Langhe Nebbiolo 2009 Azelia

ピエモンテ州の赤 > Azelia

更新履歴 2011/11/25
情報 商品入替につきセール
通常特価 2,280円(税込)
販売価格

1,980円(税込)

在庫数 SOLD OUT

ランゲ・ネッビオーロ 2009 アゼリア
《イタリア/ピエモンテ/赤/ネッビオーロ/ミディアム》


創業は1920年、カスティリオーネ・ファレットの中心部にアジェンダを構える現当主は、4代目となるルイジ・スカヴィーノ氏。エンリコ(父はパオロ)・スカヴィーノとは親戚で、家もすぐ隣だとか。このアゼリアの方が本家筋だそうですが、エンリコの伯父のアルフォンソが、大量生産ネゴシアンのスカナヴィーノと紛らわしい‥として改名すべきと言われ、アジェンダのある土地の名前アブゼリア(ピエモンテの方言)をイタリア語風に直してアゼリアとしたそうな。

葡萄は全て自社畑からのもので、カスティリオーネ・ファレット、セッラ・ルンガ・ダルバ、モンテルポーネ・アルベーゼに畑を所有します。リゼルヴァを含めると4つの著名なクリュ・バローロを醸しており、パオロ・スカヴィーノでもお馴染みのブリッコ・フィアスクは特に著名な畑。元々スカヴィーノ家の単独所有クリュで1945年にアゼリアとパオロ・スカヴィーノに分けられたそうです。

マルク・デ・グラツィアのグループに加盟したのは1995年、当時8割以上の新樽比率だったようですが、現在、マルク・デ・グラツィア・セレクションに名前はありません。最近、この手の話は少なくなく‥マルク・デ・グラツィア・セレクションとしての品揃えだった輸入元さんが続々その銘柄を扱い中止、他の輸入元さんにバラバラにその権利が‥という状況は、マルク・デ・グラツィアからの卒業かな‥。自身のヤリたい事‥方法を見つけ、それを‥という流れは悪くはないし、その方がいいからね。もちろん、マルク・デ・グラツィア・セレクションを否定するつもりはありません。彼が居なければ、埋もれたまんまの生産者は少なくなく、いや、生産者にも転身しなかったであろう栽培農家だって居てたかもしれませんしね。ま、時代ですね。

マルク・デ・グラツィア・セレクションを外れたとしても、アゼリアは現在もロータリーファーメンターを使用するなど最新の醸造技術も使いますし、バリックでの熟成も施します。おおまかに分類するとモダンなバローロの生産者‥と言えるかもしれませんが、アゼリアは国際品種‥使わないし栽培もしていないんですよね。バローロとなれば熟成させたい‥となりますが、そこはちょいモダン‥若い内からでもちゃんと楽しめるようになってます。一時期と比較すれば、価格もこなれてきたのも嬉しいですね。


海抜250mの南西向きの畑で栽培されるネッビオーロは樹齢約20年。初ビンテージは1919年‥って創業は1920年の資料やのにどないせーっちゅーねん。比較的若樹からの葡萄が使用されており、天然酵母での発酵はロータリーファーメンターで短期間で。マロラクティック発酵が施された後、ステンレスタンクで15ヶ月の熟成。瓶熟成期間は6ヶ月以上とのこと。


独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味


基本的にバローロ達は黒紺、このランゲ・ネッビオーロは小豆色、新しい輸入元さん的にはまだ未入荷なバルベーラはブルーで、ドルチェットは朱色が貴重となるラベルデザインには統一感があり良いと思います。ラベルに表記のアルコール度数は13.5度で、コルクはまぁまぁの質の4cm。グラスはブルゴーニュ型一択です。キレイな透明度のあるルビー色で、香りも良く開いていますね。抜栓したての一杯目ということもあるのか、ややアルコール感もありますが、赤いベリー系の甘味ある香りがしっかりと感じられますね。ステンレス仕上げですから、果実香にも透明度がある。ほろっとしたスパイス香も心地よい。口に含みますと、透明度のある輪郭、甘味があり、やはりベリー系の果実味が開いていますね。溶け込んだタンニン、果実味豊富でモダンな印象もあるが、酸味はしっかりと馴染み、酸不足というモダンさは皆無。石灰質土壌を感じるミネラル。果実味にまんまグレープの要素、余韻も十分ですね。2000円台前半でこのレベルの生産者のランゲ・ネッビオーロだと使えますねぇ。もちろん、樽を使わないがゆえの価格であるかもしれませんが、香味が開いているミディアム‥分かりやすいですね。

二杯目はオヴァチュアで。ついついネッビオーロやネレッロ・マスカレーゼのキレイなタイプはブルゴーニュ型で飲み始めてしまいますが、スタンダードクラスは、小振りで密度を高めてあげるほうが似合う場合もありますからね‥。

うん、その通り。このワインだと、オヴァチュアの方が似合う。二杯目ということもあるかもしれませんが、よりまろやかで、密度も114%という感じ。とても美味ですね。キレイなミディアムボディですが、アルコールの部分にちょっとエキスちっくな部分を感じ、それが旨味にリンクする。

なぜかオカンが差し入れしてきたのは鯛の塩焼き。皮目の身の間の脂のを食べればその質がわかるというもの。もちろん臭みなどないいい鯛だな。塩の塩梅は完璧で、皮目はパリっと香ばしく、ならば、樽を感じる方がいいのかもしれないが、鯛かネッビオーロか?どちらが先でも、どちらが後でも生臭味などありえないから不思議。しっとりしながらも、密な繊維にいいパサっとさを感じる純白の白身の旨味を引き出す塩‥ほぉ、まさか鯛の塩焼きとネッビオーロとか‥スゲーおもろいな。

二日目は素直にオヴァチュアで。ふむふむ‥香りは初日同様。口に入れてからが素敵。まとまりに、旨味と深さ。ボディも134%ですよ。初日から一貫して若い樹からのやや未熟さも感じないわけではないが、それこそ若さの醍醐味でもありこの価格からすれば上出来で納得のコスパ。

三日目もオヴァチュア。まとまりは体を小さく感じさせるが、それでいいのだ。旨味と甘味が、舌先から舌全体へとちゅるんと広がる。余韻も十分に長さを保っており、三日目もなお美味。初日から美味しい状態、開いた状態が続き使い易いですねぇ。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

5%還元-2020年6月まで!

カード決済(クロネコWEBコレクト)なら5%還元!
キャッシュレス
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る