Barbaresco Riserva Rabaja 2011 Giuseppe Cortese【予備品】

ピエモンテ州の赤 > Barbaresco

要チェック!Sale!Saldi!開催中!

更新履歴 2020/08/04
販売価格

9,800円(税込)

在庫数 SOLD OUT

希望小売価格 15,400円税込→ 通常特価 12,800円税込→ 終売特価 9,800円税込

バルバレスコ・リゼルヴァ・ラバヤ 2011 ジュゼッペ・コルテーゼ
《イタリア/ピエモンテ/赤/ネッビオーロ/フルボディ》

ピエモンテ州はバルバレスコ地区に約8haのブドウ畑を所有する小さな造り手がこのジュゼッペ・コルテーゼ。1971年の創業で、現在は三世代目となるジュゼッペの子供であるピエル・カルロとティツィアナが中心となり、義理の息子であるガブリエーレも加わった家族経営の生産者となります。

所有するブドウ畑は合計8haと小さな規模。バルバレスコになるネッビオーロのほとんどはラバヤの区画にあり、シャルドネやドルチェット、バルベーラはトリフォレラの丘に畑を持ちます。姓はコルテーゼですが、コルテーゼ種は作っいません。

他のピエモンテの生産者同様にドルチェットやバルベーラも醸しますし、ネッビオーロは、ランゲ・ネッビオーロとバルバレスコ。バルバレスコは村名と、ラバヤのクリュを基本とし、良年のみラバヤ・リゼルヴァが詰められます。コルテーゼが所有するラバヤのクリュは海抜235mから315mの丘にあり、畑は約4haで平均樹齢50年とのこと。

リゼルヴァは良年のみの生産。ジュゼッペ・コルテーゼが所有するラバヤのクリュの中でも平均樹齢が70年となる古樹からのネッビオーロのみで醸造されます。これまでに生産されたのは、1996年、1999年、2001年、2004年、2006年、2008年、2011年。この2011年でも最新ビンテージになるんですね。収穫されたネッビオーロは、ステンレスタンクとセメントタンクの併用で35日の長期の醸しとアルコール発酵が施されます。熟成は17hlから25hlのスラヴォニア産の大樽(新樽、8年、9年落ちのもの)で40ヶ月の樽熟成後瓶詰め。最低36ヶ月の瓶熟成を経てリリースされます。

独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味

このリゼルヴァは上3/5が白地、下2/5が黒地のツートンなのが印象的。書体のセンスの良いラベルデザインですね。コルクはなかなかの質の5cm。表記のアルコール度数が14,5度となりますので、グラスはヴィノムXLのピノ型にします。暗さと黒さもありますが、ネッビオーロらしい赤色で向こうが見透せますね。香りもよく開いていて、香りからもまとまりを感じるタイミング、リゼルヴァならではですね。少し和な茶葉、ある意味、畳の香りにも似てますね。派手さは皆無の樽のおだやかな効き具合、果実香もしっかりありますし、閉塞感がないし、バシバシとした若さがあるわけでもないとても良い開き具合です。

口に含みますと、含み香にもイグサや茶葉的な風味が果実香とともにあり、赤いチェリーやベリー系の香りがしっかりしてますね。グラスからの香りよりは、飲み口はまだ若々しく元気、2011年はまだまだだぞーという感じながら、ここは一杯目の一口目、これから時間経過を思うとたのしみですね。

さすがにスタンダードかつ2016年のラバヤよりも格上と感じます。余韻も長いし、さらに力強い。もちろん同じ生産者の作品ですから共通項も多々感じます。二口目からまとまりを感じますね。もちろん、まだまだネッビオーロとしては元気ですが。もっと湧き上がるであろう旨味の片鱗、それにしても余韻は長い。

二日目もヴィノムXLのピノ型です。濃密な香りが全開ですね。やっぱりこのクラスになると、それなりのグラスも必要になります。茶葉やイグサの香りに甘味。それを上回る果実香もありますが、そのつなぎ目にミネラル。うーん、口に含みますと、重厚でまろやか。でも重すぎないんだなあ。ギュっと果実味に密度があり、スキがない。一体感は長い余韻まで続きます。ああ、やっぱりこの年代だと二日はかかるわなあ‥にしても、これは文句なしにおいしい。

うーんうまい。濃密な果実味があるんだけども、その茶葉やイグサの風味が緑の清々しさをもたらすので、ほんと飲みやすい濃さになるんですよね。濡れた酸味もキュンキュンしてないんだけれども、しっかりと濃厚な果実味を引き締めてくれる。渋味もとても質が高いですね。初日よりも断然、二日目にこのワインの良さが出てきました。

三日目もヴィノムXLのピノ型です。四日目めで引っ張る予定です。二日目にも増して香りの開き方がエグいですね。しかし、グラスに鼻を近づけても濃厚‥という香りではないんですよ。純度の高い果実香を中心とした、複雑な香りはあくまでも上品に開いています。口に含みますと‥とても質の高い渋味があり、非常にスタイリッシュなんですね。この三日目はアルコール感もまとまってきましたね。14,5度はすっかり馴染みました。バランスもいいしねーこれはうまいわ。

四日目もヴィノムXLのピノ型です。四日目まで引っ張ろうという気にさせるワインなわけで‥。いやあ四日目も開きまくってますね。華やかな開き、飲み口は輪郭からしっとりしてきました。まるで鼻セレブ的だなあ。三日目よりさらに奥へ、深みへ‥。ほろほろっと茶葉の苦味と渋味、フルーツも余韻に向けて整列している感覚。いいですね。できれば、二日目、三日目あたりはぜひ飲んで欲しいですが、すでにおいしいのは、しっかりと蔵元で熟成させてからリリースされるリゼルヴァならではではないでしょうか。終売セールとはいえ、万斬りが精一杯ですがこれは非常にコスパが高いと言わざるを得ません。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る