Lange Nebbiolo 2004 Nicolello

ピエモンテ州の赤

更新履歴 2010/10/13
情報 終売につき在庫処分セール
通常特価 1,480円(税込)
販売価格

1,180円(税込)

在庫数 SOLD OUT

輸入元終売につき在庫処分セールとなります。
ログインしてからお買い求め下さいませ。
お一人様一本限りとさせて頂きます。



ランゲ・ネッビオーロ 2004 ニコレッロ
《イタリア/ピエモンテ/赤/ネッビオーロ/ミディアム》


ニコレッロ‥リーズナブルな価格で蔵出しの古酒をリリースしていることもあり、ニコレッロのラベルを見かけるお客様も少なくないかもしれませんね。1900年の初頭には、ランゲ地区とロエロ地区‥両方の丘陵地に醸造所を構えた、案外歴史もある生産者のようです。

醸造所を構えるまでも、先祖代々ピエモンテ州で葡萄栽培農家であり、現当主であるガゼッタ氏は、その気候・土壌‥そして葡萄を熟知しています。「熟成されてこそ、ネッビオーロは真の実力を発揮する」を信念に、タンニンの強いネッビオーロこそ、大樽でゆっうりと熟成させる伝統的な製法にこだわり、飲み頃までアジェンダで熟成させてからリリースさせる‥という貴重な生産者。だからと言ってボッタクリではなのが嬉しいですね。

そんなニコレッロ社の熟成されたネッビオーロは、バローロやバルバレスコ、ロエロに及びますが、昨年‥日本市場でもリリースされたのが、このランゲ・ネッビオーロなんですね。にも関わらず、昨年の2003年は1580円(税込)‥この超優良年となった2004年に至っては、(為替の影響もあると思いますが)さらにお買い求めやすくなって1480円(税込)なんですね。通常ならば2008年あたりがリリースされていてもおかしくないランゲ・ネッビオーロのクラスですが、2004年!!これは使えるワインですよっ!!

収穫されたネッビオーロはステンレスタンクでの発酵後、大樽で12ヶ月の樽熟成を経て、今一度ステンレスタンクに戻して追熟成が施されます。そして瓶詰めされ




独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味



すらっとしたボルドー型瓶は相変わらず。ラベルの「ニコル」っぽい「ニコレッロ」な感じも相変わらずですね。表記のアルコール度数は12.5度ですが、輸入元の資料では13.3度と記載されています。ピリピリのビルールなキャップシール、コルクは2003年はお尻と頭と中心部の質の異なるサイボーグコルクでしたが、この2004年は並質の通常のコルクになっている模様です。昨年もブルゴーニュ型グラスで飲みましたので今年も…。

2003年はもっとエッジにオレンジ色が見えましたが、この2004年はそうでもない。ネ
ッビオーロらしいレンガ色と小豆な色調…。底まで見透かせる色ですが、2003年より
も色は濃く、スワリングすると液体がドヨンと重さを感じる。ちょ‥ちょっと待てよ‥
1480円だよね‥これ。

果実味主体ながら、軽い絆創膏とシップ薬(ミント系)が混じる熟成した香り。香りからもまとまり感と、まろやかさを感じ‥まさか‥まさかの1480円。堪らず口に含みますと、2003年はやや軽めに感じたのですが‥真っ当なミディアムボディで、角の取れた渋味と、質の高い酸味。なめらかな舌触り。旨味は十分で、嫌味にさせないのは酸味の恩恵。非常にバランスが良い。まったく抜けも隙もない。余韻は軽めながら‥ツーっとそれなりの長さを誇り、エレガント。

紫の花、軽くマラスキーノなチェリー。深みもあるんだなぁ‥ちょっと信じ難い酒質。確かに、前述の余韻共々‥軽く感じる‥軽やかさもあるのですが、全体的なバランスをこう保たれるとまったくネガティブに感じさせない。

二杯目です。そんな絆創膏的な熟成香もあるのですが、まだまだ果実香主体。ワインは二杯目から‥は持論ですが、甘味さえ出て来ましたね。

ちょっと異次元やんっ!!

恐ろしい1480円(税込)っ!!

旨いねぇ。文句ないわ。2003年よりも数段上を感じさせるのは、果実味の密度と酸味の質かもしれませんね。

二日目です。グラスはブルゴーニュ型一択。初日同様‥熟成が始まったネッビオーロの香りで、果実感もある。ホロっとスパイシーな香りも。口に含みますと、酸化したようなニュアンスも皆無で、バランスも保っていますね。いいワインだなぁ。含み香にも、ホロっとしたスパイスを感じ、終盤に向って酸味が旨味に包み込まれてゆく感じ。しかも、優しさがあるんだな‥旨味に。

終盤の終わり‥それこそ余韻は香りは残るが、味わいは比較的あっさりとしています。これが4-5000円のネッビオーロなら、そのあっさり具合に残念‥と思うかもしれませんが、1480円のネッビオーロには、これで十二分だし、あっさりと飲めることに美徳すら覚えるから不思議。とはいえ、2003年はもっとボディは軽かったことを思うと、さすがの2004年‥2003年よりもボディは増し、ミディアムで間違いない。

三日目です。ブルゴーニュ型グラスで。うん‥ふんわりと熟成香だが、果実香も‥は終始なスタイル。三日目だからといって落ちることもないな。舌に触る部分も優しいしね。1480円は‥破格。旨味もしつこくなくしっとりとしています。微かに柑橘の酸、まとまってるねー、いいねー、グラスで使えるねー。

これはコスパ◎!ネッビオーロでこんなコスパはなかなかないぞっ!

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る