Passobianco 2019 Passopisciaro

イタリアの白ワイン

アンドレア・フランケッティ

更新履歴 2022/03/08
販売価格

4,580円(税込)

在庫数 残り僅か 4本です
購入数

パッソビアンコ 2019 パッソピッシャーロ
《イタリア/シチリア/白/シャルドネ/辛口》

テヌータ・ディ・トリノーロを率いるアンドレア・フランケッティ氏のシチリアプロジェクトであるパッソピッシャーロ。彼が醸す唯一の白ワインはシャルドネなのです。2013年まではその区画名である「グアルディオーラ」を名乗っていましたが、2014年から「パッソビアンコ」に変更となりました。赤は「パッソ・ロッソ」に2013年から変更済です。

2007年が初ビンテージ。アンドレア・フランケッティ氏の鬼才と呼ばれる元凶は、その実験魂かもしれません。結果、シャルドネが‥商品化されましたが、シチリアに畑を買った当初はヴィオニエなども栽培していた‥と聞いておりましたし、今でも、色んな品種を実験的に植えていたはずです。

植樹時は4haでしたが、現在の畑面積は5ha。昨年の情報よりも1ha増えております。標高850mから1000mというエトナ火山の山肌に位置します。深さ30mの溶岩灰は非常にミネラル分が高く、元々の肥料に富む土壌。haあたり12,300本という高い株密度で、列と列の間隔、ブドウの樹同士の間隔はいずれも約90cmとなっています。ネレッロマスカレーゼは樹齢の高さからそれほどの密植ではありませんが、こちらは樹齢15年、そもそもフランケッティの計画で植樹されていますので、これだけ高い樹齢となっているようです。

地面から約60cmの地点でのグイヨ仕立てでシャルドネが栽培されています。もちろん、ネレッロ・マスカレーゼやネレッロ・カプッチョの樹齢の高いブドウ樹が栽培されているグアルディオーラの区画ですが、そんな火山性土質のミネラル豊かな土壌はシャルドネにも‥という判断かと思われます。樹齢は19年。散布されるのは、プロポリ、銅、硫酸塩となります。

収穫されたブドウは収穫後5度に冷やされた部屋に運ばれ醸造が始まります。低温で圧搾されたマストは、23度に温度管理されたステンレスタンクで20日間の発酵後、セメントタンクと大樽の併用で18ヶ月の熟成後瓶詰めされます。2021年の3月に瓶詰めされました。

独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味

お馴染みのラベルデザインですね。そしてお馴染みの重量級の分厚いブルゴーニュ型瓶です。コルクはなかなかの質の4,5cm、冷蔵庫キンキン温度、グラスはシュピゲラウのデフィニションのボルドー型です。なお、温度は7,6度となっています。2014年から2016年まではアルコール度数は13度、2017年と2018年は扱ってないので不明でsが、小公式サイトには記載があったと思います。黄色味、ゴールドが深く見えますね。いつからかはハッキリしませんが、この数年で熟成期間が長くなりましたし、どこかで造りに変化があったかもしれません。パインや、アプリコットなど黄色味のハッキリした果実の果汁に、爽快なミントのヒント、暑い年だったそうですが、焼けたようなニュアンスもないし、エトナらしい黒い土壌というよりは、シャルドネに似合う白い土壌のミネラルの風味。ミネラルの風味もありますが、シャルドネらしい果実香もしっかりとしています。思ったよりも樽香が控えめなのは例年と同じ。

口に含みますと、軽くカスターディな風味がありますが、味わいにもパインや柑橘の風味が主役。冷涼なミネラリーさもありますが、密度もあり、重さではなくボディは程よくある。酸のレベルも適切で、程よい旨味といいバランスですね。少し蜜の風味ある甘味がありますが、味わいはしっかりとドライ。セメントタンクと大樽の比率は不明ですが、ほんと邪魔な樽はない。ミネラル香が出てきましたね。とはいえ、火山っぽさは少なめですが。冷涼なミネラル香。口先からほどよい厚みがあり、そのミネラルの厚みも表面張力のように感じられます。注ぎたての二口とそれ以降とでちょっと違いますね。より良くなってきました。一応温度を測ると8,8度。これはもう少し上げた方がいいのかもしれませんね。温度が上がると、エトナらしい火山性土壌の風味が少しスモーキーな感じで上がってきますね。あくまでもシャルドネの果実の香味は保ったままですので、複雑さが増してくる感じです。10,6度、うん、温度はまだ高くてもいいかもしれませんね。旨味も出てくるし、強くはないけれども樽の風味も、シャルドネ感がマシマシです。

二日目もシュピゲラウのデフィニションのボルドー型です。温度は13,2度。樽ドネとしては樽香も大人しい部類ですが、ステンレスじゃないのは感じとれる。とはいえ、冷涼なミネラルもあるから尚更樽ドネ感推しではない。口に含みますと、これぐらいの温度だと、粘性も感じられるし、旨味もしっかりしてますね。十分なボディもありますが、キレイに酸味が通りますし、13度というアルコールが飲みやすい。

三日目もシュピゲラウのデフィニションのボルドー型です。温度は12,8度。より飲み口なめらかで、程よい粘性がありしつこくなんだけれども、まったり感もあっておいしい。まあ、これぐらいの温度にはした方がいいし、三日目が一番好きかな。うん、旨味しっかりしてて、密度の高いシャルドネを満喫できる(濃いわけではないぞ)。いやあ、これは三日目まで引っ張って欲しい(そして、12度以上で)。基本的なエトナの標高の高さやミネラルを感じさせつつも、このシャルドネ進化してますよ!

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る