Chianti Classico 2016 San Giusto a Rentennano

トスカーナ州の赤 > San Giusto a Rentennano

更新履歴 2018/10/11
販売価格

2,880円(税込)

在庫数 残り僅か 9本です
購入数

キャンティ・クラッシコ 2015 サン・ジュスト・ア・レンテンナーノ
《イタリア/トスカーナ/赤/サンジョヴェーゼ95%、カナイオーロ5%/フルボディ》


この2016年は9月22日から10月6日にかけての収穫です。醸しと発酵は13日間5hlの樫樽とフランス産のバリックを併用して10ヶ月の樽熟成後2018年の3月7日から14日にかけて瓶詰めされました。生産本数は47,588本で、2015年の45.300本よりも少しだけ増産になりました。表記のアルコール度数も2015年の14度から2016年は14.5度に上がっています。ちなみに、表記のアルコール度数は2011年は14.5度、2012年は14度、2013年は13.5度、2014年は13.5度、2015年は14度となりますので、2011年以来の14.5度となりますね。1981年が初リリースとなるサン・ジュスト・ア・レンテンナーノの基軸となるサンジョヴェーゼ、キャンティ・クラッシコに今年も仕上がっています。


独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味


お馴染みのラベルデザインですね。バックラベルに記載の情報と、上記公式PDFの情報に若干の差がありますが、もう長年イタ専やってると気になりません。ちなみにラベルに記載の生産本数は47,945本となります。コルクはまあまあの質の4.5cm、グラスはヴィノムのキャンティ型一択です。ちなみに、今年はCCR2015年を先に飲んでいます。

2016年は少し色が濃い、深くみえますね。少しのオシロイをまとったスミレに、ベリー系の甘味のある果実香。決してジャミーではありませんが、CCRほどシリアスではいので近づきやすいですね。白い石灰などを連想させるミネラル香、これが口に含むとタンニンともにドライで、塩味にも通じる。飲み口には、まだ若さがあり、ギュっとした酸味と、まだ多面体のタンニンもありますが、果実味自体にはまろやかさがあるので、エグさはありません。

少し前に2015年を晩酌で飲んだわけですが、やはり色調を始めとして全体的に濃さを感じますね。もちろん、0,5度のアルコールの高さがボリューム増に繋がっているとも言えますし、大きな印象です。まだ、抜栓後すぐの一杯目ですので、なんとも‥な部分もありますが、決して過熟感があるわけでもジャミーさがあるわけでもないが、例年よりも熟度の高さとボリュームを感じています。

酸味に近い部分にプラム、梅ジャム的(ジャミーじゃないけど)。やはり白いミネラルとタンニンがサラサラと乾いていますが、酸味がまとうたっぷりの果実味がしっとりしています。ビンテージによる差はありますが、2016年は縦軸ではない‥まあ、めったと縦軸の差を感じることはこの銘柄にはなけれども、横軸、ビンテージによる個性の違いで、あくまでもサン・ジュスト・ア・レンテンナーノのCCの枠内にある。

二杯目、じっくり時間かけてます。一杯目すぐのスミレを筆頭に、果実の香味が落ち着き、馴染みますね。甘味も、甘旨味に感じられます。応じて酸味もやっぱり馴染み始める。若いうちの一杯目って荒々しいものです‥そこで判断しちゃうともったいない。こうやって、ゆったりと覚醒させてあげるとこんなにも肌触りが良いんだから。

二日目もヴィノムのキャンティ型です。2015年よりも果実の熟度の高さを感じますね。もちろん2015年が未熟だったという意味ではありません。ワインって色んな要素があり、それがどのポジションで感じるか?だから、この数年は前とか後ろとか、そこには色んな要素のレイヤーがあってそれが入れ替わったり、レイヤーの厚みがあったりと‥平面ではないけどね。やっぱり色味も深いし、ボディも例年よりもUPしています。タンニンもしっかり酸味と同調するように前だし、なんだかこの二日目はバロンコーレに近く感じますね。うーん、うまいな。例年よりもフラットで酸が立つが、許容範囲内の年号もないわけではないが(最近はない)、この2016年のように、濃い目のビンテージも久々かもしれない。ただ、あくまでも‥あくまでもCCであるのは間違いない。

三日目もヴィノムのキャンティ型。大方の予想通りのまとまりと落ち着き、じゅんわりと湧き出る酸味に渋み、溢れる果実味がとってもつゆだく。でも、三日目でもまだ旨甘味が主体ではなく、タンニンや、酸味による構成もカチっとしていますね。例年よりも力強さがありますね。レンテンナーノの場合、CCと、レ・バロンコーレは明らかなキャラクターの差がありますが、この2016年は、例年のレ・バロンコーレに近いですね。

グラスの中で一層のまとまりがあり、やっぱり旨甘味が出て来ますね。でも、2016年はしっかりタンニンが特徴的だなあ。骨格に張りがあるので大きく感じるし、実際に例年よりも大きい。もちろんアルコール度数が少し高いのも大きさに寄与しています。やっぱり出来がいいですね。とてもピュアなサンジョヴェーゼです。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る