Piere Sauvignon 2019 Vie di Romans

イタリアの白ワイン > Vie di Romans

ヴィエ・ディ・ロマンス

更新履歴 2022/05/06
販売価格

4,680円(税込)

購入数

ピエーレ・ソーヴィニョン 2019 ヴィエ・ディ・ロマンス
《イタリア/フリウリ/白/ソーヴィニョンブラン/辛口》

フリウリ州‥スロヴェニアとの国境沿いの街、ゴリツィアの西に位置するマリアーノ・デル・フリウリ地区はイソンツォDOCエリアとなります。祖父の代から100年もの間、ガッロファミリーの手によって守られたその土地は、水はけのよい平らな土地で、海と山の両方から吹く風に恵まれるミクロクリマを持つテロワール。

17歳で家業を継いだ現オーナーのジャンフランコ・ガッロ氏は、同地区のみならずイタリアの生産者が一目置き、イタリア最高の白ワインの生産者として最も尊敬され信頼される‥「北の巨人」と形容される人物です。ジャンフランコが三代目‥次は息子さんが四代目となるそうです。

創立以来「ガッロ」と名乗っていたものの、カリフォルニアの大規模なワイン生産者である「(EJ)ガッロ」との商標権の兼ね合いで1986年に名称の変更を余儀なくされたそうで、現在の「ローマ人の道」という意味のヴィエ・ディ・ロマンスになったそうです。

彼の考えるテロワールとは「人間、土地、気候、ブドウ品種」であり、その中でも最も重要なのは「人間」であるとのこと。また「テロワールに最も適したブドウを栽培すること」「凝縮したブドウを作ること」「完熟期を迎えたブドウを最高のタイミングで収穫すること」な、当たり前のことを当たり前に‥に向かって邁進する生産者。

流行の醸造法や、市場に流されることなく、彼がその地で得た知識、経験を元に毎年生み出されるワイン達。何度かご一緒させて頂きましたが、本当に偉大さを感じる人物ですね。そこには包容力もあるわけですが、自身の目標や探求へのストイックさをヒシヒシと感じます。とても几帳面でブレない‥見習いたいものですね。

2009年からの樽発酵やマロラクティック発酵の廃止、リースリングレナーノ単一のプリン・フリートや、メルロからなるロゼのチャントンスの生産終了もあり、転換期にあると言え、それまでのスタイルとの差異は少なからず感じて当然ですが、思想としては進化をたどっているはずなんですよね。

イソンツォDOCエリアは北緯45度から46度、日本でいうと最北端である稚内あたりとなります。この地区は平地で海抜も30m前後ながら「北」であることや、大陸性気候と地中海性気候の両方を併せ持つこの地区だからこその要因も多数でそのひとつにロシアから吹き付ける冷たく乾いた風"ボーラ"が平地ながら滞留を興さずに冷涼な気候を保っています。

イソンツォ川の南部は粘土質や石灰質が多い土壌で、畑での仕事量は半端ない。グリーンハーヴェストは二度行い、一本の樹から収穫されるブドウは600g、一本のワインを造るに1000gのブドウが必要と言われているので、そのためには二本の樹から収穫したブドウを使うことになりますね。

また徹底的に酸化を防ぐ醸造も彼ならでは。除梗の段階から極力酸化を防ぎ、発酵が始まるまではドライアイスの粒を混ぜることで酸素を寄せ付けません。またタンクには窒素を充填することで酸化を防ぐ徹底ぶる。酸化を防ぎきった果汁は、ブドウの粒の中味と同じ色、香り、味を持つそうです。

 2019年のビンテージ情報

 冬から春にかけて厳しい気候が続いたが、夏前から熟成期にかけて回復、気
 温も上がり安定しました。ブドウの芽が出始めたのは4月上旬。気候は安定し
 ていましたが、5月に入ってからは気温が下がり寒く雨が多かった。湿度は高
 く、ブドウの栄養バランスが崩れることが懸念されたが6月に入ると気温は上
 がり、開花を迎える品種には好条件の気候となった。気温の上昇による水不
 足もあったが、好転の影響でブドウの葉は成長、懸念していた栄養不足も回
 復。7月上旬は気温が下がり、雨も降り涼しくなりました。雹が降ることもあ
 りましたが、それ以降は天候は回復、昼夜の寒暖差(昼33度、夜16度)も十
 分にあり、ブドウにとって恵まれた気候条件となりました。8月以降、熟成を
 迎えるまで好転が続きました。出来上がったブドウはキレイに熟成したアロ
 マをもち、酸と糖度のバランスが良く、フェノールの理想的な熟成を遂げま
 した。

 ヴィエ・ディ・ロマンスの熟成樽に関しての追加情報

 西野嘉高もテクニカル情報を書きながら気になっていたのが熟成樽の容量の
 情報なんですね。225Lと228L‥その3Lの違いに何があるのか?輸入元さんか
 ら回答が来ましたので追加情報として記載しておきます。

 樽の製造メーカーによってブルゴーニュタイプである228L容量の樽と、ボル
 ドータイプである225Lの樽のが異なるそうです。元々ヴィエ・ディ・ロマン
 スではブルゴーニュタイプの228Lの樽を使用したいたそうですが、樽メーカ
 ー(ダルジュ、バロン)がブルゴーニュタイプ(228L)の樽の製造を止めて
 しまい、以降はその樽メーカーからボルドータイプ(225L)の樽を購入する
 ことになったので、熟成に使用する樽の容量が複数あるようです。

 なお、現在ヴィエ・ディ・ロマンスのワインの熟成に使用されている樽のメ
 ーカーとタイプは下記の通り。なお、3Lの差はワインに及ぼす影響はないと
 のことです。

 ・タランソ  :ブルゴーニュタイプ
 ・セゲンモロー:ブルゴーニュタイプ
 ・ダルジュ  :ボルドータイプ
 ・バロン   :ボルドータイプ

1981年、1984年、1997年、2002年にhaあたり6000本の株密度で植樹されるピエーレ畑は12,5haの表記となっており、2016年の11.45haよりも畑が少し増えた模様。それに伴い平均樹齢も17年となっています。

ソーヴィニョン・ブランのステンレス仕上げがこのピエーレとなりますが樽熟成されるヴィエリスとの違いは醸造方法のみならず、畑の土壌の違い=ソーヴィニョン・ブランのクローンの違いとなります。ピエーレとなるソーヴィニョンブランは、イタリアのクローンで粒が大きく房が小さい"R3"と呼ばれるタイプ。粒が大きいので果汁に富み、香り豊かで酸もしっかりしたもの。ヴィエリスで栽培されているのはフランスのクローンで粒も房も小さいタイプ。粒が小さいということは、果汁に対する皮の比率が大きくなり皮からの香味成分が豊富でパワフルでボリュームがありそれを熟成させるワインに仕上げるには樽が必要とのこと。

「ピエーレ」は「石」という意味で、砂利や小石を含む、赤味がかった肥沃な泥粘土質土壌で海抜33mに位置します。2019年は9月5日、6日、11日、12日、13日に手摘みでの収穫。ステンレスタンクで約8度でのコールドマセラシオンの後、16度から19度に温度管理されたステンレスタンクで18日から22日間のアルコール発酵。マロラクティック発酵は行われません。澱と接触させたまま約8ヶ月間ステンレスタンクにて熟成され、2020年の3月22日、25日、26日に瓶詰め。11ヶ月以上の瓶熟成を経てリリースされます。

アルコール度数は、2007年は15.06度、2008年は14.8度、2009年は14.84%、2010年は13.82度、2011年は15.24度、2012年は15.27度、2013年は14.91度、2014年は13.08度、2015年は13.90度、2016年は14,76度、2017年は14.5度、2018年は15度、2019年は14,19度となります。

独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味

お馴染みのヴィエ・ディ・ロマンスのラベルですね。コルクはなかなかの質の5cm。冷蔵庫キンキン温度、グラスは、シュビゲラウのユニバーサル型です。少し黄緑色がかったしっかりめのレモンイエロー。ちなみに温度は8,8度。ソーヴィニョンらしい猫のおしっこなハーブ系のさやわかさもあるが、ミカン的な柑橘、もう少し色温度の高いオレンジのような風味もある。やわらかいレモンバーム、香りだけでも、層を感じ、ミルフィーユな厚みもある。香りはこの温度でも十分に開いて感じますね。

口に含みますと、クリアなミネラルと、舌に少し刺激を感じるフレッシュさもありながらも、果実味の密度とほどよくあるボディが口の中を満たします。含み香にも、柑橘とハーブの溶け込みを感じ、ソーヴィニョンらしさがあるますね。新鮮な酸味と、穏やかに溶け込んだ酸味があり、ヴィエ・ディ・ロマンスらしい厚みのある果実を感じつつも、飲み口はやわらかさの中にシャープさがありドライでおいしい。実は、毒味は二本目なんですよ。リリースされてすぐに飲んだんですが、時期が合わなかったんですよね。やっぱりソーヴィニョンは春がおいしい。少し暑さも感じる初夏もいい。春野菜、夏野菜、とてもいい。いい意味で旨酸っぱいですね。そしてハーブが効果的(強すぎはない)。

やっぱりね、木の芽和えとかソーヴィニョンにピッタンコだよね。このピエーレなら酢味噌が結構ボディあってもぜんぜんオッケー。というか、このピエーレは木の芽和えそのものなんだよ。木の芽=ハーブ、酢味噌=果実とその酸味なんだな。ここにボイルしたエビや、イカがあれば、なおさら豪華に合う。

二杯目の温度は13,2度。温度の上昇で旨甘味も増してくるし、少し粘性も感じるようになる。その分、シャープな酸味やややマスクされる感覚はあるけれども、こうやって、温度調整で遊べるのがとてもいい。

二日目、冷蔵庫キンキン温度、ちなみに7,6度。グラスはシュピゲラウのユニバーサル型。全体的にまとまり、まろやかな香りになってきましたね。ハーブ系の揮発よりも、丸い柑橘というバランス。口に含みますと、飲み口もまろやか。ソーヴィニョンながらボディ、密度があるのがヴィエ・ディ・ロマンスらしいですね。ピエーレらしいクリアさはもちろんあるし、初日ほど新鮮、フレッシュな感じはありませんが、まろやかさの中に酸味も感じられてユルさはない。旨味もしっかりあるなあ。でも柑橘やハーブもあってソーヴィニョンらしさは損なわれない。

こうなると、豚肉または鶏肉あたり、豚肉ならロースのおいしい脂を、鶏肉なら皮のおいしい脂を香ばしくローストして、肉厚のそれにバジルやイタパセのソース効かせる感じもいいかもしれませんね。このボディのあるワインだからこそだし、ソーヴィニョンだから、ハーブ系を足してあげればいい(レモンなどの柑橘果汁プラスもいい。もうカラアゲにバジルソースとレモンかけたらええで)。これがもっと、シュっとあっさりとしたソーヴィニョンなら、きっとアスパラガスがどやのこやのとか、瑞々しいお野菜と合わせるのを思う浮かんでたはず。そういう感じね。

三日目も冷蔵庫キンキン温度、グラスはシュピゲラウのユニバーサル型、ちなみに温度は8,4度。二日目と同じトーンですが、最初に甘味、後半にドライな酸味がクッキリとしてきました。二日目よりも重心低くまとまっていますが、十分な密度とボディは変わらす。ステンレスタンク仕上げであっても、ヴィエ・ディ・ロマンスの作品であれば、なにもサッパリシャープなソーヴィニョンでなくともよく、品種特性も生産者特性もバリバリ感じられる良ワインも相変わらずです。その甘みの部分にね、どこかソーヴィニョンらしからぬ白桃など、白い果肉の果汁感があるのも特徴かなあ。でも、ソーヴィニョンの個性がハッキリ出てるので気になるわけでもなくおいしい。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る