Lepus Pinot Bianco 2018 Franz Haas

イタリアの白ワイン

要チェック!Sale!Saldi!開催中!

更新履歴 2020/05/27
販売価格

3,000円(税込)

在庫数 残り僅か 26本です
購入数

希望小売価格 4,180円税込→ 通常特価 3,480円税込→ 特別価格 3,000円税込

レプス・ピノ・ビアンコ 2018 フランツ・ハース
《イタリア/アルト・アディジェ/白/ピノ・ビアンコ/辛口》

アルト・アディジェ地方におけるワイン生産と言えば、比較的組合組織からなる生産者の銘柄が多いのですが、このフランツ・ハースは、1880年にモンターニャ・モンタン村で創業したという老舗の自社瓶詰めの生産者。代々その名である「フランツ・ハース」を襲名るという‥まるで歌舞伎な一家で、現在の当主は1986年から‥7代目のフランツ・ハースさんが取り仕切っています。。

アルト・アディジェらしく海抜240mから800mにも及ぶ高地な斜面に約30haのブドウ園を所有しており、その土壌は大きく二種類の異なる地質が複雑に入り組んだドロミテ峡谷独特の地質だそうです。少しずつ自社畑を増やしいますが、賃借の畑もあり、現在は合計50haのブドウ畑となりました。

アルト・アディジェの土壌は複雑。斑岩や石灰岩が複雑に入り組む粘土質土壌がゆえに様々な品種の栽培を可能にもしてきた背景があるそうです。アディジェ川の西側にあるコルタッチャ村近郊では、カベルネやメルロを。モンターニャ村や、エーニャ村のある東側はピノ・ネロの栽培に適しているそう。トラメーノ村を中心としたトラミネール・アロマティコはその名前の由来にもなっています。

所有(+契約)するブドウ畑はそんなアテジーナ低地のモンターニャ村とエニャ村のチソン山の斜面に点在しているようで、近年新しく購入した畑は800mを超える高地にあり独特のミクロクリマを持ちます。1982年から1986年にかけて仕立てをグイヨーに変更するのとともに、株密度をhaあたり6,500本から12,500本にまで高めたことはフランツ・ハースの品質の高さに繋がりますね。

他のアルト・アディジェの生産者同様に、赤であれば土着品種のラグレインのみならず国際品種であるカベルネやメルロ、そして絶品のピノネロを‥。白は、トラミネールや、ミュラートゥルガウ、リースリングなど、やはりドイツ圏の影響を色濃く受ける品種や、シャルドネなどを栽培しています。ボルツァーノは盆地‥昼と夜の寒暖差は大きく、しかも標高の差が激しいのでアルト・アディジェは栽培されている品種も多様になるんですね。

2013年が初ビンテージのレプスはラテン語で野うさぎを意味するそうです。リカルド・シュヴァイツァー氏デザインのラベルが愛らしいですね。フランツ・ハースでは標高400mから800mの三ヶ所の畑でピノ・ビアンコを栽培していますが、このレプスに使用されるのは600mから800mの標高の高い区画のもので平均樹齢は20年から25年となります。

収穫されたブドウの70%は温度管理されたステンレスタンクでの発酵、残りの30%はバリックで発酵が行われます。アルコール発酵が施されたワインの一部はマロラクティック発酵も行われ、熟成もステンレスタンクとバリックが併用され澱とともに約5ヶ月間熟成され、ブレンドして瓶詰めされます。

独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味

フランツ・ハースのラベルはなんだか元気が出ますね。特にこのレプスのラベルは俺に似てカワイイ。レインボーでほんとカラフルですね。2013年は4,5cmのほどほどのコルクだったようですが、この2018年はスクリューキャップに変更されててブショネ知らず(いいぞ)。冷蔵庫キンキン温度、グラスはザルトにユニバーサル、アルコール度数は2013年と同じ13度となります。決して薄めの黄色ではないほどほどほ黄色、やわらな果実はバナナや梨、桃。そこにグレープフルーツのような柑橘が混じる。黄色の花に芳香さを、ミネラル推しではない。

口に含みますと、ピノ・ビアンコらしいやわらかな果実味とそれなりのボリューム感が口の中を満たします。果実の甘味ある旨味がありますが、心地よい酸っぱさ、酸味がうまいこと引き締めるところは引き締めてくれますね。穏やかで、新鮮さはありますが、キュンキュンしているわけではない落ち着きもあります。それもピノ・ビアンコ的かもしれません。この独特の甘味の出し方がフランツ・ハースっぽいですね。旨味もあり余韻も長い。

そのボリューム、ボディ感はやわらかで重厚なミネラル。オイリーなニュアンスもあるんですよね。香味に複雑さがありやわらかで、大きなメリハリのあるワイン。終盤になるとハーブの苦味の風味が余韻に繋がりますね。ワイン単体でも楽しめる味わい深いタイプ(しっかりと味のある、こういう書き方すると違うんだけど味を濃く感じる)。

決してジャスミンっぽい芳香さではないけれども、どこか中華料理が似合いそうですね。ベトナムやタイ料理でもいい。生春巻きにはパクチーなどの香草も、ゴマだれがいいかもしれません。五香粉、八角、シナモン系のスパイスのアクセントの料理ともいいかもしれません。もちろん中華ではなく、イタリア料理でいいですけどね。思い切って夏らしレモンを絞り入れたカルボナーラとかどうでしょう。

二日目も冷蔵庫キンキン、グラスはザルトのユニバーサル型。メリハリのある果実の香味は幾分まとまりを見せますね。初日はやや酸味が低い、いや、膨大な果実の香味に潜めてた感がありましたが、この二日目は心地よい苦味と同調するように、酸味も十分に感じられておいしいですね。ピノ・ビアンコらしいアロマティックさがフランツ・ハースは際立ちます。少し、ソーヴィニョンやフリウラーノにも似た部分を感じる複雑さを持ちます。決してこれからの時期にスッキリ飲ませるタイプではありませんが、この満足感、おいしいです。余韻も長いですねー。ワイン単体でやっぱり満足しちゃいそう。

三日目も冷蔵庫キンキン、グラスはザルトのユニバーサル型。香りはほんとアロマティックな開き、ピノ・ビアンコなんだけど、フリウラーノや、マルヴァジアに似たニュアンスもある。それにしても、爽やかさのある苦味があってとてもいい。初日は果実味が膨大で少し隠れ気味だった酸味も二日目からはイタリアワインらしい役割を果たす。単一品種ピノ・ビアンコを感じさせない、まるで混醸のような複雑さと、アロマティックさが魅力ですね。フランツ・ハース特有の(たぶん)苦味もいいアクセントになって、ワイン単体でも、食中酒としてもイケてる1本。個人的にはパッタイやヤムウンセンなど、エスニックなお料理と合わせてみて欲しいな。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る