Verdicchio di Matelica DOC 2009 La Murola

イタリアの白ワイン

更新履歴 2010/10/06
販売価格

1,180円(税込)

在庫数 SOLD OUT

ラ・ムローラ社のワインの中で、こちらのみ限定輸入となっておりますので、早期に終売の可能性がございます。

ヴェルディッキオ・ディ・マテリカ 2009 ラ・ムローラ
《イタリア/マルケ/白/ヴェルディッキオ/辛口》


マルケ州の中部‥マチェラータ県はウルビサーイア地区に居を構えるラ・ムローラ社。1800年代初期に、当主ユーレック・モシェヴィチの母方の祖先によって購入された、マルケ州でも最も美しい修道院のひとつと言われるフィアストラ修道院の一角にアジェンダを構えます。

主に、東と南に面した丘の斜面に58haもの葡萄畑を所有しており、土壌は主に硬い粘土質、海抜は250m〜300mな内陸性気候となります。そんなラ・ムローラ社は、やはりマルケの土着品種からマルケらしさ溢れるワインを醸しています。

マルケ州の主要土着白品種であるヴェルディッキオ。そのカステッリ・ディ・イエージと、このマテリカはDOCですね。カステッリ・ディ・イエージ地区の方がアンコーナ‥アドリア海に近く、マテリカはウンブリア州に近い山岳部となるようです。以前にヴェルディッキオに特化した試飲会でイエージとマテリカの飲み比べをしましたが、マテリカの方が、やや塩分的なミネラルが豊富なのが特徴かな?イエージの方は、厚みのある果実‥そんな感じです。で、今回はマテリカですね。その試飲会にもこのワインが出品されていたのですが、全体的に高いから旨い‥という感じはなく、高いヴェルディッキオに限って樽熟成が品種特性を曖昧に感じさせたり、コスパが極端に悪くなる印象も‥中でもこのマテリカは一番安かったのですが‥これで十分やん♪そんなコスパ◎な一本でもあります。

なお、このヴェルディッキオ・ディ・マテリカのみ、輸入元さんの定番アイテムではなく(カタログ未掲載)で、入荷本数もさほど多くありませんので、早期に欠品するかもしれません。イエージではなくマテリカ‥を、このお値段で‥しかもコスパ◎!ぜひ、この機会にお試しあれ!




独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味




共通のブルゴーニュ型瓶、ラベルデザインも共通の物で、ラベル地の色が分けられていますが、Mの文字が大きく白抜きになっております。なかなか下地の色が原色というかポップな色使い‥共通のオリジナルの黄色いキャップシールとともに、なかなか見栄えのするデザインで可愛いですね。ただし、紙質が悪いわけでも、インクが悪いわけでもないと思うのですが、一部ボトルは、下地のそのポップな色使いな部分が擦れな剥げがあるのが残念です。

このヴェルディッキオ・ディ・マテリカのボトルには、なぜかn(エンネ)という文字が金色で書かれており、他のワインにも何か文字が‥となりますが、何を意味しているのかはわからず。表記のアルコール度数は12.5度。コルクは4cmながら、案外しっかりとした感じですね。冷蔵庫キンキン温度‥グラスはオヴァチュア一択です。

薄い麦わら色。グラスの内壁には、フレッシュなプチプチが散見されます。香りは大人しめですが、ヴェルディッキオらしい南国のフルーツ‥葉っぱ付き‥と、柑橘の香りが入り交じります。そこはかとなるアーモンド的なナッティーな香り。口に含みますと、プチプチではないフレッシュな酸味も感じますが、これまたヴェルディッキオらしい、ほどよい厚みがありますね。ミネラルに塩っぽさを感じるのはマテリカならではかもしれません。その塩っぽさは「潮」と解釈すれば、海の幸にも合いますし、この塩っぽさに野菜を連想すれば、野菜にも合いそうですね。口に入った瞬間から、余韻まで‥終始段差のない厚みが続くのも好感が持てます。輪郭に瑞々しい甘味、ほろっと苦味がないわけではない穏やかさ。

二杯目です。他の品種(今回三品種同時試飲です)を比較すると、香りにもミネラル、塩っ気を感じますね。いい意味でヴェルディッキオ‥しかもマテリカを感じます。イエージよりは「山のワイン」的なイメージがありますが、魚介と合わせたいですね。貝類‥生牡蠣でもいいです。もしくは、ピエモンテな料理ですがヴァーニャカウダとか?アンチョビ的な魚の旨味が塩で引き出されたような塩っ気の味付けや、野菜のミネラルが相性良さそうですね。

余韻に残る旨酸っぱさが秀逸。温度が上がってもダレないし、緩まない‥。

二日目です。綺麗なハーブ香も前面に、ヴェルディッキオらしい香りが上がってきますね。口に含んでも、塩っ気のあるミネラルと酸味が、構成を崩していません。蒸した魚‥バジルや、レモンなど‥いいかもしれませんね。ほどよいボディ‥厚みがあり、やはり終始ショボく崩れることがない。

ヴェルディッキオの試飲会で、あれだけ高級な(価格がね)ヴェルディッキオも飲んだんですが‥普通のでええやん♪と、思ったのも間違いではないかな。十分‥このヴェルディッキオ‥イケてるね。


TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る