Spumante Brut Rives Major NV Cantina Cinque Terre

イタリアのスパークリングワイン

更新履歴 2014/04/13
情報 商品入替につき在庫分セール
通常特価 2,380円(税込)
販売価格

1,980円(税込)

在庫数 SOLD OUT

スプマンテ・ブリュット リウス・マヨール NV カンティーナ・チンクエ・テッレ
《イタリア/リグーリア/白/ボスコ60%、アルバローロ25%、ヴェルメンティーノ15%/辛口》


世界遺産の街としても知られるチンクエ・テッレは、リグーリア州のラ・スペツィアにある5つの村から構成されています。その最東端のリオマッジョーレ村で1982年に設立された協同組合組織の生産者がこのカンティーナ・チンクエ・テッレ。

元々は11世紀から要塞都市とされ、隣村との交通手段に船を使わねばならいほど孤立した村で、その行く手を阻むような断崖絶壁ともいえる傾斜は45度、海抜は15m〜60mというんですからいかに特種な土地かがわかりますね。平地は皆無で、非常に痩せた土地‥海岸沿いの急な斜面にある総延長が6,700mという石垣を切り開いてできた畑の土壌はもちろん、そんな石垣、岩盤を砕いた際にできた砂質となります。このような畑だからこそ、トラクターなどの重機はもちろん、ロバですら入れない畑はすべて人の手によって耕作されます。収穫カゴの移動用にモノレールは設置されたそうです。

仕立ては低めのペルゴラで、強い日差しや潮風からブドウをブドウ葉が守ります。醸造は最新の設備が整えられていますが、ブドウ栽培はその組合員300人の手に寄るもの。チンクエ・テッレが世界遺産、観光地として名を馳せたのも、この協同組合があってのことで、その収益から石垣などを保存する費用なども捻出しているそうです。

では、DOCのおさらい。1973年認定のチンクエ・テッレDOCはラ・スペツィア県で品種構成はボスコ40%以上。アルナローラとヴェルメンティーノが40%まで、その他20%。特定産地を名乗るものは0.5度ほど最低アルコール度数が高く、シャケトラと呼ばれるブドウをパッシートとさせたデザートワインも有名ですね。

このカンティーナ・チンクエ・テッレでは、もちろんパッシートであるシャケトラも醸していますし、特定地域名を付けたチンクエ・テッレに、同品種を使ったスプマンテのみならず、グラッパやリキュール、オリーブペーストにジェノヴェーゼ、ハチミツなども生産しています。ただし、今回ご紹介するのはスプマンテ‥DOC格付けではありません。

品種構成はチンクエ・テッレそのもので、最もスタンダードなスティルと同じ比率になっていますね。二次発酵までの醸造はほぼ同じと考えると‥プヌマティック・プレサージュ(空気圧搾機会)にて優しくプレスされ、モストは澱とともにステンレスタンクでの一次発酵が行われます。タンクでの熟成中は何度か別のタンクに移し替えることでクリアでフレッシュな味わいになるそうですが、このスプマンテはシャルマ方式での二次発酵がタンク内で行われます。

なお、ラベルには"Distribuito da Cooperativa Agricoltura di Riomaggiore"との記載がありますので、リオマッジオーレという農協の様な何かが販売元になっているとされているのだと思います。

スティルのチンクエ・テッレは、黄色味の強い柑橘や南国系フルーツの温かみある果実や、花の香り、ハチミツがしっかりあり、どこかゲヴェルツからジンジンとしたスパイス感を引き算した感じにも似てなくもない。土着品種であるボスコを主体とした混醸はその個性もあり美味。決して不足感はありませんが、その果実の厚みが酸を覆うほど。それを思うと、西野嘉高的にはこの品種構成はスプマンテの方が好みかもしれません。発泡させることで、ガスのフレッシュなシュワシュワが、果実に隠れがちな酸を持ち上げ、ガス、酸ともに豊富でその果実の厚みを感じさせながらも‥という相乗効果がある。またガスの恩恵で、スティルにはどこか隠れていた赤の蜜リンゴ、爽やかな青リンゴの果実の風味が引き立ち、シードルにもにた香味さえ感じます。

公式サイトにも、フルボディと評されるこのスプマンテ、シャルマー方式ながら酸味とガスの質はとても良く、キメ細やかでクリーミーにも感じ、とても上手く醸されていますね。二日目もストッパーを外せばスポン!と元気なガスを感じ十分な使い勝手もあります。

ほんと、ちょっとシードルを彷彿とするリンゴの酸や甘味ある果実味が豊富。そこに黄色の花や、柑橘のような何か‥が絡む、確かにフルボディな厚みと密度、やわらかさとドライに感じさせる豊富な酸、ガスが両立しています。三日目はガスは弱くはなりますが、溶け込んだガスと酸があり美味しさは継続。

チンクエテッレらしい品種構成なスプマンテ。この楽しさはイタリアワインならではですね。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

5%還元-2020年6月まで!

カード決済(クロネコWEBコレクト)なら5%還元!
キャッシュレス
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る