Vie di Romans Chardonnay 2016 Vie di Romans

イタリアの白ワイン > Vie di Romans

ヴィエ・ディ・ロマンス

チョメチョメ先行案内対象ワイン(Dut'Un)

更新履歴 2018/06/12
販売価格

3,980円(税込)

購入数

ヴィエ・ディ・ロマンス・シャルドネ 2016 ヴィエ・ディ・ロマンス
《イタリア/フリウリ/白/シャルドネ/辛口》

フリウリ州‥スロヴェニアとの国境沿いの街、ゴリツィアの西に位置するマリアーノ・デル・フリウリ地区はイソンツォDOCエリアとなります。祖父の代から100年もの間、ガッロファミリーの手によって守られたその土地は、水はけのよい平らな土地で、海と山の両方から吹く風に恵まれるミクロクリマを持つテロワール。

17歳で家業を継いだ現オーナーのジャンフランコ・ガッロ氏は、同地区のみならずイタリアの生産者が一目置き、イタリア最高の白ワインの生産者として最も尊敬され信頼される‥「北の巨人」と形容される人物です。ジャンフランコが三代目‥次は息子さんが四代目となるそうです。

創立以来「ガッロ」と名乗っていたものの、カリフォルニアの大規模なワイン生産者である「(EJ)ガッロ」との商標権の兼ね合いで1986年に名称の変更を余儀なくされたそうで、現在の「ローマ人の道」という意味のヴィエ・ディ・ロマンスになったそうです。

彼の考えるテロワールとは「人間、土地、気候、ブドウ品種」であり、その中でも最も重要なのは「人間」であるとのこと。また「テロワールに最も適したブドウを栽培すること」「凝縮したブドウを作ること」「完熟期を迎えたブドウを最高のタイミングで収穫すること」な、当たり前のことを当たり前に‥に向かって邁進する生産者。

流行の醸造法や、市場に流されることなく、彼がその地で得た知識、経験を元に毎年生み出されるワイン達。何度かご一緒させて頂きましたが、本当に偉大さを感じる人物ですね。そこには包容力もあるわけですが、自身の目標や探求へのストイックさをヒシヒシと感じます。とても几帳面でブレない‥見習いたいものですね。

2009年からの樽発酵やマロラクティック発酵の廃止、リースリングレナーノ単一のプリン・フリートや、メルロからなるロゼのチャントンスの生産終了もあり、転換期にあると言え、それまでのスタイルとの差異は少なからず感じて当然ですが、思想としては進化をたどっているはずなんですよね。

イソンツォDOCエリアは北緯45度から46度、日本でいうと最北端である稚内あたりとなります。この地区は平地で海抜も30m前後ながら「北」であることや、大陸性気候と地中海性気候の両方を併せ持つこの地区だからこその要因も多数でそのひとつにロシアから吹き付ける冷たく乾いた風"ボーラ"が平地ながら滞留を興さずに冷涼な気候を保っています。

イソンツォ川の南部は粘土質や石灰質が多い土壌で、畑での仕事量は半端ない。グリーンハーヴェストは二度行い、一本の樹から収穫されるブドウは600g、一本のワインを造るに1000gのブドウが必要と言われているので、そのためには二本の樹から収穫したブドウを使うことになりますね。

また徹底的に酸化を防ぐ醸造も彼ならでは。除梗の段階から極力酸化を防ぎ、発酵が始まるまではドライアイスの粒を混ぜることで酸素を寄せ付けません。またタンクには窒素を充填することで酸化を防ぐ徹底ぶる。酸化を防ぎきった果汁は、ブドウの粒の中味と同じ色、香り、味を持つそうです。


 2016年のビンテージ情報

 年明けから平均年よりも暖かくなり、結果的に発芽が少し早まりました。
 春の後半からは雨が降り出し、5月下旬から6月中旬にかけて20日間続けて
 降雨がありました。その後、気候が回復し、日中の気温は30度を越え始め
 収穫期まで安定した気候が続きます。温暖なビンテージとなりましたが、
 昼夜の寒暖差もしっかりあり香りの熟成、タンニンの熟成も良く、完熟し
 たブドウを収穫できました。ワイン全体の出来は素晴らしく、味わいも豊
 かで香りには太陽の温かみがかなり感じられます。オーナーのジャンフラ
 ンコ氏もワインの出来には非常に満足しており、自身が作った年の中でも
 素晴らしい年のひとつと語っています(ほんまかいな)。


 ヴィエ・ディ・ロマンスの熟成樽に関しての追加情報

 西野嘉高もテクニカル情報を書きながら気になっていたのが熟成樽の容量の
 情報なんですね。225Lと228L‥その3Lの違いに何があるのか?輸入元さんか
 ら回答が来ましたので追加情報として記載しておきます。

 樽の製造メーカーによってブルゴーニュタイプである228L容量の樽と、ボル
 ドータイプである225Lの樽のが異なるそうです。元々ヴィエ・ディ・ロマン
 スではブルゴーニュタイプの228Lの樽を使用したいたそうですが、樽メーカ
 ー(ダルジュ、バロン)がブルゴーニュタイプ(228L)の樽の製造を止めて
 しまい、以降はその樽メーカーからボルドータイプ(225L)の樽を購入する
 ことになったので、熟成に使用する樽の容量が複数あるようです。

 なお、現在ヴィエ・ディ・ロマンスのワインの熟成に使用されている樽のメ
 ーカーとタイプは下記の通り。なお、3Lの差はワインに及ぼす影響はないと
 のことです。

 ・タランソ  :ブルゴーニュタイプ
 ・セゲンモロー:ブルゴーニュタイプ
 ・ダルジュ  :ボルドータイプ
 ・バロン   :ボルドータイプ


1990年から始まった単一畑別のワインの中でも、ヴィエ・ディ・ロマンスの名を冠した海抜31mの畑。1986年、2000年、2001年の植樹の樹が栽培されており、平均樹齢は19年となっています。2014年は21年と記載しておりますので、他に若い樹からのブドウが混醸されているのかもしれませんね(植え替え部分と思われます)。比較的浅めの土壌に砂利や小石を含む赤みがかった粘土質の畑こそが、その名もヴィエ・ディ・ロマンスと呼ばれる単一畑となり2014年は8.61ha、2015年から9,95haと記載されていますので、畑が増えた分が若い樹の可能性もあります。この2016年は9月の21日から24日の4日間の収穫。

手詰みでの収穫の後、ステンレスタンクで約8度でのコールドマセラシオンの。16度から19度に温度管理されたステンレスタンクで約22日間のアルコール発酵が施されます。2009年から公式に樽での発酵ではなく、ステンレスタンクでの発酵に切り替わり、マロラクティック発酵も施されておりませんでしたが、2013年から2/3はステンレスタンクで、1/3はバリックでのアルコール発酵となっていましたが、この2016年はアルコール発酵に樽は使われていない模様。

樽熟成は225Lの樽と228Lの樽が半々、新樽比率20%で澱と接触させたまま9ヶ月。樽熟成後澱引きを兼ねてステンレスタンクに戻してから2017年の7月24日から26日に瓶詰め。8ヶ月の瓶熟成期間を経ます。アルコール度数は、2008年は14.6度、2009年は15.15度、2010年は13.77度、2011年は15.10度、2012年は15.24度、2013年は14.42度、2014年は13.25度、2015年は13.7度、この2016年は14.5度となります。


独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味


お馴染みのラベルデザイン。コルクはなかなかの質の5cm。冷蔵庫キンキン温度、グラスはヴィノムのブルゴーニュ型です。色合いは相変わらずですね。樽熟成させたシャルドネですが、それほど濃い色合いではありません。濃くなるのは熟成を経てからになりますね。バックラベルに記載のアルコール度数、正確な度数も14.5度となりますので、2015年よりも0.8度ほど高めとなります。デッシミスの次の毒味となりますが、皮の色の濃いオレンジまたはネーブルのような重みのある柑橘果汁、はちみつと洋梨、パイナップルとバニラアイス。華やかな白桃の香り、とてもまろやかな果実香複雑ですが、奥底のミネラルも感じます。キンキン温度ですが、香り複雑で閉じ感はありません。

口に含みますと甘味があり、口の中を満たす大きな存在。ただし、重過ぎることはない。14.5度とは思えないアルコールのボリュームは上手くコントロールされています。デッシミスのような苦味はありませんが、キレイな酸味がありますね。アルコール発酵時に樽を使ってませんが少し木質なスパイスと樽香も溶け込みます。

少し温度が上がると‥うん、この2016年の特徴なのかも‥。デッシミスほどではありませんが、少しの苦味があり、ボディ感もマシマシ。でも、クリアなんですね、ミネラルもクリアだし果実味も重いからと言って濁ることがない。最後はその苦味とともに辛口にフィニッシュする。

安定してますね。いつもと同じように旨い樽ドネ。デッシミスはビンテージによって色や濃さもマチマチで、それはそれで楽しいのですが、樽ドネは毎年ほんと安定している。キレイなパインですね。まろやかさ、クリーミーさもあるんだけれどもクリアな果実味、心地よく伸びる酸があって素晴らしいバランス。

何のことはないいつも通りのヴィエ・ディ・ロマンスの樽ドネであることに感謝すらする。

二日目も冷蔵庫キンキン温度、グラスはヴィノムのブルゴーニュ型。よく冷えたパイン果汁と、初日よりも皮の色は黄色に近い柑橘、桃の花、はちみつっぽさもヴィエ・ディ・ロマンス。口に含むと、うーん、真っ当なシャルドネ。この数年の中ではあまり樽のニュアンスは強くない。やわらかなミネラル、シュ、キュっとした酸味もダレさせない。旨いねえ。

ワインの肴としてミックスナッツ食べてるんだけど、ナッツ類の香りというよりもオイリーな部分と合いますね。なんだかんだと樽もかかってるのでクルミとか、カシューナッツとかローストのキツくないのがね。エグ味もないのも売れしいし、14.5度も恩恵しかない。

初日よりもあきらかにまとまってるし、ねっとりではないバナナ果汁、アプリコットの雰囲気もありますね。フルボディだし、密度にスキがないんだけれども重苦しさはやっぱりない。ドーンとアルコールに引っ張られることもないしあくまでも、あくまでも果実味が膨大なんだな。

三日目も冷蔵庫キンキン温度、グラスはヴィノムのブルゴーニュ型です。少しミネラルが前かな。甘味控えめで、酸味とちょいと苦味がクックリしてきました。喉を鳴らす旨味、フルボディだけれども、密度感という意味で、決して重い(重苦しい)ワインではない。のも、相変わらず。2016年はやっぱりアルコールは高くなったけど適切だし、樽は控えめ。柑橘もクッキリしてきましたね。ミネラルに瑞々しさも感じます。

ながら‥温度、白は温度変化が如実で楽しいですね。温度が徐々に上がるとムンと深くなってきました。旨味マシマシ。柑橘もトーンが低くなる。徐々にやわらかく解けるように余韻となり、終息する。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る