヌラグスのセレガスと同様ですね。いやあ、プラムの風味がとても効いてる、旨酸っぱさがあり、チェリーなどの赤い果実の香味がチャーミングかつ効果的で。いいぞ、いいぞ。セッラ・ローリはとても好きなロゼで毎年安定して高レベルなのはわかってるからこそ毎年扱ってるんだけれども、2021年、予想を超えてきたぞ。いやあ良いが長い!旨味もね、どこか昆布系の旨味(海の風味なんかな)となると、(大阪の)うどんで、わかめと、梅を入れた感じかな。少し天かす入る、ネギなし。

温度が上がってくると(14度)、旨味もしっかりしてきますね。旨味と酸味、果実味が際立ってきます。よりプラムとか、どこかサンジョヴェーゼのロゼにも感じる柏餅の風味、あの独特の葉の香りと、あんこの感じ。でも甘味は控えめですよ、しっかりドライです。いいねえ。非常に使いやすい。オールマイティー。もちろん単体でも飲めるし、ハムやサラミはもちろん、魚だって、カツオやサーモンもいいですが、ハモ+梅肉とかね。鯛だって梅肉のソースそえれば、鯛のミネラル感と梅肉でかなりのアッビナメントになりますね。トマトとの相性も十分なのはもちろん、これは使えるわ。

二日目もサクラ‥チェリーや柏餅の風味がありますね。キンキン温度はより華やかですが、温度が上がると旨味や複雑味が出てきます。三日目まで引っ張りましたが、酸味も維持しててとてもおいしい。サッパリしてる。14度とは思えないけれども、14度あってのこのサッパリ感はなかなか面白い。バーブや柑橘を使ったお料理になら、どこかで合うのでこれまた使いやすい。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る