Barbaresco Riserva Asili 2004 Bruno Giacosa

ピエモンテ州の赤 > Bruno Giacosa

更新履歴 2009/05/28
情報 送料・クール便利用料無料で配送いたします
販売価格

29,800円(税込)

在庫数 SOLD OUT

バルバレスコ・リゼルヴァ・アジリ 2004 ブルーノ・ジャコーザ
《イタリア/ピエモンテ/赤/ネッビオーロ/フルボディ》


2004年っ!!


2000年〜2009年までを2000年代とすれば‥結果ピエモンテ州(トスカーナ州も‥)における2000年代最高のビンテージとなるのが確実となりました。1990年〜1999年ならば1997年、1980年〜1989年ならば1985年となるでしょうか。そんな2004年に関しては、ユーロが100円安定でもすれば話は別ですが、やっぱり値崩れしない可能性が高いんですね。ですから、やっぱりリリース時に確保できるもんは、確保しておいた方が‥という判断です。


だってシャア専用赤ラベルなリゼルヴァ!!


2004年のスタンダードキュベも欲しいところですが、どうせ‥まだまだ飲めません。セラーの肥やし決定‥この先10年は忘れていただきたい‥そんな逸品であれば、ここはやっぱり‥どうせならリゼルヴァを確保したいところ‥。ブルネッロ・ディ・モンタルチーノも同様ですが、案外、リゼルヴァってしっかりと樽熟成と瓶熟成を経てからのリリースとなりますので、案外‥飲めちゃったりする可能性もありますが‥やっぱり放置推奨‥ならば‥

やっぱりリゼルヴァ♪

やっぱり赤ラベルっ♪


昨今では、そのバローロの方が高い評価を受けている印象もあるかと思いますが、ブルーノ・ジャコーザの本拠地はネイヴェ。そうバルバレスコの銘醸なんですよね。祖父カルロ、父マリオ‥そして現当主であるブルーノと三世代に渡り、その名声を築きあげてきました。

現在、自社で所有する畑は約20ha。実は、過半数は買い葡萄でワインを醸しています。祖父カルロも、父マリオも葡萄の仲買人も仕事だった歴史があるんですね。とはいえ、カルロ氏は、自社での醸造も初めていたんですね。第二次世界大戦の戦中や、戦後は、ボトルワインの市場がなかったために、瓶詰めのみで量り売りをしていた時期もあるそうですが、1961年‥1929年生まれのブルーノ氏の名前を冠した『ブルーノ・ジャコーザ』が誕生しました。うーん、なんて孫思いのじいちゃんだったのでしょう。

今なお、買い葡萄も使用していますが、仲買人の家系な歴史は、どこの畑が優れた葡萄なのか、誰が栽培している葡萄が優れているのか‥熟知しているんですね。そんなブルーノ・ジャコーザのワイン達…実は、ラベルには二種類の表記があるんですね。

Casa Vinicola Bruno Giacosa

 契約農家の畑から購入した葡萄で醸されるワイン。

Az.Ag.Falletto di Bruno Giacosa

 自社で所有する畑から収穫された葡萄で醸されるワイン。


こう書くと、後者の方が‥というイメージありますよね。しかし、そこは長年、買い葡萄での醸造の歴史を持つブルーノ・ジャコーザ‥すべてはネイヴェの醸造所で醸造されますし、買い葡萄と自社葡萄での醸造方法に差はありません。もちろん買いであれ、自社であれ、その違いはクリュなんですよね。

今回、ご紹介のアジリは、自社畑な"Az.Ag.Falletto"となります。

また、ブルーノ・ジャコーザでは、品質的に満たない‥と判断した年には自社瓶詰めをせずに、樽で売ってしまうんですよ。1991年、1992年、1994年などは瓶詰めされませんでした。しかし、特別な優良年の場合は、今回ご紹介のワインのようにリゼルヴァが生産されるんですね。そして、リゼルヴァには、シャア専用な赤いラベルが貼られ‥世界中で争奪戦が繰り広げられるわけです。

ピエモンテにも、いや‥イタリアには数多くの生産者が存在しますが、「偉大」「巨匠」と呼ばれる生産者はほんの一握り。ブルーノ・ジャコーザは、そんな生産者のひとつでもあり、イタリアを代表する生産者なんですね。

現在、ブルーノ・ジャコーザがリゼルヴァを生産しているクリュは四種類。バルバレスコは、このアジリと、サント・ステファノ、ラバヤ。バローロはレ・ロッケ・デル・ファレットとなります。

そんな、アジリの単一畑ですが、バルバレスコ地域のど真ん中。東はラバヤ、南はマルチネンガ、西はファセット‥と著名なクリュに囲まれた単一畑となります。

それにしても評価が高いですね♪

ワイン・アドヴォケイト誌98点、ヴェロネッリ誌97点(G.B)と凄い評価なんですよっ!!イタリアソムリエ協会なデュエミッラヴィーニも最高評価の5グラッポリとなります。ちなみに‥ワイン・スペクテイター誌、タンザー共に96点となります。

まぁどっちにしても凄い評価ですね‥^^;

それでは、ワイン・アドヴォケイト誌173号の評価者アントニオ・ガッローニ氏の評価をご覧下さい。


98 points, Antonio Galloni, The Wine Advocate # 173 Oct 2007

The 2004 Barbaresco Riserva Asili is even more compelling than the Rabaja.
It floats on the palate with an ethereal core of sweet fruit that calls to mind a profound Musigny, but with the unmistakable structure of Nebbiolo.
The perfumed purity of the fruit carries all the way through to the deeply satisfying, resonating finish. Made in a soft, seductive style, this remarkable wine is decidedly more approachable and easy to appreciate today than the Rabaja.
Giacosa fans will have a great time discussing the merits of the Rabaja and the Asili in 2004, but to me they are virtually equally moving; Asili for its feminine gracefulness and Rabaja for its size and power.
The Asili should prove more accessible at an earlier age.
Bruno Giacosa says his 2004 Asili Riserva will turn out to be just like his 2000 Asili Riserva, the wine he still thinks is the best he’s ever made. Anticipated maturity: 2010-2025.


続きまして‥ステファン・タンザー氏の評価をば‥。

96(+?) points, Stephen Tanzer's International Wine Cellar, Nov/Dec 07

Good medium red. Very ripe nose melds fresh red fruits, exotic Indian spices (coriander?), marzipan and deep nutty oak. Sweet, layered and deep, with highly concentrated flavors and powerful underlying structure. A wine of
uncanny sweetness and breadth: this really coats the entire mouth. Finishes with substantial but suave and ripe tannins and outstanding persistence.
This should make a great bottle. It's easy to see why this is Giacosa's only riserva Barbaresco from the '04 vintage. For his part, he describes this one as powerful, while the 2000, which has been a personal favorite of Giacosa's since the start, is more elegant.


さて、では通常のアジリと、このアジリ・リゼルヴァとの違い。実は、発酵はステンレスタンクで約18日〜21日間。熟成は1100Lの大樽で24ヶ月(以上)というスペックに変わりはありませんが‥実は‥収穫される葡萄の段階から通常のアジリと、このアジリ・リゼルヴァには差が設けられ、より熟成向きの葡萄のみで造られるんですね。また、樽熟成期間は、どちらも約24ヶ月(以上)となりますが、瓶熟成期間は、通常のアジリは12ヶ月ですが、アジリ・リゼルヴァは24ヶ月となっています。

まぁいずれにせよ‥2004年のリゼルヴァは‥絶対に外せませんっ!!

もちろん、今‥飲めません!!(たぶん‥俺も飲んでないが‥)

しばらく、いや‥長らくセラーの肥やしにしていただくことになりますが‥

リゼルヴァなレッド・ラベルは‥今の内に確保が正解!!

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る