Lugana 2019 Ca Lojera

イタリアの白ワイン

更新履歴 2021/03/06
販売価格

2,280円(税込)

購入数

ルガーナ 2019 カ・ロヘーラ
《イタリア/ロンバルディア/白/トレッビアーノ・ディ・ルガーナ/辛口》

カ・ロヘーラを訳すと「狼達の古家」という意味だだとか。その由来は、その昔‥北からやってきた密売人が湖岸の屋敷に密輸入した商品を隠し、その隠れ家を狼たちが守ってくれたという伝説からだそうです。ロンバルディア州の美しいガルダ湖、その南湖岸近くのシルミオーネという街にカ・ロヘーラはがあるんですね。輸入元の資料では14ha、ヴェロネッリでは18haと記載されている畑はこの周辺にあるようで、グーグルマップで、カ・ロヘーラの住所を調べてみましたところ、以前とは場所が変わってますね。公式サイトに記載のあるテイスティングルームも醸造所も見えます。また、アグリツーリズモも営んでおられますがきっと同じ敷地内かな。娘さんがヤッてるというエノテカは、ガルダ湖沿いにあったような。

家族経営の小さな生産者、今回ご紹介するのは一番スタンダードなルガーナDOCとなります。トレッビアーノの亜種であるトレッビアーノ・ディ・ルガーナ、地元ではトゥルビアナとも呼ばれる品種でDOC規定は1967年に認定され、90%以上の品種構成となります。スペリオーレや、リゼルヴァも詰めており、それらの比較すると平均樹齢の若いブドウが使用されている模様。白い粘土質の土壌でhaあたり約4000本で栽培されているルガーナは温度管理されたスチール製のタンクでの発酵と熟成‥一部マロラクティック発酵も施され、フィルターと清澄が施され瓶詰めされます。

独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味

お馴染みのカ・ロヘーラらしいラベルデザイン。コルクはノマコルクの4,5cmで安心。冷蔵庫キンキン温度、グラスはザルトのユニバーサル型にします。ちなみに表記のアルコール度数は13度。透明度のある卵色、少し若さゆえの黄緑を少し感じますね。香りはルガーナらしく洋梨汁ぶっしゃーな白い果肉香が主体。白い果肉としては、少し桃の風味もはいりますが、いずれにせよ、白や薄い緑のハーブ系のさわやかさも混じります。桃や、洋梨のソルベの上にちょこんとミントが乗ってる感じね。ペアーな洋梨もありますが、幸水のような和梨の風味も。

口に含みますと、しっかりとミネラルの存在感がありますが、白い岩を舐めているような感覚ではなく、その透明なクリスタルに内包される果実味がやっぱり梨汁ぶっしゃーな、梨のたっぷり感があり、なかなか唾液を誘発する心地よい旨味と酸味があります。終盤にほんのりと苦味があり、舌の上に味わいの余韻が続きます。旨味や果実味に甘味はありますが、ほんのりとしたもので、終始ドライバーな飲み口。派手なフラワーフレーバーもないのもいいですね。あまり花の香りが芳香過ぎると食事との相性も悪くなるし、なんせ飲み飽きてしまいますからね。果実味には新鮮な梨のほとばしり感もありますが、案外落ち着いてますね。2018年はどこか酸に低さを感じて、スルーしたのですが、この2019年は低くも感じなければ、高いわけでもない、丁度いいレベルに位置していますよ。冷蔵庫キンキン温度ですが、どこか温かみもある。決してクリアに冷えないという意味ではありません。そして、キンキン温度でもしっかり香味が開いているのもいいですね。うん、酸味のレベルが2019年はいいですね。というか、元に戻った感があるかも。旨酸っぱさもあって、食中酒としてのイタリアの白らしさがあるのがいい。

二日目も冷蔵庫キンキン温度、グラスはザルトのユニバーサル型です。少し塩気と潮気のあるミネラル香、洋梨と桃の香りがやわらかいですね。柑橘がないわけではないし、酸味との兼ね合いでそう感じる部分もありますが、あくまでも白い果肉の果実の風味が主体。酸味も伸びが出てきましたね。ほんのりとした苦味もいいアクセント、バランスもいいし、今年はヌケ感や、ユルさがないのがいいですね。旨あ味もほどほどで旨味推しというわけでもないが、ワイン単体でも結構イケるタイプ。飲み込んでからの戻り香に花の香り。シャルドネ的なリッチさではないけれども、バターを使った白身魚や貝類、鶏肉などに火を入れたものがいいかもしれません。タマネギなどの甘味もあればいいですね。

二日目も冷蔵庫キンキン温度、グラスはザルトのユニバーサル型です。初日から一貫した梨系の香り、爽やかなハーブ、三日目でもヌケ、ユルみのない果実味と酸。うん、整ってますね。おいしいです。やっぱりワイン単体でもおいしいですね。なんなら洋梨と生ハムの前菜なんかもいいですね。梨系の果実味がありますから、当然梨との相性はいいんだけども、ある意味あまり感じない柑橘を食べ物で加えるのもいいかもしれないし、塩味もそう。ないものを足し算するマリアージュにもいい。2018年は自信を持ってオヌヌメできます!

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る