Muller Thurgau 2018 Abbazia di Novacella

イタリアの白ワイン

更新履歴 2020/10/28
販売価格

2,680円(税込)

在庫数 残り僅か 15本です
購入数

ミュラー・トゥルガウ 2018 アッバツィア・ディ・ノヴァチェッラ
《イタリア/アルト・アディジェ/白/ミュラー・トゥルガウ/辛口》

ボルツァーノの市街から北北東へ35km、ヴァルナに位置するアッバツィア・ディ・ノヴァチェッラ。1142年よりブドウ栽培を行っている由緒正しき修道院が起源となります。ノヴァチェッラはラテン語の「Nova=新しい」「Cella =住まい」に由来し、古くはローマやヴェネツィアに向かう巡礼者の休憩所として利用され(ドラクエか!)、この修道院で造られるワインは巡礼者の癒しだったとか。

白ワインに使用されるブドウは、修道院のあるヴァルナや近郊のブレッサーノ地区の畑が主で600mから900mという高い標高にあります。一万年前は氷河が広がっていた土地であり、浸食により砂や石英などが入り交じる複雑な土壌を持ちます。現在所有する畑は約75ha。エノロゴにはチェレスティスティーノ・ルチーンが常駐しています。

樹齢は古いものでも20年であるのは、冷涼な土地では樹齢が高過ぎると北風により樹が枯れてしまうために定期的な植え替えを行う必要があるからだそうです。標高や斜面の向きの違いにより小区画でのミクロクリマの違いに合わせて適した品種を栽培しています。

例えば、ミュラートゥルガウは酸味が非常に重要なために冷涼な海抜750mから900mの高地で栽培され、晩熟なリースリングは700mまでの石の多い土壌で栽培することで夜間も石に蓄積された熱がブドウの成熟を促します。白ワインのほとんどは品種特性を表現するためにステンレスタンクでの熟成が施されますが、一部は大樽も使用されます(2009年からバリックの使用を止めたそうです)。品種やクラスに応じて細やかな醸造を行っているそうです。スタンダードなクラッシックラインと、上級ラインのプラエポジタスの二種類のシリーズを展開しており、それぞれに白、赤と多品種または混醸のワインを多種醸造しています。

独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味

この地方(南チロル)のワインらしいスラりとしたロングボトル。ラベルもいい雰囲気ですね。修道院であろう建物の背後には山頂に雪。ちなみにアルト・アディジェ・ヴァッレ・イサルコDOCとなります。コルクはディアムではないがブショネ知らずの(たぶん)圧縮コルク、冷蔵庫キンキン温度、グラスはヴィノムのキャンティ・クラッシコ型、ちなみに表記のアルコール度数は12,5度となります。

シルバーがかった薄めの緑茶。和梨、洋梨ハイブリッドな白い果肉果汁の香りに、緑のメロン果汁、微かに爽やかなミントと柑橘果汁。口に含みますと瑞々しいさがありますが、程よい厚みのあるミネラル、12,5度というアルコールが非常にスムーズなんですね。新鮮さ繊細な酸味があり、終盤に向けて苦味もある。でも、どれもがいい意味で寸止めのバランスで主張し過ぎないという食中酒にピッタシのスタイル。ぜんぜん弱いとは感じさせないですね。ワイン単体だと繊細さを感じるし、食事と合わせるといい意味で目立たないという最強のアッビナメントを魅せるのではないでしょうか。

では、質(も価格も)低いアドリア海方面の●レッビアーノ(おい)なんかと比べたら、まあ、なんて上質なんでしょうね。もちろん、価格だって質(も価格も)低いアドリア海方面の●レッビアーノ(おい)よりは高額ですが、あんな価格だって質(も価格も)低いアドリア海方面の●レッビアーノ(おい)を飲んで肝臓を満たしたいか?50歳なったオッサンには考えられませんよ。ナイナイ。飲みやすいですね。いい意味でフレーヴァーウォーター的に飲みやすい。

フラワリーさ控えめなのもいいですね。ついついこの時期になると鍋やおでんなど出汁系に合うワインや、鍋でも「ちり」ね、ポン酢系には‥とか、クリママスのチキンには、そしてお正月の「おせち」には、と思うと、実は日本酒的な白ワインを欲している、探してたりもするのですが、これはいいですね。吟醸酒でも純米酒でもなく、いい感じの特別本醸造あたりを冷やで飲む感じ。黄色い花の要素はあるんですけどね、トラミネール系ほど派手ではないし、食中酒にはとてもいい。まあ、日本酒の方が度数は高くはなるんですけどね、一時期、(度数的に)ライトな日本酒の提案も大手酒蔵からありましたが、あまりにも女性向きにし過ぎなんですよね。もっと食中酒としての日本酒的にすればよかったのに‥脱線しました。このミュラー・トゥルガウの褒め言葉として「当たり障りのない程よさ」が非常に心地がいいですね。ああ、ヤバい、スイスイ飲めちゃいますね。

二日目も冷蔵庫キンキン温度、グラスはヴィノムのキャンティ型です。フラワリーさもほどほどに、少し丸い柑橘の風味も前になってきたかな。白い果肉やメロン果汁は変わらず。この品種にとってこのアルコール度数がとても似合ってますね。だからってミネラル勝ちしているわけではなく、十分に果実の香味もある。まろやかさもあるけど、サッパリと、シャッキリとした部分もある。結構な八方美人で、それは食中酒として最適ということ。関東の出汁がダメという意味ではないが、やっぱり関西の昆布とカツオ、決して醤油に辛さを感じないエレガントな旨味ある出汁がいいですね。そこに具材の旨味が加わる複雑さと合います、合います。おでん、いいよねえ。最後にユズでもいいし、すだちなどの緑のピールでもいいから、添えてあげるとなおさら白ワインでおでんが成立するよ。

いい意味で薄旨いんですよね。こんなん二時間ドラマ終わるまで飲んでしまいそう。こういうワインってほんとイタリアらしい。水っぽいという意味ではなく、もうね、日常にワインのある生活にぴったりのワイン。終盤にほんのりと苦味があるのもいいですね。

三日目も冷蔵庫キンキン温度、グラスは諸事情あり(割ってないぞ)、ヴィノムのブルネッロ型にサイズアップしてみました。クリアな酒質、度数の低さも変わらず、大振りのグラスでもぜんぜん構成崩れません。ほんとにスイスイと飲める、山のワインですが、魚介類ともぜんぜん大丈夫ですね。非常に使い勝手がいいタイプですよ。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る