Etna Rosso 2017 Tornatore

シチリア州の赤

要チェック!Sale!Saldi!開催中!

更新履歴 2020/10/10
販売価格

2,180円(税込)

在庫数 残り僅か 6本です
購入数

2020年10月15日(木曜日)9時更新:初回入荷分60本が残りわずかとなりましたので12本追加しました。
2020年10月18日(木曜日)14時更新:12本追加しました。

希望小売価格 3,190円税込→ 通常特価 2,680円税込→ 特別価格 2,180円税込

エトナ・ロッソ 2017 トルナトーレ
《イタリア/シチリア/赤/ネレッロマスカレーゼ97%、ネレッロカプッチョ3%/ミディアム》

実は近年エトナに進出した生産者ではなく実は老舗であるのはこのトルナトーレのポイントかもしれません。1865年からブドウ栽培を生業にしてきた家族ですが、1910年にエトナの標高1000m、北側の斜面に2haの畑を購入したのを機にエトナに進出したそうです。同時期にオリーブオイルの工場も建設し生産を始めたようです。現在はカスティリオーネ・ディ・シチリア地区に60haの畑を所有し、うち46haでブドウを、8haでオリーブを栽培しているそうです。海抜550mから700m、樹齢3年から40年(白ブドウの平均樹齢は10年)の畑を中心に所有し、赤はネレッロマスカレーゼとネレッロカプッチョを、白はカッリカンテとカタッラットを栽培しています。リリースしている赤ワインはこのスタンダードなエトナ・ロッソに二種のクリュ、リゼルヴァを一種の合計四種類。白はスタンダードなエトナ・ビアンコとクリュを一種類。他にエトナ・ロゼとネレッロ・マスカレーゼからなるメトード・クラッシコを一種類醸しています。

このスタンダードなエトナ・ロッソもエトナ山北側斜面の畑から。通常10月の第二週から第三週にかけての収穫。選果、除梗を経て、なるべく潰すことなくセメントタンクへ。22度から25度に温度管理されたタンクで10日から12日の発酵と数日の醸しが行われます。この段階で自重を利用して圧搾しモストを得ます。6ヶ月から12ヶ月大樽で熟成後瓶詰めされます。この2017年はワイン・アドヴォケイト誌91点、ヴィノス91点、ガンベロロッソはトレ・ビッキエリを獲得しています。

独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味

なで肩のブルゴーニュ型瓶。そのラベルデザイン、キャップシールのデザインを思うと確実にDRCを意識しているのだろうと思う。まあ、そこにエトナのワインがモロモロをブルゴーニュ的と比喩される部分を感じる。ラベルは白地というよりも少しパール調で実は高級なラベルなんですよね。バックラベルも同じ。まあ、そもそもDRCもめった経験していないのでよくご存知の方からすればにても似つかないのかもしれませんが。コルクはディアム社製の4,5cmで安心。グラスは迷いました。スタンダードなエトナ・ロッソ、いわばACブルゴーニュと考えていいやら悪いやら(どっちだよ)。基本エトナ・ロッソはブルゴーニュ型で飲んでますが、今回はザルトのボルドー型です。ザルトの場合、このボルドー型の口径と、リーデル・ヴィノムのブルゴーニュ型の口径は同じ。もちろんシェイプは違いますが、個人的にはザルトのボルドー型は、ヴィノムのブルゴーニュ型の代わりになるかもしれないと考えています。ちなみに表記のアルコール度数は14度となります。

色調はまさにネレッロマスカレーゼだし、エトナだし、ピノ・ノワールっぽいと言われれば文句はない。香りもイチゴが中心で非常にピュアな果実香。そう樽を感じさせるものではありませんね。口に含みますと、キレイなミディアムボディでこれまた汚れのない果実味。ネレッロ・マスカレーゼ、エトナ・ロッソらしいチャーミングに渋味が溶け込んだ果実味と、それを伸ばしてくれる酸味があり、赤い果実のフルーツもとても心地がいいですね。14度も感じさせない飲み口でとてもスムーズで飲みやすい。スタンダードなエトナ・ロッソに求められる要素ですよね。

グラスからの香りには高音の甘味ある香りもあるし、どこかネッビオーロにも似た「枯れ」が溶け込んだ甘味ある果実味もこのワインの個性かもしれません。そもそもピノ・ノワールとネッビオーロの起源が同じとか、同じじゃないとか(どっちだよ)という話もあるので、似てる部分はあるんですよね。中盤から、エトナらしい黒いミネラルに少しスモーキーさ、ちょっと硝煙反応っぽさを感じる香りもあり土壌を感じさせます。そのスモーキーさがまた複雑さでもありますね。

うん、エトナ・ロッソらしい飲みやすいミディアムなのは好感。どこかエトナはお高いイメージもあるが、このお値段なら、CCあたりの市場を奪ってりまうような競争力すらある。

二杯目になると密度感が増してきます。それでもミディアムの領域を出るわけではありません。そのスモーキーさに苦味を連想し、複雑さもありますね。余韻はそこそこ。これも飲み飽きない要素のひとつでもあるけれども。強くもないし、濃さ推しでもないけれども、これぐらいが十分と思わせるヌケがないのもいい。ほんと飲みやすい。食事とも合わせやすいですね。

甘味やボリュームも一杯目よりも出てきましたね。これは二日目にも期待したいところですが、初日から十分に飲めるエトナ・ロッソであるのは間違いありません。

二日目もザルトのボルドー型。エトナらしい鉱物的ミネラルにイチゴと、塩味。イチゴ系の要素は30%はワイルドさがあり濡れたスパイスも程よい。飲み口は初日よりも明らかにまろやかで、明らかにボディ感は増してきましたね。そして、終盤に少しの苦味を感じなめらかな余韻に続きます。ああ、二日目めっちゃ旨い。とはいえ、初日同様にあくまでもミディアムで強すぎない。二日目はなめらかさが加わるスムーズさがあり飲み疲れないのもいいですね。ネレッロマスカレーゼらしさも存分、美味しいです。

三日目もザルトのボルドー型。果実味がミネラルに溶け込んできた感じ。甘味はやや控えめになり、渋味もしっかり、でも、まとまりと、まろやかさはありますね。エトナ・ロッソ、ネレッロマスカレーゼの特性に忠実ですね。あれやこれやと作為的な部分のないストレート感もいいですね。エトナ・ロッソはスタンダードなものでもそこそこします。通常特価で3,000円程度で販売している銘柄が多い中、こちらはもう少しお安め。しかも今回の特価はデイリーで使える嬉しい価格ですね。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る