Tenuta di Trinoro 2017 Tenuta di Trinoro

トスカーナ州の赤 > Tenuta di Trinoro

アンドレア・フランケッティ

更新履歴 2010/11/27
販売価格

22,800円(税込)

在庫数 SOLD OUT

テヌータ・ディ・トリノーロ 2017 テヌータ・ディ・トリノーロ
《イタリア/トスカーナ/赤/カベルネフラン69%、メルロ23%、カベルネソーヴニョン8%/フルボディ》

トリノーロのアジェンダでは小区画(畝単位)・品種ごとに完熟を見極めての収穫、そしいて発酵や熟成が行われており、最終的にブレンドされるわけですね。その区画や品種、樹齢の都合で最初からトリノーロ向けの区画から醸造される樽ももちろんあるでしょう。

基本的に畑は共通です。サルテアーノ地区でhaあたり10,000本という高い密植で栽培されるブドウは、区画、品種ごとに醸造されブレンドされます。平均樹齢は25年、海抜は450mから600mという斜面に様々な品種、区画で栽培されています。メルロは9月27日、カベルネ・フランは10月3日から10月10日にかけて、カベルネソーヴィニョンは10月13日に収穫されました。

発酵は40hlのステンレスタンクで12日間。新樽のフランス産のバリックでマロラクティック発酵と8ヶ月の樽熟成後、セメントタンクに移されて11ヶ月の熟成を経て2019年の5月に瓶詰めされました。公式サイトによるとこの2017年の生産本数は7,000本、2016年は6,000本。2015年は8,400本でした。日本市場への割当は160本と極少量。2016年はカベルネソーヴニョンやプチヴェルドは混醸されませんでしたが、この2017年はカベルネソーヴニョンが復活しています。

2017年のテヌータ・ディ・トリノーロ情報

冬の少ない降雨量、4月19日の遅霜、夏の尋常ではない干ばつなど2017年は非常に難しい年でした。遅霜の約3日間は平地部の畑内で何ヶ所にも巨大な焚き火を行い、上昇気流によって霜も防止しました(空気の対流があると霜は降りない)。また、夏場は連続して気温が40度に達する日が多く、約二ヶ月間以上、毎晩ミスト状の水を散水してブドウの葉を労わりました。収穫されたブドウは真っ黒で、醸造後のワインも青みがかった黒と非常にコンセントレーション高く、深いワインとなりました。ただ、各品種の本来の香りや味わいが表にでるまで待ったためにアッサンブラージュ時期は例年よりも遅くなろました。ワインはコンセントレーションだけではなく、圧倒的な味わい深さや、肌理の細かさは尋常ではありません。根底にほんのり野生的なニュアンスがありますが、未熟起因の青臭さではなく、このビンテージの個性となります。現時点ではまだ開いていませんので、今飲まれる場合はデカンタージュをおすすめします。

ワイン・アドヴォケイト 95点(M.L.)

This is a beautiful wine with infinite depth. Born in a hot and dry vintage, the 2017 Tenuta di Trinoro (a blend of 69% Cabernet Franc, 23% Merlot and 8% Cabernet Sauvignon) never steps over the line into jammy or overripe territory. In fact, the wine is masterfully restrained and elegantly managed. Andrea Franchetti dealt with a harvest that, as he put it, yielded “tiny berries, all skin and seeds and no juice.” I only feel the heat of the vintage in the tannins, which are a bit dryer and more astringent in this wine. This full-bodied Tuscan red boasts deep layers of black fruit, spice, tar and campfire ash. About 7,000 bottles were made. Give the wine an extra year or two of bottle aging to allow those tannins to soften up just a bit.

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

5%還元-2020年6月まで!

カード決済(クロネコWEBコレクト)なら5%還元!
キャッシュレス
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る