Pinot Bianco Talis 2018 Venica e Venica

イタリアの白ワイン

ヴェニカ・エ・ヴェニカ特集

更新履歴 2019/11/07
販売価格

3,280円(税込)

購入数

希望小売価格 4,290円税込→ 通常特価 3,480円税込→ 特別価格 3,280円税込

ピノ・グリージョ・コッリオ・ジュセラ 2018 ヴェニカ・エ・ヴェニカ
《イタリア/フリウリ/白/ピノ・グリージョ/辛口》

1929年にダニエレ・ヴェニカが古い醸造所を周辺のブドウ畑を購入して始まったヴェニカ・エ・ヴェニカ。現在の当主は四代目のジャンカルロ。イタリアのみならず、コント・ラフォンなどブルゴーニュなどでもワイン造りの経験を持ちます。ジャンカルロの母であるオルネッラがアグリツーリズモも運営、現在所有する畑は26ha。自社畑のみのブドウでワイン造りを行なっており、ドレーニャ・デル・コッリオの区域内に全ての畑が位置していますが、点在しており、厳密には55種類のミクロクリマに分類することができるそうです。

区画毎のミクロクリマと土壌を把握し、栽培する品種や、その仕立てを変え、5回から10回に分けての収穫により発酵用のタンクも比較的小さなものを数多く所有しています。畑ではビオロジックを実践しており、一切の除草剤や、防虫剤、ホルモン剤の不使用はもちろん、銅の使用も最小限に抑えています。下草は伸ばされ、畑の周辺には森があり、リンゴやアプリコットなど様々な植物が植樹されています。

醸造は父であるジャンニの時代から変わらないシンプルなもので、11度で20時間の低温マセラシオンでブドウの個性をモストに移し、ブドウ本来のエキスのみにを抽出することで、その土地で育ったそのブドウの個性を表現しているそうです。収穫したブドウの個性をワインへと醸す上で酸素や、澱との角な接触をさけるために、再利用できる二酸化炭素を先にタンクや、パイプに充填し、酸素を追い出してからモストを入れ、徐々に二酸化炭素のレベルを下げて発酵させるとのこと。基本的にステンレスタンク(一部大樽)で仕上げ、澱との接触期間は5ヶ月から6ヶ月と短い。ロングマセラシオンの造り手とは双璧ともいえ、果皮や澱との長期の接触はモストそのものの個性を隠してしまうとの思想。また、ブドウの状態によって収穫時期や、マセラシオン、熟成容器を変更していますが、新樽は一切使用しないとのこと。また酸素供給の必要性に応じて一部たるを使用しています。

8月30日と31日に手作業で収穫。除梗し、酸素を遮断する特殊なステンレスタンクで12時間、10度から12度の低温で果皮浸透、アルコール発酵終了後、40%は20hlから27hlの大樽(古樽)、残りはステンレスタクで5ヶ月の熟成。最初の2ヶ月は定期的にバトナージュ、3月と5月の満月の日にボトリング。できるだけ短い熟成期間でワインが閉じる前に瓶詰めすることで新鮮さを閉じ込める。

独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味

ヴェニカ・エ・ヴェニカらしいスラリとしたボルドー型瓶。キャップシールやロゴ部分が黄色なので、このピノ・ビアンコは単一品種シリースのひとつになりますね。コルクはディアム社製の5cmで歓喜。冷蔵庫キンキン温度、グラスはヴィノムのキャンティ型となります。キンキン温度で、ピノ・ビアンコだとミネラル香が前面のイメージがありますが、しっかりと果実香が出てますね。和梨強め、洋ナシのヒント、微量のシャインマスカット、揮発しない柑橘、白桃、色味も上から覗くとしっかり黄色味があるんですよね。そしてスワリングに重み書き忘れましたが、表記のアルコール度数は13,5度となります。

口に含みますと、うん、香り同様ピュアな果実味が豊富。冷涼なミネラルがあり、フリウリとしては標高は高めだとしても、アルト・アディジェよりも太陽を感じさせる果実味があります。酸味は穏やかで新鮮さ推しではない。終盤に軽快な苦味がありドライにフィニッシュします。少しメロン果汁的なニュアンスもありますね(シャインマスカットに近い部分かな)。ピノ・ビアンコって日本酒的という認識なんですね。そう、吟醸酒、でも大吟醸ほど華やかではない。精白60%のギリ吟醸酒で、ミネラリーなタイプ。

温度が上がるとさらに味わい深く、旨味もでる。ピノ・ビアンコならアルト・アディジェ産ならもっとお手頃価格で‥となるが、もっとサッパリと飲ませるタイプになるだろう。パッと飲み(パッと見ではない)は、ピノ・ビアンコらしさを感じ、それらとの近似値に近づきそうだけれども、実はやっぱりフリウリ産であることをボディや深さ合計28%増しで実感できると思う。

二日目も冷蔵庫キンキン温度、グラスはヴィノムのキャンティ型。初日よりも香味に開きを感じますね。少し、ミンティな香りがありますが、粉っぽさはありません。その真っ白さから少し黄色のヒントのある柑橘の白いピロピロやピール、果汁の風味。可憐な黄色、白い花、口に含むと、ミネラルの溶け込んだ旨味、でも、旨味推しではない。ほどよいボディ感があり、清潔感はあるが、サッパリではなく、ボディと深みの幅があるのがフリウリ産らしい。ただ、アルト・アディジェ産のさらに冷涼で軽快なサッパリ感を否定するものではないし、そこは使い分けである。温度が落ち着いてからもおいしいですね。パキパキとした酸味ではなく、穏やかな果実味に溶け込む酸味でワイン単体でも結構おいしい。でも、やっぱりイタリアワインらしくなんか食べたいですね。ハモやアナゴ、出汁と柑橘、ああそうか、俺の中では土瓶蒸しを連想してるんだな‥わかる。

三日目も冷蔵庫キンキン温度、グラスはヴィノムのキャンティ型。芳香過ぎることがないのが嬉しいですね。この手のワインであまりにも花の香りが強いと芳香剤的になっちゃいますから。三日目は終盤に旨味をぐいぐい引っ張る酸味もさらにクッキリしてきて、やっぱりどこか出汁が欲しい。潮汁、アサリの酒蒸し(ワイン蒸し)なんかいい。柑橘を一絞りお願いしたいところだが、果皮の緑の柑橘もいいし、イタパセがなければ、ミツバでもいいのではないか。しかもアクアパッツァに。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

5%還元-2020年6月まで!

カード決済(クロネコWEBコレクト)なら5%還元!
キャッシュレス
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る