Amanda Malvasia Frizzante Colli Piacentini 2012 Lusenti

イタリアのスパークリングワイン

更新履歴 2015/02/07
販売価格

2,280円(税込)

在庫数 SOLD OUT

アマンダ・マルヴァジア・フリッツァンテ・こっり・ピアチェンティーニ 2012 ルセンティ
《イタリア/エミリア・ロマーニャ/白/微発泡/マルヴァジア・カンディア・アロマティカ/辛口》


マルヴァジアともなれば、何も中部イタリアに限ることなくポピュラーな品種。それに応じて亜種も多いし、地域によって個性もでる。

エミリア・ロマーニャ州では微発泡なフリッツァンテに仕上げられることも多い。赤のランブルスコに対する白の微発泡ワインの位置づけかな。

この地の亜種であるマルヴァジア・カンディア・アロマティカは、とってもアロマちっくなマルヴァジア。

ランブルスコ同様に、低価格帯で気軽に楽しめる酒質のものもありますが、このルセンティのアマンダは西野嘉高がこれまで飲んだ中でも最上のもの。

 (まあ、少しお値段張りますけどね)

フリッツァンテの癖に‥は禁句です。微発泡を安酒としないで下さいね。特に酸味と微発泡だからこその果実味との三角関係は、スティルワインでは絶対に醸し出せないおいしさ、飲み口があるんです。

エミリア・ロマーニャ州はツィアーノ・ピアンチェンティーノ市にあるティドーネの丘の上に位置するルセンティ。1900年の始め頃からブドウ栽培、ワイン醸造を行ってきましたが、1960年代に二代目のガエタノ・ルセンティの代から品質向上を目指し、三代目となる娘のロドヴィカ・ルセンティと夫のジュゼッペ・フィリがそれを受け継ぎ、1993年からより高品質なワインの醸造を販売を始めました。

所有する畑は15haで、この地の土着品種であるボナルダ、バルベーラ、マルヴァジア・ディ・カンディア・アロマティカ、オルトルーゴなどを栽培しています。

さて、このアマンダは、マルヴァジアの中でもマルヴァジア・ディ・カンディア・アロマティカという亜種100%からなります。コッリ・ピアンチェンティーニDOC銘柄となり、ピアンチェンツァ県における1967年制定と由緒正しいDOC銘柄でもあるんですね。赤、白、ロゼに辛口から甘口までこの地の多種多様な品種やタイプが包括されているようです。

さて、このワイン名であるアマンダは、このワインだ大好きなロドヴィカのお婆さんのお名前だそうです。丁寧に圧搾されたモストは短時間の醸しの後、温度管理されたステンレスタンクでの発酵されます。

飲んでみました。

最近はこの手のワインをオレンジ色のうんたらかんたら言うそうです。かつて西野嘉高がグラヴナーを血尿と言い放ったように、みんな腹をくくって酸化しちゃってる色でいいじゃない。

この手のワインの多くは香りや味わいに出来の悪いシードルのような酸化し、茶色に変色したリンゴの風味があるもので、さらにホニャララ派だと還元しまくってて‥よくあんなの飲めますね。

このアマンダもかなり色は濃い目です。ラベルデザインからしてもどうにも怪しいワインなわけで、グラスに注いだ瞬間は「ああ、ヤッちゃったわ」と思ったものです。

しかーし!!

酸化や還元など微塵も感じさせない洋梨、蜜リンゴ、奥底に黄桃達の熟れた果実の香味があり、飲み口も旨味たっぷりで濃密。旨味は甘味に感じるし、甘味は旨味に感じるが、それを舌にいつまでの残らせない残尿、もとい、残糖感がないのは良質な酸味と、この微発泡なガスの恩恵。

飲み応えあるこの旨味、厚みだってそう。この手のワインで途中から酸が抜けるワインは五万とあるが、これは違う。良質の酸味と、この微発泡のガスが重たさもスムーズに感じさせる。陳腐な例えだとネクターの炭酸割りですが、これがとにかく美味しい。

アルコール度数11.5度という飲みやすさ、微炭酸の軽やかさでどっしりと旨味ある果実味をイキイキとさせてくれます。

騙されたと思って!

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る