Rose Scuro NV (2019) Valdellecorti

イタリアのロゼワイン

チョメチョメ先行案内対象ワイン(FM2020)

更新履歴 2021/09/14
販売価格

1,980円(税込)

在庫数 残り僅か 20本です
購入数

※希望小売価格 2,772円税込→ 通常特価 2,280円税込→ 特別価格 1,980円税込
2021年8月15日10時更新:初回入荷分36本が残り少なくなりましたので24本追加UPしました。
※2020年8月18日(水)10時半更新:36本追加UPしております。

ロゼ・スクーロ NV (2019) ヴァルデッレコルティ
《イタリア/トスカーナ/ロゼ/サンジョヴェーゼ主体/辛口》

キャンティ・クラッシコ地区の中でも個人的に大好きなのがラッダ・イン・キャンティ地区。パンツァーノとガイオーレに挟まれた標高の高い地域で、その標高差も200mから800mと激しく比較的涼しい地域でもあります。その標高の高さと差からエレガントな酸を持つ極上のサンジョヴェーゼが生まれるわけです。特にソットゾーンで選ぶことはありませんが、蓋を開けてみれば‥西野嘉高が選ぶキャンティ・クラッシコはラッダから生まれるものが少なくありません。

このヴァルデッレコルティは以前から注目していた生産者で、2008年ビンテージから日本市場でも紹介できるようになりとても嬉しく思います。1974年創業のヴァルデッレコルティのブドウ畑はたったの4ha。畑もミニマムですが、小さな醸造所と宿泊施設を併設しています。注目されるようになったのは、二代目の現当主‥ロベルト・ビアンキ氏の手腕によるもの。

温度管理されていないタンクの発酵温度を下げるには、夜になれば夜空の下にタンクを移動させる‥搾汁、醸しは足でブドウを踏んでみたり‥原始的かつシンプルな醸造を積み重ねています…と書きたいところだが、醸造方法はほったらかし、ではありません。サンジョヴェーゼの香味をよりストレートの抽出するための策はセニエやマセラシオン・カルボニカなど基本的なテクニックはしっかりと採用しています。

標高の高さだけが利点ではありませんが、地球温暖化などの影響もあり、過熟傾向。標高の高さは冷涼な酸やミネラルをもたらし、よりエレガントなワインとなります。ラッダの注目すべき造り手‥ヴァルデッレコルティ‥やはり好きな造り手のひとつです。

海抜約450m付近、東向きの泥炭土と石灰、石の多い土壌で栽培されたサンジョヴェーゼ(ほぼ)100%。収穫後のブドウは、7日間のスキンコンタクトの後、キャンティ・クラッシコに使用する分を取り出します。セニエとも言えますが、一般的なセニエはロゼに使用する部分を取り出すんだったような気がします。開放型のステンレスタンクでアルコール発酵と、約6ヶ月の熟成。ちなみに表記のアルコール度数は12,5度。

飲んでみました。

商品名をご覧の通り、こちらは"Vino Rosato"と記載されており、記載はありませんがいわゆる"Vino da Tavola"格になりますね。よってビンテージの表記ができませんが、お約束のロット番号に「L 01/19」とありますので、こちらは2019年ビンテージとなります。初ビンテージは2007年で、弊社では2012年と2013年を、前の輸入元の時代に扱っておりました。新しい輸入元になってお値段も上がったのもあり、このところ扱っておりませんでしたが、輸入元担当の猛オヌヌメがありサンプルを飲んでみたところ‥あら、こんなにおいしかったかしら‥で復活採用をなりました。

決めてはサン・ジュスト・ア・レンテンナーノのロゼ、フオーリ・ミスラを彷彿としたことと、スタンス、飲み方が基本的に同じということもありますね。ロゼにしては、色はかなり深めです。スミレ、イチゴ、ラズベリー、フランボワーズ、チェリーなどの赤い果実香が豊富かつ複雑です。レンテンナーノのロゼよりもヴァルデッレコルティに顕著なのは、ミンティーな部分とハーブの風味。特に温度が低い状態だと、それらがミネラルとともに前のポジションになります。しかし、このロゼの飲み方は、決して冷やしすぎないこと。いや、キンキンに冷えていてもロゼらしくっておいしいんですけどね。本領を発揮させるなら、キンキンからなら、結構温度が上がってきた状態。常温からすれば軽く冷えてるかな?というぐらいの温度帯がいいですね。レンテンナーノのロゼ同様に、タンニンもしっかり感じられ、まるで赤ワインのように‥いや、あくまでもロゼですけれども。まるで赤ワインと言っても、一般的なライトボディの赤ワインではないし、それよりもボディ感はロゼに近いのですが、そんなライトボディの赤ワインよりも圧倒的に複雑な香味があり、それを超えてるんですな。それがこのヴァルデッレルティや、レンテンナーノのロゼの個性でありスタンスなんですね。

よって、まずはキンキンで飲んでいただいても結構ですし、ロゼらしさを求めるなら低めの温度で。温度が上がると複雑な果実の香味や渋味が上がり、開いてきますので、複雑ながら軽やかな赤+ミントとハーブな感じで捉えていただければと思います。フルーツトマト、モッツァレラ、バジルなカプレーゼもいいですし、プロシュートや、モルタデッラなんかもいいですね。サルティンボッカとかこんなロゼがいいかもしれませんよ。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る