Chianti Classico Riserva 1998 Querciabella【第一回販売分】

トスカーナ州の赤 > Querciabella

更新履歴 2021/02/06
販売価格

7,980円(税込)

在庫数 SOLD OUT

※ログインしてお買い求め下さいませ。
※お一人様(同ビンテージは)1本でお願いします。


キャンティ・クラッシコ・リゼルヴァ 1998 クエルチャベッラ
《イタリア/トスカーナ/赤/サンジョベーゼ 主体/フルボディ》

1972年、アメリカのイタリア系移民だったジュゼッペ・カスティリオーニ氏がグレーヴェ・イン・キャンティ地区に150haの土地を購入。当初2ha程度だったブドウ園も、現在は約75haとなりました。いつの日か故郷のイタリアに戻り、その象徴でもあるワイン造りを‥は、イタリアをルーツに持つ移民の子孫や、イタリア内外で事業を成功させた者達は一様に考えるものなのかもしれません。

1,332本のみ生産された初めてのキャンティ・クラッシコは1974年ビンテージのこと。本格的に稼働したのが1979年からだそうです。1981年には当時VdTのカマルティーナを発表し、ジャコモ・タキスがエノロゴを勤めていました。現在はタキスからグイド・デ・サンティ氏が引き継いでいます。1988年からオーガニックでの栽培を始め、2000年からビオデナミでの栽培となっており、最近のクエルチャベッラはビオデナミ推しとなりますが西野嘉高が毛嫌いするような不潔さは皆無ですのでご安心下さい。

グレーヴェの生産者ではありますが、2006年に購入したラッダやガイオーレにも畑を持ち、地区は異なれどよい畑があれば‥な姿勢のようで、実はこのスンタンダードなキャンティ・クラッシコにはグレーヴェ、パンツァーノ、ラッダ、ガイオーレの各地区のサンジョヴェーゼが混醸されており、現在は単一品種ですが、複雑さに寄与しています。

クエルチャベッラでは1999年まではCCRを醸していたのですが、2000年からはCCのみに‥そして2011年からまたCCRが復活しました。しかし、現在のCCRは1999年までリリースされていたそれとはコンセプトが違い、それまではグレーヴェ・イン・キャンティ地区のルッフォリに所有する畑からのサンジョヴェーゼのみが使用されていたはずですが、2011年移行はラッダやガイオーレの所有する畑からのブドウも混醸しているようです。グレーヴェの畑は、海抜は350mから550m、海抜350mのグレーヴェの畑は泥質堆積物が崩れてできた砂岩と、粘土のような泥灰質片岩の土壌が主体。当時のテクニカル情報がありませんですみません。

さて‥今回も画像撮影もありますのでラップ巻き直し、全品検品を経て販売となりますが、いつもなら各ビンテージの状態を書き添えるのですが、【ほぼ一緒】となっております。元々は蔵出し古酒として仕入れたものをそのまんまラップして保管しておりましたので、表、裏ラベル共にとてもキレイな状態です。見逃してたらゴメンレベル。リゼルヴァらしいゴールドのキャップシール、その裾に横巻きのDOCGのピンクの帯封、さらにその上に巻かれる、ガッロネロのシールも含めて、リリース時とほぼ変わらない状態となっております。キャップシールこそくるくるとは回しませんが、液面もほぼほぼ揃って高い位置をキープしており、液漏れはありません。液色はまだ深さのある赤で、もちろん、クリアですね。瓶底の凹み外周にいはやや細かめの澱がほぼないボトルもありますし、極少量のボトルも混在しますが、いずれにせよ澱は少ないですね。また、一部オーラになる澱もありますが、基本沈む澱でなんら問題ございません。ちなみにアルコール度数は1999年と1998年が13,5度、1997年のみ12,5度の表記となります。

前述の通り、この時代のCCRと、復活後のCCRとでは思想も違いますが、公式サイトでは2016年が掲載されていますね。そろそろ2017年のタイミングでしょうか。となると、1997年との差は約20年ということになります。7年ほど前に蔵出し古酒として仕入れたワインをさらに熟成させていた私物古酒となります。状態はまったく心配ありません。グレーヴェの地のサンジョヴェーゼのみで醸されていた時代のクエルチャベッラのキャンティ・クラッシコ・リゼルヴァとなります。ぜひ。

なお、各ビンテージ合計6本の販売、それぞれ昼の部と夜の部の二回に分けて3本ずつ販売いたします。お好きなビンテージをお買い求め頂いて結構ですし、複数ビンテージをご購入可能ですが、同じビンテージはお一人様1本でお願いしますね。なんやかんやとこの手のワインの販売にはローカルルールがありますが、みなさんにお楽しみ頂いたいと思いますのでご協力よろしくお願いします。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る